歯のホワイトニングをする男性が増えている理由とは?

4,270 View

女性を中心に注目を集めていた歯のホワイトニングですが、最近では男性でもホワイトニングをする人が増えています。今や、白い歯はモデルや芸能人だけのものではありません。人と接する機会の多い接客業や営業職の男性、また企業経営者も、人からの印象を良くするべくホワイトニングを行っています。

ここでは、男性がホワイトニングをするべき理由やホワイトニングをすることによるメリット、また男性でもホワイトニングをしやすくなった環境についてご紹介します。

1.男性にホワイトニングがウケ始めた理由

1-1 身だしなみに気をつかう男性の増加

加齢や喫煙等の生活習慣で黄ばんでしまった歯の色を諦めず、白い歯を取り戻したいと考える男性は増加傾向にあり、ホワイトニングをする人が増えています。

少し前までは、歯のホワイトニングは女性が行うメイクやネイルと同じようなものと認識されていたためか、抵抗を感じる人が多かったようですが、最近では、男性の中にもスキンケアをしたり爪を綺麗に磨いたり、脱毛を行う人もいます。髪型やファッション同様に、体自体の見た目を、自分を形作る重要な要素として捉え始めているのですね。

1-2 ホワイトニングへの敷居が低く

「メンズホワイトニング」という言葉が行き交うほどに、男性が歯のホワイトニングを行うこと自体、特別視されなくなってきました。そのため、歯医者さんやサロンでホワイトニングをしたいと言って、恥ずかしい思いをすることはありません。

またそれだけ一般化してきたホワイトニングですから、「あの人、歯のホワイトニングをしたな」などという目で周囲から見られることもなく、逆に白い歯によって相手に好印象を与えることができる環境になっています。(ホワイトニングをすることのメリットや印象の変化は、2章と3章でご紹介します)

1-3 コースが充実し通いやすい

歯医者さんで行うホワイトニングはある程度のまとまった費用がかかりますが、ホワイトニング需要の増加により、ニーズに応じて細かく回数を設定できるコースや、1回あたりの費用を5000円未満に抑えられるホワイトニングサロンも増えてきています。保険適用外故に費用面がネックになっていた人には、嬉しい環境といえるでしょう。

最初に店員さんからレクチャーを受けたら、あとは全てを自分で行うホワイトニングサロンなら、試しに1回だけやってみるという選択もできます。髪を染める、ワイシャツの色をいつもとは違う色にしてみる、というくらいの感覚で、一度試してみるのもおすすめです。

1-4 自然な白さを取り戻せる

ホワイトニングサロンなら、あくまで違和感なく、本来の自分の歯の色まで自然に白くしていくことができます。

一方、歯医者さんで行うホワイトニングは、歯を漂白することでもともとの歯の色以上の白さを手に入れることができるので、まずはホワイトニングサロンで自分本来の色を取り戻し、そこからさらに歯医者さんで白さを追求するという方法を選択している人もいます。

2.男性がホワイトニングをするメリット

男性 ホワイトニング

2-1 加齢や生活習慣で黄ばんでいく歯

歯は加齢によってどうしても黄ばんでいってしまいます。これは仕方のないことですが、加齢に加えて日々の生活習慣によっても黄ばみは進行します。

特に男性ならタバコを吸う人や、会議中のコーヒー、仕事上の付き合いで飲む赤ワイン、しっかりご飯を食べたい時のカレーなど、歯の黄ばみにつながる生活がすぐ側にあるでしょう。自分の嗜好や生活習慣を変えることは、なかなか難しいものです。そのような方にとって、手軽にできるようになったホワイトニングは強い味方となってくれるはずです。

2-2 口臭予防につながる

ホワイトニングは、口臭予防にもつながります。口臭の原因はさまざまですが、そのひとつに歯垢や歯石の蓄積、歯周病が挙げられます。歯医者さんではホワイトニングの前段階として、必要に応じて歯のクリーニングが行われるため、その過程で口臭の原因となる歯垢や歯石を除去することができ、結果として歯周病や口臭を予防することができます。

ホワイトニングサロンでも、自分で行うフローの中に電動歯ブラシを使ってしっかり汚れを落とす手順があるため、ホワイトニングを目的としながら、普段磨き残してしまうような場所まで丁寧に歯磨きをするよい機会となるでしょう。

2-3 白い歯は仕事上でも有利

白く綺麗な歯は相手が意識するかどうかに関わらず、自己管理ができていると認識されることにつながり、仕事にもよい影響を及ぼします。

20〜40代の働く男女300名に行った調査の中で、「仕事ができない感じがする・一緒に仕事をしたくないと思うのは?」という問いへの回答第3位に「歯が黄ばんでいる」が挙げられています。これは「身なりがだらしない」「髪の毛にふけがある」に次ぐ結果で、歯が黄ばんでいることで自己管理ができていないと捉えられてしまうようです。

3.ホワイトニングで変わる印象

3-1 白い歯で若々しい印象に

白い歯によって、人に若々しい印象を与えられます。
2-3(白い歯は仕事上でも有利)と同様の調査の中で、歯の黄ばみと顔の印象に関する結果が出ていますが、歯が黄ばんでいる人の印象として、71.3%の人が「老けて見える」と回答しています。それを受けて、歯が白い状態と黄ばんだ状態の同一人物の写真を見比べると、見た目年齢に平均2.7歳の違いが出ることが分かりました。

また人事・採用担当者も、92.9%の人が白い歯の写真の方を採用したいと回答しており、白い歯は就職でも有利になるという結果が出ています。

3-2 ホワイトニングは女性からも好意的

ある調査によると、男性がホワイトニングをすることを好印象と評価する女性は64%、男性の白く輝く歯を好印象とする女性も58%と、ホワイトニングをする行為や白い歯は、女性から好意的に受け止められています。歯を綺麗にしている男性は、身だしなみもきちんとしていそうだと連想されるようです。

一方で、女性からみて、男性の口元で気になる所として、43%の人が歯の色と答えています。これは2位の歯並びをおさえ、気になる点の第一位。「歯の色が汚いと、自分がどう見られるか気を配れない人なのではと感じてしまう」「歯が黄ばんでいると口臭がしそうで距離をとってしまう」という回答もありました。

4.まとめ

今やホワイトニングが身近で手軽にできるようになったからこそ、黄ばんだ歯が目立ってしまい、それによって自己管理能力の低さや身だしなみへの気配りといった所まで連想されてしまう時代となりました。特に男性は、白いワイシャツを着ることも多く、歯とワイシャツの色の差によって、より一層黄ばみが目立って感じられるのかもしれません。

口元は想像以上に見られています。商談等、人前で話すことが多い営業職や、接客業のように至近距離で顔を合わせる仕事をしている人は、特に口元を見られることが多いでしょう。個人差はありますが、数回のホワイトニングで効果は得られます。ぜひ試してみてください。

高橋先生

その他 コラムの歯医者・歯科一覧

      もっとみる
      不正確な情報を報告

      不正確な情報を報告

      メールアドレス:任意
      コメント(オプション):