【徹底分析】ホームホワイトニングの料金はいくらが妥当?

61,205 View

自宅で気軽に歯を白くできると注目を浴びているホームホワイトニングは、おおよそいくらかかるのでしょうか?ホワイトニングには保険が適用されませんので、歯医者さんによってまちまちです。ここでは、料金を比較して理想の歯医者さんを見つけられるように、おおよその料金や注意すべき点をお伝えしていきます。納得のいく料金で希望する白さの歯を手に入れられるようにチェックしてください!

■目次

1.ホームホワイトニングの料金について
2.オフィスホワイトニングの料金について
3.デュアルホワイトニングの料金について
4.まとめ

1.ホームホワイトニングの料金について

1-1.ホームホワイトニングの料金相場

ホームホワイトニングの料金には、ホワイトニング用マウスピースを作成する料金と薬剤の料金が含まれています。歯医者さんによって異なりますが、このマウスピースと薬剤を含めて¥15,000~¥30,000程度かかります。

薬剤の種類や濃度、使用する本数、マウスピースの種類などによって料金は変わってきます。また、保険診療とホワイトニング専門歯科でも料金が異なりますので事前のリサーチが必須になるでしょう。

1-2.ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、自宅で施術をするホワイトニングのことを指します。施術までの流れとしては、歯医者さんで歯の型をとってから専用のマウスピースを作ります。そして、作ってもらったマウスピースに歯を白くする薬剤を入れて装着するだけです。使用する薬液の種類と機器によって効果は異なります。

1-3.白さを実感できるまでにかかる総費用

おおよそ白さを実感できるまでに2週間~3週間かかると言われています。よって¥15,000以上かかることが分かります。しかし、効果には個人差があるのでプラスして薬剤の料金がかかる場合があるでしょう。当然、ホームホワイトニングを行う期間が長くなればなるほど使用する薬剤が増えて、料金も多くかかります。ただし、実際に試してみなければ自分の歯がどの程度の期間で白くなるのか分かりません。ホームホワイトニングは途中で断念すると効果が得られませんので、念のため薬剤を1.2本多めに購入することをおすすめします。

濃度の低い薬剤を使って少しずつ歯を白くしていくホームホワイトニングは、目標とする白さになるまで時間がかかります。ホームホワイトニングを始めて2週間ほどで満足のいく白さになる人もいれば、2か月かかってやっと効果があらわれ始める人もいます。

このように、ホームホワイトニングの料金を考えるときに忘れてはいけないのが、「希望の白さを手に入れるまでにどのくらいの期間がかかるのか」ということです。料金を安く抑えることばかり考えていても、歯を理想の白さにできません。料金を安く抑えて、あまり効果のないホワイトニングをすることにならないように注意しましょう!

ホームホワイトニング_1

2.オフィスホワイトニングの料金について

1-1.オフィスホワイトニングの料金相場

オフィスホワイトニングの料金には、事前の検査料、クリーニング料を含め¥15,000~¥50,000程度かかります。

ホームホワイトニング同様、薬剤の種類や機器の種類などによって料金は変わってきます。虫歯等、口腔内に問題がないか事前に調べるためにレントゲン写真をとってくれる医院もありますので料金が少し高くなるケースもあります。

1-2.オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは、歯医者さんで施術をするホワイトニングのことを指します。施術までの流れとしては、歯医者さんで口腔内に問題がないか確認してもらい、薬液をより浸透させるためにクリーニングをしてくれます。クリーニングまででその日の施術は終了し、次回からホワイトニングの医院のあります。クリーニング後に歯にホワイトニング薬液を塗布します。その後、ライトやレーザーを使用し、薬液に含まれる漂白成分を活発にします。使用する薬液の種類と機器によって効果は異なります。

1-3.白さを実感できるまでにかかる総費用

おおよそ白さを実感できるまでに当日から1、2回と言われています。よって¥15,000以上かかることが分かります。オフィスホワイトニングは濃度の高い薬液を使用して歯を表面から白くするので即効性があり、効果を実感しやすいです、しかし、白さには限界があるので白さをお求めの方にはあまりおすすめできません。結婚式やパーティ等のイベント前ですぐに白くしたい方へおすすめします。

3.デュアルホワイトニングの料金

3-1.デュアルホワイトニングの料金相場

デュアルホワイトニングは、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングと自宅でおこなうホームホワイトニングを組み合わせたものになります。オフィスホワイトニングと同様に事前の検査料、クリーニング料を含め¥60,000~¥80,000程度かかります。

芸能人のような真っ白な歯をお求めの方であれば、少し料金は高くなってしまいますがデュアルホワイトニングをしましょう。あとからオフィスホワイトニングホームホワイトニングをやるよりもお得にできる場合があります。

3-2.デュアルホワイトニングとは

デュアルホワイトニングとは、自宅で行うホームホワイトニングと歯医者さんで施術してもらうオフィスホワイトニングを組み合わせたものです。ホームホワイトニングは濃度の低い薬剤を使って歯の内側から白くしていきます。一方、オフィスホワイトニングでは高濃度の薬剤を使用し、特殊な光をあてて表面から一気に歯を白くします。2種類のホワイトニングの相乗効果によって歯を圧倒的な白さへ導いてくれます。

3-3.白さを実感できるまでにかかる総費用

おおよそ白さを実感できるまでに当日から1、2回と言われています。よって¥60,000以上かかることが分かります。しかし、オフィスホワイトニングホームホワイトニングに比べ、効果を実感できる期間も効果の継続期間も圧倒的に高いです。※下記の図を参考にみてください。

smile_statistics_03

参考:天神歯科クリニックHP

できるだけ安く効果の高いホワイトニングをしたいですよね。口腔内の状態次第で効果はさまざまなのでまずは医院にて相談されてはいかがでしょうか。

3.ホームホワイトニングの総費用を抑えるコツ

・1回のオフィスホワイトニング+ホームホワイトニングで真っ白な歯へ

「料金はなるべく安く、でも効果がちゃんとあるホワイトニングをしてもらいたい」と思う方がほとんどなのではないでしょうか。1番のおすすめの方法としては1度オフィスホワイトニングをして、ある程度表面を綺麗にして、ホームホワイトニングのメンテナンスを毎日することで真っ白な歯へ導く方法です。

ホームホワイトニングでじっくりと時間をかけて内部から透明感のある白い歯になるようにメンテナンスをしましょう。ホームホワイトニングキッドは1度購入してしまえば、薬剤の追加料金しかかかりません。ホームホワイトニングはすればするほど効果のあると言われています。

毎日のメンテナンスが苦手という方には不向きのプランですが、真っ白な歯を維持するためにがそのくらいの苦労は必須となります。食生活を意識せずにホワイトニングを楽しむためにはホームホワイトニングでの歯のメンテナンスは必要不可欠といえるでしょう。

4.まとめ

ホームホワイトニングは、継続することが大切です。初期費用だけでなく、希望する白さの歯を手に入れるまでにトータルでいくら必要になるのかを考えなくてはなりません。料金体系や使用する薬剤の種類なども歯医者さんごとに異なるので、分からない点などがあったら事前に問い合わせておきましょう。

また、自分の歯がホームホワイトニングで白くなりやすいのかどうかをチェックしてもらうこともおすすめします。ホワイトニングは誰しも必ず白くなるというわけではなく、色の変化のスピードには個人差があります。そして、オフィスホワイトニングをとり入れたほうが効率的なのか、など歯医者さんと相談しながら予算を決めていくと安心ですね。

飯田歯科医院の詳細ページ

不正確な情報を報告