相場を知りたい!歯のクリーニング料金!その内容は?


歯をきれいに保ちたい人は、歯医者さんで行う歯のクリーニングの料金がとても気になりますよね。またその内容や効果にも興味があるはずです。

歯垢や歯石は自分では取りきれず、虫歯や歯周病の原因になります。それを防ぐためには、歯医者さんでの定期的なクリーニングが欠かせません。この記事では、歯のクリーニング料金の相場と、その内容について詳しく紹介しています。

一口に歯のクリーニングといっても、お口の状態によって内容が違い、料金も変わってきます。意外と安く済む場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.歯医者さんで行う歯のクリーニング料金

歯医者さんでの歯のクリーニングには、大きく分けて「保険内」で行うものと「自費治療」の2種類があります。それぞれの料金の相場は、どのくらいなのでしょうか。

1-1 保険内でのクリーニングなら3.000円程度

保険内でクリーニングをする場合、3割負担の方なら約3,000円程度で済みます。
健康保険は病気を治療する場合にのみ適用されます。そのため保険内のクリーニングでは、歯周病の治療という名目で歯石を取り除きます。

あくまでも治療を目的としているので処置前には検査があり、料金には「検査料」「レントゲン撮影料金」「初診料」なども含まれます。

1-2 自費治療のクリーニングは5,000円〜20,000円程度

自費治療のクリーニングの相場は、5,000円〜20,000円程度と開きがあります。
料金に差があるのは、自費治療の場合、歯医者さんで個々に料金を設定できることや、患者さんの希望や状態により施術内容に差がでてくるためです。

治療目的ではなく、予防や審美目的で受けられるので、「虫歯を予防したい」「歯にもっとツヤを出したい」「着色汚れをきれいにしたい」といった人も受けられます。

2.保険内と自費治療のクリーニング、その違いは?

クリーニングの料金は保険内か自費治療かでかなりの差があります。では、この2つにはどんな違いがあるのでしょう。施術内容や、かかる時間をご紹介します。

2-1 保険内のクリーニングは治療目的で行われる

2-1

出典:http://ha-shiritai.com/

保険内のクリーニングは歯周病治療が目的です。ですから作業は歯周病悪化の原因となる歯石を除去する「歯石取り」がメインです。

まずは歯と歯ぐきの状態をチェックし、虫歯や歯周病の状態を調べます。検査が終わったら、先端が鉤(かぎ)状になった「ハンドスケーラー」や「超音波スケーラー」といった専用器具を使って、こびりついた歯石をこそぎ落とします。

歯石のつきかたがひどい場合は2回〜4回に分けて行うこともありますが、定期的に歯石取りをしていて歯石の量が少ない場合は1回で終わることが多いです。
かかる時間は1回につき30分程度です。

2-2 自費治療のクリーニング「PMTC」とは?

自費治療のクリーニングは、通称PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれています。名前のとおり「プロが専用の道具で行う専門的な歯のお掃除」で、自分では取りきることができない歯垢や軽い着色汚れを徹底的に除去できます。

PMTCの内容は歯医者さんやお口の状況によってまちまちですが、多くの場合、流れは以下のようなものです。所要時間は1時間程度ととらえてください。

◆PMTCの手順

①染め出し、口腔衛生指導

2-2出典:http://www.hikario.jp/

専用の薬液を歯に塗り、歯垢を赤く染め出します。汚れのつき具合が目でしっかり確認できるので問題が分かりやすく、自分に合った歯磨きの仕方も教えてもらえます。

②清掃と研磨

2-2-2
出典:http://www.dental-sozai.com/

歯の状態に合わせた研磨剤や道具(ラバーカップ、ラバーチップ、ポリッシングブラシ、フロスなど)を選び、表面や隙間に残った歯垢をていねいに落とします。軽い着色汚れならこれできれいになります。器具はどれも柔らかい素材で、痛みはほとんどありません。

③フッ素、トリートメント剤の塗布

2-2-5

出典:http://www.namuto.jp/

清掃と研磨が終わったら研磨剤を洗い流し、虫歯予防のためにフッ素を塗布します。
歯医者さんによっては、このあとさらに歯にツヤを出すためのトリートメント剤を塗布する場合もあります。

※歯石がついてしまっている場合は、はじめに歯石取りが必要です。

3.クリーニングで得られる4つのメリット

歯をきれいに保つために行うクリーニングですが、実際に行うと、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。歯のクリーニングで得ることができるメリットを4つ、健康な歯を保つこととの関わりという視点からご紹介します。

3-1 歯石を取ることができる

クリーニングで得られる一番大きなメリットは、歯石を除去できることです。

歯石とは、歯垢が集まって石のように固くなったもので、歯にガッチリとくっついているため通常の歯ブラシでは取り去ることができません。

また、歯石の表面はザラザラしていて汚れがたまりやすいため、放置していると細菌の巣窟となり、歯周病や虫歯を悪化させる原因にもなります。

3-2 もともとの歯の美しさを取り戻す

歯のクリーニングでは、コーヒーや茶渋などでついた軽い着色汚れをきれいにすることも可能です。

長年蓄積したヤニやかなり変色した歯の色を元に戻すことは難しいものの、手入れがされた自然な美しさにすることができます。
クリーニングをしたあとの歯の表面はツルツルで、スッキリとした爽快感も味わえます。

3-3 虫歯や歯周病予防に効果的

クリーニングで汚れを落とすと、虫歯や歯周病の原因となる細菌を大幅に減らすことができます。また、PMTCでフッ素を塗布すれば歯の再石灰化が促進され、虫歯予防により効果的です。

さらに、お口の中の汚れを目で見て確認し、自分に合った正しい歯磨きの仕方を教わることで、予防の意識が高まります。

3-4 口臭予防にも役立つ

歯垢(プラーク)は細菌のかたまりで、口臭の原因にもなります。歯と歯の間や、歯石にたまった歯垢を取り除くことで口臭予防にも役立ちます。

4.まとめ

いかがでしたか?歯のクリーニングの料金や内容、その効果についてお分かりいただけたでしょうか。

お口の健康と美しさを維持するためにはセルフケアももちろん大事ですが、定期的に歯医者さんでのプロフェッショナルなクリーニングを受けることも重要です。
この記事を参考に、ぜひ歯医者さんでのクリーニングを試してみてくださいね。

飯田歯科医院