親知らずを移植に使う歯牙移植とは?

55,976 View

「親知らずは不要な歯であるため、抜いてしまって構わない」というのは、多くの人の共通認識でしょう。しかし、そんな親知らずが、失われた歯の代わりとして活躍することもあるのです。

永久歯は、一度抜けてしまうと元に戻ることはありません。虫歯や歯周病によって抜歯せざるを得なくなったり、事故などによる怪我で歯が折れてしまったりと、歯を失う可能性は人生において少なくありません。そんな時に親知らずがあれば、失ってしまった歯の代わりに移植することができる可能性があります。

1.歯牙移植とは

歯牙移植という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「入れ歯」や「インプラント」などと比べるとあまり一般的ではありませんが、この歯牙移植も歯科医院で行える歯の治療方法の1つです。

1-1 再生療法の一つ

事故や虫歯などによって歯を失ってしまった場合、インプラントやブリッジ、入れ歯などを利用して人工的に歯を作ることが一般的です。これに対し、歯牙移植はこのような失われた歯の代わりに、自分の歯をドナー歯として移植することを指す治療方法です。

人工的な歯を使うインプラントやブリッジ、入れ歯とは異なり、自分自身の歯を使って移植する歯牙移植には、根付きさえすれば周囲の歯と同じ働きをしてくれるようになるという大きなメリットがあります。

1-2 親知らずが使える

ドナー歯には親知らずが利用されることが多くなっていますが、骨に埋まっている埋伏歯やかみ合わない第二大臼歯などが使われる場合もあります。しかし、この中で保険が適応されるのは親知らずを移植した場合のみです。

また、ドナー歯には免疫上の問題から、現在では他人の歯は使わず自分の歯だけを使うため、不要な歯が無い場合はそもそも歯牙移植を行うことができません。

1-3 インプラントとは異なる

事故などで失われた歯の治療というと、インプラントを想い浮かべる人も多いでしょう。インプラントというのは、人口の歯と繋がる人口の歯根を歯茎に埋め込む治療方法です。

見た目は美しい歯ができるものの、インプラントには歯根膜が存在していません。歯根膜は、その名の通り歯根の周囲にあり、顎の骨との間のクッションの役割をしています。

歯牙移植では、この歯根膜を残したまま歯を移動させることができるため、治療後は普通の歯と同じ噛み心地で物を食べられるようになります。

2.歯牙移植の利点

 

自分自身の歯を使って行う歯牙移植には、さまざまなメリットがあります。ブリッジやインプラントでは得られない歯牙移植の利点について知っておきましょう。

2-1 優れた噛み心地

歯根膜を失ってしまうインプラントとは異なり、自分の歯を移植して根付かせるため、普通の歯と変わらない優れた噛み心地を実現させることができます。噛み心地は、味を楽しむためにも大切なポイントのひとつです。食べ物のおいしさを最大限に感じるためには、やはり自分の歯で噛むのが一番なのです。

2-2 健康な歯を削る必要がない

抜歯した後の治療方法にブリッジがあります。これは、抜いた歯の両側の歯を削り取って上から人工の歯を被せるという治療方法です。ブリッジは入れ歯よりも自然で、インプラントよりも手軽な治療法とされていますが、健康な歯まで削る必要があるという大きなデメリットがあります。

一方、歯牙移植であれば、不要な歯の移植をするだけですから、他の歯を傷つける恐れはありません。

2-3 保険適応になれば安い

親知らずを利用して歯牙移植を行う場合は、健康保険が適用されるケースがあります。基本的に保険診療外のインプラントなどは、1本数十万円程度かかることも珍しくありませんが、歯牙移植であれば1万円程度で治療が可能です(※保険適応の場合)。

しかし、保険の適応には細かい条件があります。まずは歯科医師に相談してみましょう。歯牙移植を行っている歯科医院は限られているため、経験豊富な医院に通って相談をすることが大切です。

2-4 移植してからの矯正も可能

一度埋めてしまったインプラントは、矯正をしても動くことはありませんし、ブリッジ後に矯正を行う場合では、作り直す必要があります。その点、歯牙移植であれば、後から矯正することも可能です。歯牙移植の魅力は、他の健康な歯と全く同じ状態を作り出せるということにあるのです。

3.歯牙移植の条件

歯牙移植を行うためには、いくつかの条件があります。これらの条件を満たせなければ、歯牙移植を行うことはできません。反対に、条件を満たす親知らずなどの不要な歯がある場合は、将来のためにドナー歯として確保しておくこともできます。

3-1 ドナー歯があること

自分の歯の中に、移植に適したドナー歯がなければ歯牙移植を行うことはできません。親知らずや過剰に生えてしまった歯、生えている位置の悪い転移歯などがドナー歯として使用できます。

3-2 大きさが合っている

抜歯する歯と移植する歯の大きさがあまりに違っていると、うまく移植ができません。奥歯同士などであれば可能であっても、歯の小さい前歯などにはうまく移植ができないということです。

3-3 ドナー歯が健康

移植するドナー歯が、重度の虫歯や歯周病に侵されていては、移植することができません。一方、軽い虫歯程度であれば、移植した後で治療することも可能です。

3-4 年齢が若い

歯牙移植は、移植した後で歯をその場所に根付かせる必要があります。若いうちのほうが根付く可能性が高く、処置が成功しやすい傾向にあります。40代以降になると成功率が下がり、歯牙移植を行うのが難しくなっていきます。

4.親知らずを移植に使うためには?

将来、歯を失うリスクに備えて親知らずをとっておきたい場合は、次の2点に気を付けるようにしてください。歯牙移植は、親知らずがありさえすればよいというわけではないのです。

4-1 残せる親知らずか判断

親知らずのなかには、残せる親知らずと、周囲に悪影響を及ぼす抜いたほうがよい親知らずがあります。まずは、自分の親知らずが残しておけるものかどうか判断しましょう。見分けるポイントとしては、真っ直ぐ生えているかどうかや、痛みなどはないか、他の歯を圧迫していないかといったことがあります。

しかし、上記に当てはまる場合であっても、安易に自己判断するのではなく、一度歯科医師に相談しておくことをおすすめします。

4-2 健康な状態の維持

親知らずをドナー歯として使うためには、虫歯や歯周病にならない努力が必要です。毎日の歯磨き習慣を大切にして、健康を保つようにしましょう。親知らずは口の一番奥にあるため、他の歯にくらべて磨きにくいものです。タフトブラシなどを使って丁寧に磨きましょう。

また、定期的に歯科医院にかかって、歯石除去を行ったり、虫歯ができていないか検診したりすることも大切です。軽度の虫歯であれば、早めに発見して治療することで歯を維持できる可能性があります。

5.まとめ

親知らずを抜かずに残しておくことで、事故や虫歯などによって歯を失ってしまった場合に移植できる場合があります。特に問題を起こしていない親知らずがある時は、無暗に抜かずに取っておくという選択肢もあるのです。

親知らずを使った歯牙移植には、噛み心地が自分の歯に近い、健康な歯を削らなくて良いといったメリットがあります。また、保険診療が適応になれば安価での治療も可能です。
しかし、ドナー歯は健康である必要がありますから、親知らずを抜かずに取っておく場合は、日頃から歯磨きなどのケアを怠らないようにしましょう。

 

不正確な情報を報告