小児歯科の治療で使われる「保隙装置」ってなに?

小児歯科 保隙装置

小児歯科の治療で使われる「保隙装置」ってなに?

子どもの乳歯を、虫歯やケガなどが原因でやむを得ず抜歯をしたときは、保隙装置を使用しなければなりません。いずれは永久歯に生え変わる乳歯ですが、本来の役目を果たさずに抜けてしまうと、さまざまな問題が起きてしまうのです。保隙装置を使わないとどうなってしまうのかを理解したうえで、必要となる治療を受けさせましょう。保隙装置とひとくちにいっても種類はさまざまです。いざというとき迷わずすむように、どのようなタイプがあるのかも今のうちから知っておきましょう。

11,902 View

小児歯科 保隙装置

保隙装置とは

乳歯が抜けると…

乳歯には、永久歯が正しい位置に生えてくるサポートをするという大切な役割があります。乳歯があることで、永久歯が正常に生えてくるための十分なスペースを確保しておけるのです。
ところが、乳歯がひどい虫歯になってしまったり転んだときに歯をぶつけてしまったりして、生え変わりの時期がくる前に乳歯を抜歯しなくてはならないことがあります。必要な乳歯がなくなってしまうと、支えを失ったとなりの歯がずれてきたり倒れてきたりして、本来永久歯が生えてくるはずの場所が狭くなってしまうのです。
その状態のまま永久歯が出てくると、まっすぐに生えることができずに、歯並びが乱れてしまいます。

保隙装置を使う理由

そこで役立つのが保隙装置です。保隙装置とは、乳歯を失った場合でも永久歯が生えてくるのに必要となるスペースを確保する装置のこと。乳歯がなくなったことでできた空間にとなりの歯などがずれ込んでくるのを防ぐ役目を果たします。つまり、保隙装置を使うと、乳歯がなくなっても永久歯が正しい位置にまっすぐ生えてくるように誘導することができるというわけです。
やむを得ず乳歯を失ってしまった場合には、このように保隙装置を使って永久歯の歯並びが悪くなることを避けなければなりません。
ただし、通常の生え変わりによって自然に乳歯が抜け落ちた場合には、保隙装置を使う必要はありません。生えているべき乳歯を失ってから、永久歯が生えてくるまでに半年以上かかると予想される場合には、保隙装置をつけた方がよいでしょう。

小児歯科や矯正歯科で受けられる

保隙装置は乳歯が生えている時期の子どもに対してのみ使うので、一般的な歯医者さんでは保隙装置を用いた治療は基本的には行っていません。もしそのような歯医者さんで乳歯を抜歯したとしても、抜けた状態のまま放置する可能性が高いでしょう。
保隙装置を使用した治療を受けるのであれば、小児歯科もしくは矯正歯科を受診しましょう。
豊富な知識や技術をもった歯医者さんでなければ、保隙装置を使った処置は難しいのです。

保隙装置には何種類かある

保隙装置といっても、種類はさまざまです。失った乳歯の場所や本数などによって使い分けなければなりません。
保隙装置の治療にはもともと保険を適用できませんでしたが、2016年度から保険が使えるようになりました。ただし、残っている乳歯が装置の支えとなることや6歳臼歯は支えとしないことなど、条件はいくつかあるので注意が必要です。

主な保隙装置の種類

バンドループ

乳歯がなくなってできた空間を維持するために、歯にバンドを巻いてそこにループを取りつけます。太いワイヤーで歯を支えることによって、あいてしまったスペースに倒れ込んでしまうのを防ぐのです。
このようにして確保した場所に永久歯が正常に生えてきたらバンドループは取り外します。

クラウンループ

作りはバンドループと似たものです。バンドループが支えとなる歯にバンドを巻きつけるのに対して、クラウンループは乳歯冠を被せることで支えとします。歯が欠けた部分をループで保つ仕組みは同じです。虫食いなど、さまざまな事情でバンドが巻けない歯の場合は、こちらを使用します。

