セラミックの歯の値段はいくら?被せ物・詰め物も徹底チェック!

759,936 View

本物の歯のような透明感があり、銀歯よりも耐久性にも優れているセラミック。被せ物だけでなく、詰め物としても活躍しますが、ちょっと費用の負担が大きいのが難点と思われがちです。しかし、セラミックにもいくつかの種類があり、費用や特性が異なります。

比較すると自分の理想に近いセラミックを見つけることができるでしょう。そこで、ここでは代表的なセラミックについて徹底研究!特性や、被せ物・詰め物の費用の目安についてお伝えします。「セラミックにしたいけど」とお悩みの方、必見です!

1.セラミックの歯の値段相場~種類別比較~

1-1 ジルコニア

外側はオールセラミックスクラウン、内側はジルコニアで作られているジルコニアセラミッククラウン。クラウンの中でもっとも美しいといわれており、従来のセラミッククラウンを上回る強度が特徴です。

・メリット
美しさだけでなく、しなやかな素材で人工ダイヤモンド並みの強度があるため、歯を削る面積を最小限に抑えられるメリットがあります。また、従来は強度不足とされていた奥歯のクラウンとしても使用可能です。

・デメリット
その強さゆえに、加工が難しく複雑な形は再現しづらいというデメリットがあります。そのため、ジルコニアのインレー(詰め物)はあまり使われていません。また、ジルコニアの強度は十分ですが、外側のセラミック部分が欠けてしまうケースも聞かれます。

・費用
クラウン:約10~20万円 /1本
インレー:約4~6万円

1-2 メタルセラミック(セラミックボンド)

メタルセラミックとはセラミックの内側に金属を焼き付けたものです。中が金属なので透明度は低くなります。したがって、審美性はセラミッククラウンに劣りますが、通常の生活で目立つといったことはありません。

・メリット
中は金属で補強されているため丈夫で、強度が求められる奥歯などで重宝します。また、ほかのセラミッククラウンと比べ安価なので経済的な負担が少ないのも大きなメリットですね。

・デメリット
銀やニッケルクロムを多く含む金属を使用すると、歯と歯茎の境が黒く変色してしまうケースがあります。
また、長期使用で金属アレルギーを発症する例もあるため、よく検討する必要があるでしょう。

・費用
クラウン:8~15万円
インレー:なし

歯医者

1-3 e.max(二ケイ酸リチウムガラスセラミック)

e.maxとは、二ケイ酸リチウムガラス含有セラミックのことで、2009年に発表された比較的新しい素材です。耐久性がありますが、加工もしやすく自然な美しさがあり定評があります。

・メリット
耐久性がありますが硬すぎない素材であり、自分の歯を傷つける心配はありません。また、疲労に耐える力が強く、スポーツをされている方や力仕事をする方など長期間に亘り過酷な環境に耐える必要がある口の中にも適した素材です。

・デメリット
プラークはつきにくく着色の影響も受けにくいですが、元の歯の色を反映してしまう傾向があります。また、セラミッククラウンのような複雑な着色は難しく、着色しても経年劣化は避けられません。

・費用
クラウン:6万円~10万円/1本
インレー:4万円~5万円/1本

1-4 オールセラミック

透明感のある白は本物の歯のように美しく、審美性を求める方も多く使用しています。セラミックは陶器なので金属アレルギーの方が使うのにも安心です。

・メリット
金属アレルギーの心配もなく、複雑な着色にも応えられます。歯肉との相性もよく、変色の心配もほとんどありません。詰め物でも自然な仕上がりが期待できます。

・デメリット
費用が高額なので、何本も施術する場合にはよく検討する必要があるでしょう。また、陶器であり強度は低いため、奥歯には不向き。前歯でも欠けてしまうこともあるため、歯ぎしりのクセがある方はマウスピースで保護する場合もあります。

・費用
クラウン:8万円~15万円/1本
インレー:3万円~5万円/1本

1-5 セラミックの土台

クラウンを被せる際に、神経のない歯など自分の歯では強度が足りない場合、補強のためコアと呼ばれる土台を使用します。
コアにはいくつかの種類があります。

・ファイバーコア(費用:1万円〜3万円ほど)

保険適用されないため費用は高くつきますが、ファイバーコアは審美性も高く、しなやかな素材です。失った部分が多い歯のコアとしても優れています。

・レジンコア(費用:保険適用時430~470円 、保険外5000円~2万円)

保険治療にも使われるレジンはプラスチック素材です。コアとして使っても保険適用されるため安価で、歯を削る量もそれほど多くありません。金属のピンを使っていますが、メタルコアと比べ歯根を破損する危険も低めです。

・ゴールドコア(費用:1~3万円ほど)

20Kの金合金やプラチナ加金を使用したコアなので、金属アレルギーの心配はありませんが、保険適用もされず高額です。強度もありますが、歯根を破損してしまうケースもみられます。

・メタルコア(費用:保険適用時630~760円)

保険適用のコアなので費用負担は軽く、強度もあります。しかし、強度が強いために歯根を破損してしまう可能性もあります。また、金属なので光が透過せず、クラウンの色に影響してしまいます。

2.セラミックでも保険適用される場合がある

歯医者

2-1 ハイブリットセラミック

セラミックがいいのは分かったけれど、費用が高額なので二の足を踏んでいるという方もいると思います。
しかし、2014年4月よりハイブリットセラミックが一部、保険適用となったのです。

