緊急事態!歯が折れた時の応急処置と歯医者さんでできる治療法

67,687 View

スポーツの試合中に激しく相手とぶつかったり、転倒により地面や壁に強く激突したりで、歯が折れたり欠けたりすることはよくあります。生え変わり前の子どもの乳歯ならともかく、一生つきあうものと覚悟してきた大人の永久歯が折れてしまったら、動転して何をすべきか混乱する人も多いはず。
歯が折れたり欠けたりした場合、まずどのような対処をするのがよいのでしょう?歯が折れた時の応急処置と、歯医者さんで可能な保険適応と保険適応外の2タイプの治療法について、詳しくご説明します。

■目次
歯が折れた!応急処置ですべきこと
歯が折れた際に受けられる2タイプの治療
折れた歯に対する保険治療の種類
折れた歯に対する自費治療の種類
まとめ

歯が折れた!応急処置ですべきこと

折れた歯を探して拾う

歯が折れたら、驚いて動転してしまう人も多いのでは。しかし、まずは落ち着くことが先決です。冷静に口の中の状況を確認するとともに、周囲を見回して折れた歯の欠片を探しましょう。
折れた歯を元通りにくっつけることは難しいものの、不可能ではありません。また、折れた歯の欠片を治療に生かすことも可能です。

見つけた歯の欠片を保管

折れた歯が見つかったら、欠片を残らず保管します。折れた歯の状態を保つためには、乾燥が大敵。
できれば生理食塩水に漬けてお口の中に生えていた時に近い状態で保管するのが理想ですが、身近に生理食塩水がない場合には、生理食塩水と似た成分からなる牛乳に漬けておくのもおすすめです。
短時間の保管であれば、口の中で保管するのもOK。とはいえ、飲み込んでしまわないよう注意が必要です。

自分で患部を触らないこと

歯が折れたら、患部が気になってついつい手をやってしまいがち。しかし、手についた雑菌が触れることによって歯の欠けた患部に移り、炎症を起こしてしまうケースも。
自己判断でぐらついた歯を抜いたり、やたらと触ったりするようなことは避けましょう。治るケースも治療が難しくなってしまいます。
出血がある場合や汚れがひどい場合など、やさしくうがいする程度であればOKですが、むやみに患部に触れるのは禁物です。

消毒や詰めものはしない

歯が折れた際に歯茎に傷がついたからと消毒したり、歯の欠けた部分にガムなどを詰めたりする処置も絶対にやめましょう。素人判断でいいかげんな処置を行うと、細菌の繁殖などを招き、患部の状態を悪化させてしまうことも。できるだけそのままの状態を保つのが、治療への近道なのです。

痛みがあれば鎮痛薬を服用

ぶつけるなどして歯が折れた際に、痛みが出る場合があります。がまんできない痛みがあるなら、市販の鎮痛薬などであれば服用してもよいでしょう。歯が折れた際に自己判断でむやみやたらな処置を行うことはおすすめできませんが、つらい痛みをがまんしすぎることはありません。

できるだけ早く歯医者さんを受診

歯が折れてしまった時に、一番やってはいけないのが「放置すること」。一刻も早く歯医者さんを受診して、プロによる正しい診断と治療を受けることが重要です。
できれば、歯が折れる前の状態をよく知るかかりつけ医を受診するのがオススメですが、かかりつけ医がいない場合には近くで信頼できる歯医者を探しましょう。

治療方針決定は焦らないこと

歯が折れたり、欠けたりするといった歯の外傷では、ぶつけたばかりの時には腫れや出血、揺れなどが大きく、歯医者さんの診断と処置も大げさになる傾向があります。
まずは出血や痛みをなくして腫れを治める消炎処置を受け、歯を抜く、神経を抜くといった後戻りのできない治療については、状態が落ち着いてからにするということもできます。
大げさな処置で後悔しないように、治療方針決定は急ぎすぎず、落ち着いて冷静に判断しましょう。