インレーバー

インレーという金属の詰め物にバーが取り付けられたものがインレーバーです。バーの部分で抜けた歯のスペースを支えることで、となりの歯が倒れたりずれたりするのを防ぐことができます。インレーとは虫歯などで削ったあとに施す詰め物のことです。インレーバーは詰め物の部分とバーの部分が一体となった形をしています。

ディスタルシュー

乳歯のなかで一番奥に生えている第二乳臼歯を失った場合に、第二乳臼歯のさらに奥から生えてくる6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯の位置を誘導するために使用する装置です。
第一大臼歯が前に傾いて生えてくるのを防ぎ、正常に出てこられるように、かぎ状に先端が曲がった装置をつけておくのです。

リンガルアーチ

リンガルアーチは舌側弧線装置ともいわれます。奥歯にバンドを取りつけて歯の裏側に太い針金を通し、バネをつけて歯を動かしていきます。歯の裏側につけるため、基本的に外側からは見えないようになっています。完全に固定されるため、自由に着脱はできません。

小児義歯

自分で簡単につけ外しのできる子ども用の義歯(入れ歯)を入れて、失った乳歯の代わりとします。食べ物を噛む機能を補えるのがほかの保隙装置とは大きく違う点です。子ども用の義歯は、前歯用と奥歯用に分かれます。

保隙装置を使用する際の注意点

定期的な診療が必要

永久歯が正常に生えるために必要な保隙装置ですが、あまり長い期間つけたままでいると、顎の成長に悪影響を及ぼす可能性があるので気をつけなければなりません。永久歯が生えてきたら、装置は外しましょう。
また、装置をつけていることで歯に汚れが溜まりやすいうえに、歯みがきが上手にできなくなるので虫歯になるリスクが高まります。保隙装置をつけている間は、メンテナンスをかねて歯医者さんの診療を定期的に受けるよう心がけてください。そのあたりの判断も事前に歯医者さんにしっかり確認しておくようにしましょう。

保隙装置が外れてしまったら

保隙装置はしっかりと固定されているはずですが、まれに外れてしまうこともあります。もし保隙装置が外れてしまったら、すぐに歯医者さんへ行って直してもらいましょう。
素人判断で無理につけ直そうとしてはいけません。装置が変形してしまう恐れがあるだけでなく、お子さんが誤って飲み込んでしまう危険も考えられます。
装置に少しでも不具合が見つかったら、必ず歯医者さんに診てもらってください。

歯みがきをいつも以上に丁寧に

歯に保隙装置がついていると、どうしても食べかすなどの汚れが溜まりやすくなってしまいます。歯ブラシが届きにくい場所も増えてしまうので、磨き残しから歯垢が溜まるのも気をつけなければなりません。
保隙装置をつけている間は、いつもより丁寧に仕上げ磨きをしてあげましょう。お口の中の状態を確認しながら、すみずみまできれいにしてください。
その際に、保隙装置がきちんとついているかなどもあわせてチェックするとよいでしょう。

歯並びをよくするための装置ではない

保隙装置は、乳歯がなくなったことが原因で永久歯の歯並びが乱れるのを防ぐために使うものです。矯正治療のように歯並びをよくする目的で使用するものではないということを理解しておきましょう。
ですから、保隙装置を使って確保していたスペースに永久歯が生えてきたら装置は外さなければなりません。

まとめ

小児歯科 保隙装置

生えかわりの時期がくる前になんらかの理由により乳歯が抜けてしまったら、そのままにしておいてはいけません。あいたスペースにまわりの歯が倒れてくるなどして、永久歯が生えてくるべき場所が奪われてしまいます。結果、永久歯の歯並びが悪くなってしまう可能性が高まるのです。
存在するべき乳歯が失われた場合には、小児歯科や矯正歯科で保隙装置の処置を受けるようにしてください。適切な処置を施さないと、後悔することになってしまいますよ。

不正確な情報を報告

小児歯科の治療で使われる「保隙装置」ってなに?

監修医 遠藤三樹夫先生

遠藤歯科クリニック

住所
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目12-26 三鈴ビル2階