どうして虫歯の子どもが少ないの?北欧諸国の小児歯科事情

小児歯科 北欧

どうして虫歯の子どもが少ないの?北欧諸国の小児歯科事情

北欧には虫歯のある子どもが少ないという話を聞いたことがありませんか?その秘密はいったいどこにあるのかご紹介していきます。北欧の小児歯科事情や家庭での日常のケア、虫歯予防に対する考え方は日本と違いがあります。その違いを知れば、自然と虫歯予防に欠かせないことを理解できるのではないでしょうか。わたしたちに足りないものはなにかを考えながら北欧のよい点を上手にとり入れて、日本の子どもたちも虫歯から守れるようにしていきましょう。

1,178 View

北欧諸国では子どもの虫歯が少ない

小児歯科 北欧

北欧の子どもには虫歯がほとんどない

フィンランド、スウェーデン、ノルウェーなどの北欧諸国に住む子どもたちには虫歯がほとんどありません。80歳の高齢者でも平均して20本の歯が残っていて、歯周病率も少なくなっています。
日本では「8020運動(80歳で20本自分の歯が残っているようにする運動)」が広まっていることもあり、平成28年の厚生労働省の調査では、80歳で20本以上自分の歯を維持している人の割合が50%超えるようになりましたが、60代以降の約9割は歯周病を患っているという調査もあることから、お口の健康意識に関しては北欧諸国に遅れをとっている状態と言えるでしょう。
子供の虫歯についても、昭和のころには「虫歯の洪水」といわれるほど、虫歯があるのが当たり前だった状態に比べれば、虫歯についてはかなり減ったと言えますが、それでも北欧の子どもたちと比較するとまだまだ改善の余地があります。

北欧の子に虫歯が少ない理由

北欧諸国の子どもに虫歯が少ない理由としてあげられるのが、食生活や歯みがき習慣に対する意識の違いのほか、フッ素やシーラント、キシリトールといった虫歯予防に効果的なケアを徹底して行っていることです。また、北欧では虫歯などの予防を目的とした検診を受けるために歯医者さんに通うのが一般的になっています。
日ごろから歯や歯肉の検査をしてもらい、歯科衛生士さんのオーラルケアを受けているのです。こうした考えが広まったのには、国の政策が大きく関係しています。
日本でも北欧式の歯科予防が認知されはじめているので、あくまでも個人レベルでキシリトールなどを利用し虫歯予防に取り組んでいる方もいますが、日本では通常歯に異常が起きてから歯医者さんに行く人が多く、予防歯科のために歯医者さんに通う人はまだまだ少ない状態です。

昔は虫歯が多かった!?

現在は虫歯予防が徹底している北欧ですが、実は過去には虫歯の多さが問題となっていました。1970年代後半のフィンランド在住の12歳の子どもには平均して7本もの虫歯があったとされています。これは「虫歯の洪水」といわれていたころの日本よりもひどい状況です。
そこで、国をあげて虫歯予防に取り組みをはじめた結果、虫歯の少ない国として世界的に有名になりました。つまり、北欧諸国の人が体質的に虫歯に強い歯をもっているというわけではありません。虫歯予防を正しく行った成果が現在の状態ということ。ですから、日本でも北欧のように虫歯予防に取り組めば子どもの虫歯を減らすことは可能と考えられます。

医療保険制度も充実

北欧の国々では医療保険制度が充実しており、19歳までは無料で歯科治療を受けることができます。20歳以降には高額な治療費がかかりますが、そのほとんどを保険でカバーできるので、実質的な経済的負担は大きくありません。
また、スウェーデンでは学校で実施する歯科検診で虫歯が発見されると、すぐに歯医者さんに連れて行くほど子供の虫歯治療に対しては徹底しています。なかには、学校内に歯医者さんが設置されているところもあるほどです。

日本の小児歯科でも

小児歯科 北欧

北欧式を取り入れた歯医者さんもある

日本の歯医者さんのなかには、北欧の歯科医療を学んでいる人も増えてきています。北欧式予防法を取り入れ、「歯を守るためのプログラム」を導入している歯医者さんも少なくありません。
これからは、歯を削って詰めるといった虫歯治療を減らしていくためにも予防に力を入れた歯医者さんが増えていくかもしれませんね。

