松原・藤井寺・河内長野

河内長野

松原・藤井寺・河内長野エリアは古墳の数が全国一を誇るエリアです。古墳に埋葬されていた人骨や埴輪には「お歯黒」のような染めた跡があり、江戸時代にそれは既婚者を表すようになりました。時代ごとに歯の色に対する見方は変わっていったようです。現代では「白い歯」は「美しい人」「できる大人」といったような表現ができるのではないでしょうか。


「松原・藤井寺・河内長野」に関するまとめ記事一覧

全3件中 1〜3件