意外と知らない!?ホームホワイトニングの最大の効果

意外と知らない!?ホームホワイトニングの圧倒的な効果


歯科先進国に比べ、歯に対する意識が2.30年も遅れている日本でも、ようやく歯を白くするホワイトニングが注目を浴びる時代になりましたね。手軽!リーズナブル!効果あり!はホームホワイトニングです。芸能人や読モ、美人の上司は当たり前にホームホワイトニングをしています。下記よりホームホワイトニングについてしっかり知識を身につけ、圧倒的な白さを手に入れましょう。また、いくつかホワイトニングで評判の歯医者さんをご紹介しているので是非参考にしてみてください。

■目次
1.ホームホワイトニングとは
2.ホームホワイトニングのメリット
3.ホームホワイトニングのデメリット
4.ホームホワイトニング施術の流れ
5.ホームホワイトニングが適さない方
6.まとめ

1.ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、自身でおこなうホワイトニングのことをいいます。歯医者さんで自分に合ったマウスピースを作成してもらい、専用の薬剤をマウスピースに塗布、毎日装着。とメンテナンスが簡単です。とても簡単な方法なのでホームホワイトニングを初めにホワイトニングデビューをする方も多いようです。こちらは、およそ2週間で効果がでると言われています。歯医者さんやサロンには通わず、自分の都合のよいタイミングで歯を白くすることができるので平日忙しく、歯医者さんへ通うことが出来ないサラリーマンやOLに人気があります。

2.ホームホワイトニングのメリット

2-1 お得!何度もメンテナンスができる

ホワイトニングは、歯医者さんで施術をおこなうオフィスホワイトニング、自宅でおこなうホームホワイトニング、2つのホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングと3種類あります。ホームホワイトニングはマウスピースを作成してしまえば、薬剤を購入するだけで何度もメンテナンスをおこなうことが可能です。オフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングだとメンテナンスをおこなう度、費用が掛かってしまいますよね。

またホワイトニングは自費治療になるので、使用しているホワイトニング剤、土地柄、スタッフの人件費など料金が異なります。あくまでも相場なので歯医者さんによっては、平均相場とは大きく異なる場合があります。

・オフィスホワイトニング ¥15,000~¥50,000
・ホームホワイトニング ¥15,000~¥30,000
・デュアルホワイトニング ¥30,000~¥80,000
※医院によって料金が異なります。

2-2 費用対効果でみればホームホワイトニング!

ホワイトニング効果の表

引用情報:天神歯科クリニックHP

図からも分かるように、効果を出すまでに時間はかかりますが、最終的に白さを維持できるのはホームホワイトニングとデュアルホワイトニングです。デュアルホワイトニングとさほど効果に変わりがないのには驚きますよね。

2-3 自然な白さになるのはホームホワイトニング

■歯の構造

歯の構造

ホームホワイトニングは、歯の内部(象牙質)から漂白していきます。低濃度の薬液を使用して、徐々に歯を白くしていくので、後戻りがしにくく、自然な白さに仕上がります。

コーヒーやワイン、カレー等の着色は表面の汚れなのでオフィスホワイトニングで漂白できますが、加齢による黄ばみは内部から生まれるのでホームホワイトニングをされた方が効果を感じやすくなります。タバコを吸う訳でもないのに、何故黄ばんでしまうのだろう…と感じている方は年齢による黄ばみかもしれませんね。

2-4 知覚過敏になりにくい

ホームホワイトニングは、一般の方が自分で施術をするものなので薬液は刺激が少なく、知覚過敏になりにくいです。即効性の高いオフィスホワイトニング(歯医者さんで施術をおこなうホワイトニング)は、専門の資格を取得した歯科医師、衛生士のみが使用できる高濃度な薬液を使用しているため、多少の痛みを伴います。

