人の歯の色には個人差あり!理想の歯の色って?

39,039 View
★役に立った!7

笑顔を見せた口元に、キラリと光る白い歯……憧れますよね。ですが、現実はいかがでしょう?映画のスクリーンや広告などで見かける芸能人やハリウッドスターの白い歯に、「私の歯って黄色い!?」と不安になって鏡を覗き込んだ経験、お持ちの方も多いのではないでしょうか。人の歯の色には生まれつき個人差があり、さらにお口の中の環境や生活習慣によっても変わってきます。人の歯の色に個人差がある理由と、歯を白くするメリット、目指すべき理想の歯の色などについてまとめてみました。

1.人の歯の色には個人差がある

歯の色を決めるのは歯の質の違い

人の歯の色はそれぞれ違いがありますが、これは歯の質や構造の差によるところが大きいものです。歯は大きく3層構造からなっており、一番外側に白色半透明の「エナメル質」、その下には、その名の通り黄色っぽい象牙色をした「象牙質」、そして象牙質の中には神経である「歯髄」があります。エナメル質の厚さや色と象牙質の色が、その人の生まれつきの歯の色を決定しているのです。

白人、黒人に比べて歯が黄色い日本人

映画スターやスポーツ選手から、来日している旅行者、留学生など、外国人を見て、その歯の白さに驚いたことはありませんか。白人、黒人は日本人が含まれる黄色人種に比べて、エナメル質が厚い傾向があります。また、肌の色とのコントラストの影響もあるようです。そのため、アジア系以外の外国人は、日本人に比べてとても歯が白いように見えるのです。もちろん、生活習慣の違いもありますが、日本人の歯が黄色いのは、生まれつきの歯の構造によるものなのです。

デンタルケア意識の差も歯の色に表れる

歯に汚れが付着していると、当然歯の色は黄ばんで見えます。人は誰もが生まれつきの歯の色をそのままキープできている訳ではないのです。特に、クリーニングや定期健診などといったデンタルケアに対する意識が低いと言われる日本人は、欧米人に比べて歯に汚れが残っている人が多いと言われています。外国人の歯が日本人の歯より白く感じる原因は、こうしたデンタルケア意識の差にもあるようです。

「白い歯」の基準も人それぞれ

「白い歯」の基準は人それぞれ。ある人にとっては「白くて美しい歯」でも、別の人には「黄ばんだ歯」あるいは「白すぎて不自然な歯」と見えているかもしれません。 歯のクリーニングやホワイトニングで「白い歯」を目指す時には、自分の理想だけでなく、他人の感想や意見を取り入れてみるのも大切な事です。

2.人の歯の色に個人差がある生まれつきの理由

エナメル質の厚さが違うから

人の歯の色を最も左右するのは歯の表面にあるエナメル質の厚さです。白色の半透明であるエナメル質の下には黄色い象牙質があり、エナメル質が厚ければ厚いほど象牙質の黄色が隠れて歯の色は白く、薄ければ薄いほど色が透けて歯の色は黄色く見えるのです。

エナメル質の質が違うから

同じエナメル質であっても、人によってその色や透明度には違いがあります。そのため、エナメル質の色が白く透明度が低い人ほど、歯は白く見えます。象牙質の黄色をカバーして歯の色が白く見えるのです。逆に、エナメル質の透明度が高い人では、象牙質の黄色が透けて、歯の色は黄ばんで見えてしまいます。

象牙質の色が違うから

象牙質の色も、歯の色を左右する大きな要因です。黄色っぽい象牙質の黄色味が強ければ強いほど、エナメル質越しに見える色も黄色っぽくなり、すなわち歯全体の色味が黄色味を帯びて見えるのです。

3.人の歯の色に個人差がある後天的な理由

エナメル質が摩耗したから

長年使い続けることで、歯も消耗してきます。当然、一番外側にあるエナメル質から摩耗して薄くなるのですが、エナメル質が薄くなることで、下にある象牙質の色がより透けて見えるようになります。加齢とともに歯の色が黄色味を帯びてくるのはこのためです。

