昔より前歯がでてきた?歯並びが出っ歯などになる原因や治療方法とは

  • 9
  • 11
  • 5
  • 2
  • 2
前歯 でてきた

前歯がでてきた気がする、なんだか出っ歯になった、と前歯のことでお悩みではないですか?大人になってから何かしらの原因で出っ歯になることもあり、放置すると口が閉じられない、食事がしにくいといった症状も現れます。

この記事では、前歯がでてくる原因や治療方法、予防方法などについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

1.最近、前歯がでてきた?その理由とは

1-1.前歯がでてくることはある?

結論からお伝えすると、大人になってから前歯がでてくる、出っ歯になることはあります。歯並びは生まれつきのものだと思っている方も多いようですが、フレアーアウトや病的歯牙移動、上顎前突と呼ばれる現象が起き、前歯がでてきます。

少しずつ症状が進行するため、気が付かないうちに出っ歯が進んでいるケースもあります。

1-2.前歯がでてくる原因

歯の形は生まれつきの骨格だけでなく、後天的な生活習慣が強く影響することが知られています。

前歯がでてくる原因はさまざまですが、例えば「フレアーアウト」と呼ばれるものは、歯周病が進行して歯がぐらついていると起こりやすく、かみ合わせや歯ぎしりといった長年の蓄積によって歯が移動していきます。前歯が少しずつ前方に倒れこみ、出っ歯やすきっ歯となります。

そのほかにも、親知らず、歯が抜けたまま放置している、歯周病、頬杖や舌癖といった普段の癖など、さまざまな要因から歯が動くことがあります。
また、子供の場合は指しゃぶりが原因となるケースもあります。

前歯 でてきた

2.前歯がでてくることで起こる障害

前歯がでてくることで、さまざまな障害が生じます。

・口が閉じにくくなる
・かみ合わせが悪くなる
・咀嚼機能低下
・発音障害
・見た目へのコンプレックス

また、口が閉じられなくなると、口のなかが乾きやすくなります。乾燥すると口臭がきつくなるほか、細菌感染のリスクが高まってしまいます。

虫歯や歯周病、のどの炎症にもつながるので、注意が必要です。そのほか、食べ物がうまく噛めないといった咀嚼障害、発音が悪くなるなど、私生活にも影響を与えます。

前歯 でてきた

3.でてきた前歯の治療方法

3-1.症状や原因に合わせた治療

治療方法は、症状や原因に合わせて行う必要があるため、一人ひとり異なります。主に矯正治療の一環となりますが、歯周病や虫歯で歯を失ったなど、ほかの疾患が関係している場合は、その原因の改善も合わせて行うことが必要になります。

矯正には部分矯正、全体矯正など複数の種類があります。歯列矯正以外に見た目を整える方法として、セラミックなどを歯の上に被せる方法もあります。こちらの方法は短期間で見た目を整えることはできますが、セラミックを被せるために歯を削ることがあったり歯の根元はそのままになるため、出っ歯の根本的な問題は解消できなかったりする場合があります。

どのように治療を進めていくのか、歯科医師としっかりと相談して決めることが大切です。

前歯 でてきた

3-2.自力で戻すことはできないの?

出っ歯の治し方や自力で治す方法について、インターネットで検索している方もいるようです。市販のマウスピースや、割りばしを使った矯正方法があげられていますが、歯医者さんで行う治療ほどの改善は見込めません。

場合によっては、さらに歯並びが崩れてしまう原因になります。すでに前歯がでてきている、出っ歯が気になる場合は、まずはその原因をしっかりと歯医者さんにて調べたうえで治療を行うことが重要になります。

4.治療するメリットはある?

出っ歯を矯正して正常なかみ合わせを目指すことで、複数のメリットが期待できます。かみ合わせが良くなれば歯や歯ぐき、顎にかかる圧力が均等になり、お口周りを健康な状態にキープできるほか、頭痛や肩こりなど、かみ合わせ異常にともなう症状を軽減することにつながります。

先に述べたように出っ歯はドライマウスの原因にもなりますので、歯列矯正によって出っ歯を改善することで口臭や細菌感染を予防することにもつながります。虫歯や歯周病も、細菌が原因で起こる症状のひとつです。

また、前歯がでていることは日本では外見のコンプレックスになりやすく、出っ歯のせいで前向きになれない、という方も少なくありません。歯列矯正は美容診療でもありますので、出っ歯の改善はこうした悩みの解消にも関わっています。

5.前歯がでてこないようにする予防方法は?

5-1.大人の予防方法

前歯がでてこないようにするには、原因の改善が大切です。歯ぎしりや食いしばり、かみ合わせが悪い、虫歯や歯周病などがある場合は歯医者さんでしっかりと治療を受けましょう。

睡眠時に無意識で歯ぎしりや食いしばりをしている場合は、マウスピースで緩和させる方法もあります。

5-2.子供の予防方法

子供も大人と同様で、原因の改善が必要となります。おしゃぶりや指しゃぶり、舌で前歯を押す癖などがある、口呼吸で上顎の成長が遅れるなど、原因に合わせた改善と予防が大切です。

前歯 でてきた

マウスピースの使用や、矯正歯科なども視野にいれ、不安がある場合は歯医者さんへ相談してみてください。

6.まとめ

昔より前歯がでてきた、出っ歯になったと、大人になってから歯並びで悩む方は少なくありません。治療や予防のためには、原因を踏まえて、一人ひとりに合ったプランが必要となります。

見た目のコンプレックスに加え、歯並びが変わることで虫歯や歯周病の原因にもつながるため、早めの対応が大切です。とはいえ、少しずつ歯が動き前歯がでてくるため、気が付かないうちに進行してしまうケースもあります。そのため、歯医者さんの定期検診に訪れ、歯のメンテナンスを行うことをおすすめします。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す