笑顔に自信を!前歯にメタルボンドという選択肢

30,333 View

前歯は笑ったときに目立ちます。そんな前歯に虫歯ができていたりすると、気になりますし、なんとなく恥ずかしいですよね。本当は思い切り笑いたいけど、人前で歯を出さないように気をつけているという方もいらっしゃるでしょう。早く治療してきれいな歯を取り戻したい!とインターネットで調べるうちに「メタルボンド」という治療法を知ったという方も多いのではないでしょうか?そのうちに、メタルボンドを使用すると料金や見た目はどうなるの?そもそも前歯に使用できるの?という疑問に突き当たりますよね。こちらでは、そんな方のためにメタルボンドについて詳しくご紹介しています。

■目次
1.メタルボンドを前歯に使用するメリット
2.メタルボンドを前歯に使用するデメリット
3.気になるメタルボンドの費用と治療期間
4.他の素材とメタルボンドの違い
5.まとめ

1.メタルボンドを前歯に使用するメリット

前歯

1-1 自然な歯に見える

メタルボンドとは、金属製の土台をセラミックで覆った歯の被せ物のことを言います。メタルボンドは、表側にセラミックを使用するため、色が自然です。見た目は普通の歯とほぼ見分けがつきません。そのため、前歯に被せ物をしていると気づかれる可能性は低く、思い切り笑うことができるようになります。

1-2 耐久性がある

土台に金属を使用することで、補強されているため、耐久性があります。表面はセラミックで覆っているので見栄えが気になることはありません。

1-3 体に影響の少ない金属を選ぶことができる

メタルボンドの材質には土台として金属が使用されています。金属アレルギーの方は使用して良いのか不安に思われるかもしれません。しかし、身体に影響のない金属を使用することでアレルギー反応が出ないこともあります。安心して使用できる金属はゴールドまたはチタンです。ただ、土台としてゴールドを使用すると費用が高くなります。また、絶対に体に影響がないとは言えませんので、自分がどの金属に対するアレルギーを持っているのかをしっかり調べた上で先生に相談することをおすすめします。

2.メタルボンドを前歯に使用するデメリット

歯医者

2-1 裏側から金属が見えてしまう

メタルボンドは表面はセラミックで覆われているため、自然な歯に見えますが、裏側は一部金属が露出しています。大きく口を開けて笑ったりしない限り、他人から金属部分が見えることは少ないのですが、鏡を見たときなどに自分では気になってしまうこともあるかもしれません。裏側が黒いことが気になる方にはフルベイクと呼ばれる裏側までセラミックで覆う治療法もあります。

2-2 歯茎が黒ずんでしまう

メタルボンドでの治療後、経年的に歯茎が黒っぽくなることがあります。これは、メタルタトゥーと呼ばれるもので、メタルボンドに使用されている金属が腐食し、溶け出して沈着することが原因です。黒くなっていると気づいた頃には、歯肉の深いところまでしみ込んでしまっているケースが多く、黒さを除去することが難しいのです。どうしても除去したい場合は、メス等を用いて切って取り除く必要があります。そのため、メタルタトゥーを防ぎたい場合には、金属を一切使用しないオールセラミックがおすすめです。

2-3 年齢を重ねると歯と歯茎の境界が黒くみえてしまう

また、メタルボンドで治療したあと、経年的に歯茎が痩せてくると、歯と歯茎の境界から金属部分が見えてしまうこともあります。金属は黒いので、前歯にメタルボンドを使用していると特に目立ち、気になってしまう方が多いです。また、歯茎が痩せてメタルボンドと歯茎の間にスペースができると、食べたものがつまりやすく、虫歯の原因となるケースもあります。

2-4 他の歯を痛めてしまうことがある

強度が高い点はメタルボンドのメリットの一つですが、逆にデメリットとなる場合もあります。他の歯よりも強度があるため、周囲にある他の歯を傷つけてしまうこともあるのです。そのため、歯ぎしりや歯を食いしばるなどの癖がある方は特に注意が必要になります。

3.気になるメタルボンドの費用と治療期間

3-1 料金はどのくらい必要?

メタルボンドを前歯1本に使用する上でのおおよその料金は、¥80,000~¥150,000前後です。その他、医院によっては歯の型取りで別料金(1,000~¥3,000程度)かかることもあります。比較的費用は高くなりますので、予算に限りがあるという方は予め歯医者さんに具体的な費用を聞いておくと良いでしょう。また、はじめの費用とは別に、人によってはメンテナンス費用が必要になるケースもあります。強度の高いメタルボンドですが、強い力をかけたりすることで、割れてしまったり、欠けてしまったりすることがあります。少し欠けている程度であれば、レジン充填でなおすことができます。その際かかる費用は¥10,000~¥50,000程度です。

3-2 治療期間はどのくらい?

メタルボンドを用いた治療にかかる期間は、型どりから装着まで、最短で2回です。しかし、より丁寧な治療を希望される場合や、虫歯など先に治療すべき場所がある場合は数カ月程度かかることもあります。予想よりも治療期間が長くなり、お仕事など他の予定と重なって通院が難しくなることも考えられますので、こちらも費用と同様に、あらかじめ歯医者さんに相談してスケジュールを決めておくことをおすすめします。

pixta_18671226_m

4.他の素材とメタルボンドの違い

4-1 オールセラミックとの違い

オールセラミックとメタルボンドを比較すると、価格・強度面・施術できる範囲の広さではメタルボンドが優れています、見た目や色調はオールセラミックのほうがより自然です。また、オールセラミックでは金属を一切使用しませんので、金属アレルギーを引き起こすことがありません。

4-2 ジルコニアセラミックとの違い

ジルコニアセラミックは、今現在、被せ物の質としては最高クラスです。強度、見た目ともにメタルボンドよりも優れます。しかし、使用する素材が高価ですので、治療費においてはメタルボンドのほうが比較的安く済みます。

4-3 ハイブリッドセラミックとの違い

ハイブリッドセラミックは、保険適用のレジンクラウンよりは質が良く、金属アレルギーの心配がありません。審美性も比較的高いですが、メタルボンドには劣ります。また、強度面もメタルボンドの方が高いです。しかし、ハイブリッドセラミックのほうがメタルボンドよりも比較的安く行うことができます。

4-4 保険適用硬質レジンとの違い

メタルボンドが、保険適用硬質レジンと比べて圧倒的に優れている点は、色調の自然さと、変色しにくい点です。一方費用については、¥5,000~¥7,500と、保険適用の硬質レジンの方が安価です。

5.まとめ

使用する歯が限られず、前歯に使用できる点と価格が他の矯正方法より比較的安価です。ただ、 もでてきていますので、メタルボンドよりも審美的、また強度などの面ですぐれた治療法もあります。そのため、もし前歯にメタルボンドを使用して良いか悩んでいるのであれば、まずは歯医者さんで相談してみましょう。

飯田歯科医院の詳細ページ

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告