歯が折れた際に受けられる2タイプの治療

健康保険適応の治療

歯が折れた際に受けられる治療には、健康保険が適用されるものがあります。見た目や耐久性では劣る部分もありますが、比較的安価に受けられるのが、保険治療の特徴です。
折れた歯の状態にもよりますが、だいたい、3千円から5千円くらいで治療を受けることができるようです。

健康保険外、自費による治療

審美性や耐久性にこだわるのであれば、折れた歯に自費治療を受けることも可能です。より美しく、自然な仕上がりを長く保てますが、治療費が高額担ってしまうのがデメリット。
治療法や歯の状態、使用する素材などによって治療費は異なりますが、だいたい、3〜10万円。時には数十万円の予算を確保しておきましょう。

折れた歯に対する保険治療の種類

コンポジットレジン修復

歯科用樹脂・コンポジットレジンで折れたり欠けたりした歯の部分を埋める治療法です。保険適用のため安価な治療であり、1度で治療を完了することができます。ただし、コンポジットレジンは自然な仕上がりが難しいうえ、劣化すると変色してしまうことも。
また、接着面積が小さいので強度が弱く、噛む力がに耐えられず取れてしまうこともあります。

折れた歯に対する自費治療の種類

破損片の接着修復

折れた歯の欠片を、特殊な接着剤を用いてもとあった場所に接着する治療法です。すべての欠片が元の状態に戻せるわけではなく、必要に応じて樹脂であるレジンを追加して仕上げます。
自費診療となりますが、シンプルな治療法であるため比較的治療費は安く、数千円で済む場合が多いようです。

ラミネートベニア

比較的欠損が大きくないケースで用いられる治療法で、歯の表面を薄く削り、薄いセラミックをかぶせて接着させる方法です。前歯など目につきやすい場所でも美しく自然に仕上がります。
強度を保ちづらいため、欠損部が大きすぎるケースでは難しい場合も。1本数万円程度の費用が必要になります。

セラミッククラウン

長期にわたり、美しい状態を保つことができる治療法です。セラミック製クラウンを、折れたり欠けたりした歯にかぶせます。
天然歯と並んでも差が目立たない自然な仕上がりで、耐久性も高いため、美しい状態を長く保つことが可能です。
かぶせる部分を比較的大きく削る必要があるため、本来の歯を残したい人にはおすすめできません。また、10〜15万円と高い治療費が必要になります。

硬質レジン前装冠

前歯の範囲であれば保険治療で作成することができます。中身や裏側は金属でできていますが、外から見える表面部分は硬質レジンというプラスチック素材を使い、見た目ではクラウンだとわかりにくくなっています。強度がありますが、長期間使用するとレジンが変色したり、金属アレルギーを起こしてしまうこともあるようです。

インプラント

根元から歯が折れてしまったら、抜歯してインプラントを施す治療も選べます。素材をかぶせる治療より審美性や強度を保ちやすいインプラントですが、1本につき30〜40万円と高額な治療費が必要となってしまうデメリットもあります。

まとめ

子どもが転んで歯が折れた!事故により歯が欠けた!など、不慮のアクシデントで歯が損傷してしまうことはあります。歯が折れたからといって慌てて自己判断の処置を行ったり、放置しておいては治せる状態も治せなくなってしまいます。
折れた歯も対処法によっては、元どおりに近い状態に治せる場合があるのです。正しい応急処置を行ったら、すみやかに歯のプロである歯医者さんに相談して、適切な診断と治療を受けるようにしましょう。

青山通り歯科監修医矢島昇悟 先生

東京都港区赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビルB1F

■院長略歴

2007年 日本歯科大学 生命歯学部卒業
2008年 埼玉県羽生市 医療法人社団正匡会 木村歯科医院
2010年 埼玉県新座市 おぐら歯科医院
2011年 東京都文京区 後楽園デンタルオフィス
2015年 東京都港区 青山通り歯科 院長
先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告

このまとめ記事に関するタグ

コラム