ホームホワイトニングのおおよその効果

効果には、個人差が生じるため、気になる方は通われている歯医者さんで聞いてみましょう。あなたのメンテナンスや食生活次第で効果が大きく変わります。色の変化には個人差がありますが、おおよそ2週間で色見本で言う2~3段階白くなると言われています。やればやるほど効果が出るので、毎日のホワイトニングが楽しくなるに違いありません。

3.ホームホワイトニングのデメリット

3-1 効果が出るまで時間がかかる 

やはり、ホームホワイトニングは薬液の濃度が低いので、オフィスホワイトニングに比べ、白くなるまでに時間がかかります。また象牙質やエナメル質が厚いため効果がでるのにも時間がかかると言われています。パーティーや結婚式などのイベント間近の方には、ホームホワイトニングよりオフィスホワイトニングの方が良いですね。

3-2 日中2時間装着!マウスピースが苦手な方はNG

ホームホワイトニングでは、マウスピースを2時間程装着します。マウスピースを入れている時は、うまく発音できず、喋りづらくなるという方もいらっしゃいます。毎日およそ2時間マウスピースを装着することにストレスを感じる方はオフィスホワイトニングセルフホワイトニング(クリニックでおこなうホワイトニング)をすることをおすすめします。

3-3 ホワイトニング後は食事制限がある!

基本的に、ホワイトニング後着色しやすい状態になっているので、食事制限が必要になります。時間でいうと、12時間~24時間程で控えた方が良い飲食物としては、カレー、チョコレート、ぶどう、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなど、色の濃い食べ物が挙げられます。タバコもヤニが着色原因になるので、少し控えた方が良いでしょう。

4.ホームホワイトニング施術の流れ

1.歯科衛生士によるカウンセリング

自分の希望の白さや種類、料金について相談し、最適なホワイトニングを選んでもらいましょう。ホワイトニングに注力している医院であれば、ホワイトニングコーディネーター(審美歯科学会認定のホワイトニングについての知識・技術が一定以上ある医師やスタッフ)が在籍しているので詳しく相談することが可能です。質の高いホワイトニングを希望されている方は参考にしてみてください。

歯科衛生士によるカウンセリング

2.歯の撮影・型取り

お口(歯)の写真を撮影、ホワイトニングシェードガイドで、ホワイトニング前の歯の色を測定し、お口(歯)の型取りをします。世界に一つだけのマウスピースにはじめは感動される方が多いようです。高熱に弱く、形が歪んでしまう恐れがあるのでマウスピースケースにしっかり保管しましょう。

歯の撮影・型取り

3.ホワイトニング開始

使用後は必ず、水で洗いましょう。衛生管理ができていないことで他の歯に悪影響を与えてしまいます。細菌が繁殖することでマウスピースが臭くなってしまう場合もありますので、毎日のお手入れは重要です。

ホワイトニングキットを受け取ったら

4.2~4週間後、白さを実感

2~4週間後、歯の白さのチェックとクリーニングを行います。定期的にメンテナンスをすれば、さらに長持ちします。テレビを見ながらでも歯を白くすることができるので大変気軽におこなえます。

smilelinecolumn048

5.ホームホワイトニングが適さない方

・被せものや詰め物の歯がある
ホワイトニングで白くできるのは、天然の歯のみです。ホワイトニングにより白くなった天然歯と、被せものや詰め物の色の差が大きいと、不自然なイメージを与えてしまいます。

・神経のない歯がある
たとえ自分の歯でも、神経が死んでしまっている歯はホワイトニングをしても白くはなりません。この場合は、歯を削って白いかぶせ物をかぶせる事で、その歯については色の改善が出来ます。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?ホームホワイトニングは継続をすればするほど、オフィスホワイトニング以上の効果を出すことが出来ます。ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングを行った後のケアとしてもおすすめなので、オフィスホワイトニングをしている方も、ホームホワイトニングを同時に取り入れてみてはいかがでしょうか。ゆっくりマイペースに続ける事で、憧れの真っ白な歯を手に入れてください。

青山通り歯科の詳細ページ