セラミックとレジンを混ぜ合わせたハイブリットセラミックのブロックをCAD/CAMという機械で削り出して作る「cadcam冠(キャドカムかん)」というタイプのものが保険適用されるようになりました。

2-2 ハイブリットセラミックのメリット

保険適用されるハイブリッドセラミックのメリットは、何といっても安価で自分の歯に近い色で作れる点でしょう。プラスチックのレジンより丈夫ですが、固すぎずほかの歯や組織がすり減ったり傷ついたりといったことはありません。

また、汚れがつきにくく、歯磨きなど通常のお手入れで清潔が保てるのも重要なポイントです。

2-3 保険適用には条件がある

設備のある歯医者さんに限定されているだけでなく、いくつかの条件があり、当てはまらない場合は保険適用はされません。
その条件とは、

・被せ物のみで詰め物には適用されない。
・前から4番目と5番目の歯のみ保険適用が適用される。

これに当てはまらない場合は、自費での治療となります。

2-4 ハイブリットセラミックの値段

保険適応での費用:9000円(3割負担)
保険外での費用:4万〜12万

3.オールセラミッククラウンをすすめる理由は4つ

3-1 見た目がいい

きれいな歯は清潔感があり、世界的な美しさの基準となっています。
自分の笑顔に自信が持てるという意見もあり、被せ物をするとしてもより審美性の高いものを選ぶことで、自信を持って日々の生活を楽しく送ることができるでしょう。

3-2 金属アレルギーになりにくい

今は症状がない方でも、金属の詰め物が原因で金属アレルギーになるケースがみられます。金属アレルギーの強い症状がでると日常生活にも支障をきたすため、予防的措置を兼ねてオールセラミックやe.maxなど金属を使わない素材を検討するのもおすすめです。

3-3 歯茎が黒ずまない

差し歯やメタルボンドを使用していると歯と歯茎の境目が黒ずむことがあり、元に戻ることはありません。
黒ずみが気になって、人前で話したり笑ったりすることが苦痛になってしまうなんてこともあるかもしれません。

ジルコニアやセラミック、e.maxは黒ずむことはなく、長期間の使用でも問題ありません。

3-4 丈夫できれいが長持ちする

素材によって多少強度に違いはありますが、汚れがつきにくく、きれいな歯を長い時間保つことができるメリットは見逃せません。
また、e.maxやジルコニアは丈夫な素材なので、破損を心配する方にもおすすめです。

4.まとめ

歯医者

セラミックの種類はいくつかあり、それぞれ特徴も異なります。しかし、共通するのは銀歯や差し歯よりも美しく仕上がるという点でしょう。新しい技術が次々と開発され、一部保険適用される被せ物も出てくるなどこれからの発展も楽しみですね。セラミッククラウンは高価なものが多く、歯医者さんによって取り扱っている素材やメーカーが異なりますので、頼れる歯医者さんでよく相談してから決断しましょう。

・セラミックの歯の値段相場と種類別比較
Lジルコニアの費用クラウン:約10~20万円 /1本インレー:約4~6万円
Lメタルセラミック(セラミックボンド)の費用クラウン:8~15万円/インレー:なし
Le.max(二ケイ酸リチウムガラスセラミック)の費用クラウン:6万円~10万円/1本/インレー:4万円~5万円/1本
Lオールセラミックの費用クラウン:8万円~15万円/1本/インレー:3万円~5万円/1本

・セラミックでも保険適用される場合がある
Lハイブリットセラミックの「cadcam冠(キャドカムかん)」というタイプのものが保険適用
L ハイブリットセラミックのメリットは安価で自分の歯に近い色で作れること
L被せ物のみで詰め物には適用されないことや前から4番目と5番目の歯のみ保険適用が適用されるなど保険適用には条件がある
Lハイブリットセラミックの値段は保険適応での費用:9000円(3割負担)、保険外での費用:4万〜12万

・オールセラミッククラウンをすすめる理由は4つ
L①見た目がいい
L②金属アレルギーになりにくい
L③歯茎が黒ずまない
L④丈夫できれいが長持ちする

今回、「銀歯や差し歯の見た目が気になる」、「詳しい費用や特徴を知りたいな」と検討している方には、全国の歯医者・歯科・クリニックが予約・検索・口コミが見られるサイト「EPARK歯科」をご紹介致します。いくつかのセラミックの種類を比較して自分の理想に近いセラミックを見つけることをおすすめします。自費治療は医院によって扱っている種類や料金、方法が異なります。もちろん効果もそれぞれになるので、よくリサーチをしてから決めましょう。

 

歯医者・歯科医院の予約・検索・口コミサイト | EPARK歯科(イーパーク歯科)

今日予約できる!美容診療がある歯医者さんの一覧はこちら

後楽園デンタルオフィス監修医小川隆介 先生

東京都文京区後楽2-19-16 ベルコリンヌ岡島1F

■自院についてご紹介

私は文京区で育ったので「地域の医療に貢献したい」という気持ちがずっとありました。2006年からここで勤務し、2011年の4月に院長になりました。魅力溢れる若きスタッフと密な関係を築き、地域に密着した医療に取り組んでいます。この地域は非常にドクターが多いという特徴があります。それを上手に生かした歯科医師たちが話し合い、最善の治療計画を立てて患者様に提供できることが我々の幸せです。

先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告