虫歯で神経(歯髄)が死んでしまったから

ひどい虫歯や打撲などによって象牙質の中にある歯の神経(歯髄)が死んでしまうと、歯の色は徐々に変化します。明るかった歯の色は、数ヶ月から数年をかけてだんだん黒ずんできてしまうのです。虫歯の治療で神経を抜いた場合にも、同様のことが起こります。神経のない歯(失活歯)では、基本的にホワイトニングの効果がほとんど出ず、白くしようとすると、セラミックやプラスチックの歯をかぶせて覆ってしまう必要があるのです。

飲食物やタバコのヤニで着色したから

赤ワインやコーヒー、緑茶などに含まれる成分は、歯の表面に付着して着色のもとになります。また、タバコを吸う人は、そのヤニで歯が黄色く着色してしまいます。

歯磨き、クリーニングが不足しているから

歯磨きや歯のクリーニングなどの不足により、歯についた汚れをしっかり落としきれていないことも、歯の色を黄ばんだものにしてしまう原因に。特に、日本人は欧米人に比べて歯のクリーニングに対する意識が低いと言われています。

4.人の歯の色を白くするメリットとは?

人の歯の色は白い方が良い印象を与える

にっこり笑った歯の色が白い人と黄色い人、どちらに良い印象を持ちますか?多くの人が「歯が白い人」に良い印象をもつのではないでしょうか。どんなに歯磨きやケアをきちんとしていても、黄ばんだ歯は不潔な印象を与えてしまいます。特に、歯の色は第一印象に差をつける重要な要素です。白い歯を目指すこと、それは第一印象美人を目指すことにつながります。

5.人の歯の色、理想の白さはどれくらい?

シェードガイドで「A1」が目安

歯医者さんでは「シェードガイド」と呼ばれる器具を使って人の歯を測定します。これは、何十種類もの歯の色を集めた見本で、作っている会社によってさまざまなものがありますが、最も広く使われているシェードガイドでは、一番白い色の「W1」から、最も暗い「C4」まで20種類近くの色見本があります。アルファベットと数字の組み合わせで成っていて、A~Dのアルファベットは色の種類を、数字は色の濃さを表しています。

このガイドを使って一般の方に「理想の歯の白さ」を聞いたところ、多くの人が「A1」と答えました。この「A1」は TV によく映るアナウンサーの歯の白さの平均と言われ、一般的に「白い歯」と認識されるようです。

日本人の平均的な歯の色は「A3~3.5」

これに対し、日本人の平均的な歯の色は、「A3.5 」程度であるといわれます。つまり、多くの日本人が「白い歯」であるとはいえない歯の色をしているということ。外国人のなかには日本人に対して「歯が黄色い」という印象を持っている人もいるようですが、それはこうした現実によるものなのです。

生まれつきの歯の色は多くが「W3」以下

加齢によるエナメル質の摩耗や着色汚れなどを受ける前、生え始めの歯の色は多くが「W3」以下であると言われます。つまり、ホワイトニングなどを受けることで、「W3」までは歯を白くすることができるということなのです。

「B4」以上になると歯の色が悪目立ち

日本人の平均「B4」を越えた歯の色では、多くの人が「黄ばんだ歯」と感じるようです。歯の黄色みが平均を越えてしまうと、すぐに黄ばんだ歯と認識されてしまうのです。

まとめ

人の歯の色は生まれつきの歯の質によって、また加齢や生活習慣によって変わります。白人や黒人に比べて歯の色が黄色いと言われる黄色人種である日本人。理想の歯の白さを実現できていない人も多いようです。普段の歯みがきに、歯医者さんでのクリーニングやホワイトニングも取り入れて、あなたも白い歯を目指しませんか。

この記事は役に立った!

青山通り歯科監修医矢島昇悟 先生

東京都港区赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビルB1F

■院長略歴

2007年 日本歯科大学 生命歯学部卒業
2008年 埼玉県羽生市 医療法人社団正匡会 木村歯科医院
2010年 埼玉県新座市 おぐら歯科医院
2011年 東京都文京区 後楽園デンタルオフィス
2015年 東京都港区 青山通り歯科 院長
先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告