北欧式歯医者さんをすすめる理由

虫歯を治療しても再び虫歯ができてしまう、歯をきちんとみがいているつもりなのに虫歯になってしまうといった人は想像している以上に多いです。これは、そもそも虫歯予防に必要なケアができていないということであり、間違った考え方を正さない限り、いくら気をつけても虫歯ができやすい状態は変わりません。
子を持つ親御さんとしては「健康な歯をできるだけ残してあげたい」「歯を削る治療を受けさせたくない」という気持ちがあるのではないでしょうか。
そこでとり入れたいのが、北欧式の虫歯予防です。お子さんを虫歯から守るために、虫歯予防に力を入れている歯医者さんを選ぶことをおすすめします。

日本での虫歯予防に対する意識

北欧では予防歯科の受診率が80~90%だと言われています。北欧の方は、ほとんどの人が当然のように虫歯予防に気を使っているということになりますが、残念ながら、日本の予防歯科受診率はたったの5%ほどとされ、この意識の差が子供の虫歯の数に反映されていると考えられるのではないでしょうか。
日本国内だけで見ると、近年では子どもの虫歯予防に対する意識が高まっているかのように思えるかもしれませんが、こうやって比べるとまだまだ意識が低いのが現状です。この現実を重く受け止め、子どもの虫歯を防ぐために歯医者さんに通うという習慣をきちんとつけてあげるようにしましょう。

北欧では有名なキシリトール

小児歯科 北欧

キシリトールとは

北欧から広まったキシリトールは、白樺などに多く含まれる甘味炭水化物です。砂糖と同じくらいの甘さがあるにもかかわらず、カロリーは砂糖の75%ほどです。
虫歯菌は砂糖を分解して酸をつくります。その酸により歯が溶けることを虫歯といいますが、砂糖と違ってキシリトールからは酸がつくられません。
また、キシリトールは虫歯菌にとり込まれると菌そのものの力が弱められるので、虫歯菌を減らす効果も期待できます。キシリトールを長期的に継続して摂取することで、虫歯菌が減っていき虫歯が予防できるというわけです。
さらに、キシリトール配合のガムは、かむことでだ液の分泌が高まる効果が期待できます。だ液には歯の汚れを洗い流す自浄作用があるうえに、表面が溶けだした歯を元の状態に戻す再石灰化作用もあるので虫歯予防に欠かせません。

キシリトールの選び方

歯医者さんで入手できる歯科医院専売品の「キシリトール100%のもの」を購入することをおすすめします。「キシリトール配合」と書かれていても、50%以下しか配合されていないものからは虫歯予防効果が得られません。たとえキシリトールが配合されていても、ほかの糖類が含まれていては効果が期待できないのです。特に砂糖を使用しているものは避けるようにしてください。

 キシリトールの効果的な摂取法

キシリトールは、1日5~10グラムを3回以上にわけて摂取するとよいといわれています。
歯医者さんで売られているキシリトール100%のガムには、1粒あたりおよそ1.3グラムのキシリトールが入っているため、朝・昼・夜・寝る前の1日4粒を口にするとよいでしょう。
ガムをかむだけですから、小さなお子さんでもおいしく手軽に虫歯予防ができます。寝る前にガムをかむことを心配されるかもしれませんが、砂糖を使っていないキシリトール100%のガムであれば虫歯菌は歯を溶かす酸を出さないので、虫歯になる心配はありません。

まとめ

お子さんの大切な歯を虫歯から守るために、ここでご紹介した北欧の虫歯予防の考え方をすぐにでもとり入れてみてはいかがでしょうか。実際に虫歯の数が激減した効果的な方法ばかりですから、実践する価値はあるでしょう。
また、虫歯ができてから歯医者さんに行くのではなく「虫歯ができないように定期的に通うところ」という意識を持ち、お子さんにもそのような習慣をつけるようにしてあげてくださいね。

不正確な情報を報告

どうして虫歯の子どもが少ないの?北欧諸国の小児歯科事情

監修医 野崎康弘先生

ジェイエムビル歯科医院

住所
東京都台東区蔵前2-6-3 ジエイエムビル5F