目立たない・取り外せる矯正、マウスピース矯正ってなに?


179 View

かみ合わせが悪くて食べ物をきちんとかめない。夜寝ている間、口呼吸になってしまう。歯並びが悪いと見た目だけでなくお子さんの順調な成長過程にも大きな影響を及ぼす問題になることがあります。
以前の日本ではマウスピース矯正は歯列矯正の補助的な存在でした。近年、マウスピース矯正を主体にした矯正方法が注目されています。ここではマウスピース矯正ってなに?お子さんにマウスピース矯正は大丈夫なの?などについて報告します。

マウスピース矯正ってなに?

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正は、透明なプラスチック製の矯正器具を使用するので、目立つことがなく、矯正をしていることをあまり知られたくない人におすすめの方法です。
以前は比較的軽い症状の矯正や、ブラケット矯正の仕上げの段階で使われたりしていました。近年はマウスピース矯正の開発が進み、マウスピースを主体とする歯列矯正治療がクローズアップされるようになりました。

子どもにマウスピース矯正は向いてるの?

子どもの矯正にはマウスピースを使ったものや、プレートを使った床矯正があります。マウスピースはおもに正しい歯列に近づけるために、床矯正は歯の入る幅を広げる方向で行います。
どちらもお子さんの成長を生かした治療方法でマウスピースもプレートも自分で取り外しができるのが特徴です。お子さんの歯の状態でどのような治療方法になるかわかれるところですので、まずは小児歯科の歯医者さんにご相談ください。

目立たない矯正方法

透明に近いマウスピース型の矯正器具は従来の金属などのワイヤーとブラケットの矯正と比べると非常に目立ちにくいのが特徴です。
歯並びが悪くて治したいけれども治療をしていることがわかるのはちょっと…という要望に答える矯正方法といえるので、お子さんの矯正中の精神的負担を和らげることにもつながる治療法です。

取り外しが可能になる

従来より多くの治療法として採用されてきたブラケット矯正は一度器具を装着すると治療が終わるまで自分で器具をとることができませんでした。 マウスピース矯正は食事やブラッシング時など場合に応じて自分で着脱することが可能なので、生活の中に溶け込む矯正方法と言えるでしょう。

痛みが少ない

マウスピース矯正のマウスピースは金属などのワイヤーを使用せず医療用のプラスチックでできています。以前の矯正方法と比べると痛みが少なく、 硬い器具で唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまうという心配がありません。
治療している間に装置が歯から外れてしまって歯医者さんに駆け込むなど、緊急性が少ないことも特徴のひとつです。より自分のペースで進められますね。

マウスピース矯正海外での考え方

海外では1998年ごろから、マウスピース矯正の開発が進んできました。コミュニケーションを図る上での笑顔の大切さ、話す言語の発音の違いなどから、日本よりも歯並びが良いことがより重要視され、人々の関心度も高かったようです。

マウスピース矯正がおすすめできる人

矯正治療を他人に知られたくない人

マウスピース矯正は透明なマウスピースを使用するため、笑っても矯正器具が見えにくいです。矯正治療を行っていることを周りの人に知られず歯並びを治すことができます。お子さんの治療中の精神的負担を減らし、いつもと変わらない生活の中での矯正治療を進めることができます。

仕事上、ブラケット装置を使用できない人

ブラケット矯正はブラケットを一つ一つの歯に接着し、ワイヤーでつなげる矯正方法です。話したりブラケットが見えてしまい矯正していることがわかってしまいます。人前に出る仕事をしている人、お客様の対応に当たる人などは矯正していることがわかると都合がわるいものです。
マウスピース矯正はほとんど透明なマウスピースを使用するのでそんな職業の方の矯正方法としておすすめです。

激しい運動をしている人

激しい運動をしている人はマウスピースを使った矯正がおすすめです。ブラケットはでこぼこしている上、材質が硬いものを使用しているので、運動をしている間に口の中を痛めてしまうことがあります。
マウスピース矯正はマウスピースが歯を保護してくれる役割も担いますし、つけはずしが自由なので、スポーツマウスガードにつけかえることも可能です。

楽器を演奏する人

楽器を演奏する人の場合は、器具が楽器に当たったり、唇の繊細なタッチが気になる方、舌や唇の力によって逆に歯並びが悪くなってしまう方もいます。マウスピース矯正は必要な時に自分で外したり着けたりできるために、楽器の練習をしながらでも歯列矯正が行える利点があります。
お口の筋肉を鍛える筋機能療法をあわせて行うと、歯並びの改善により役立ち、以前より、楽器が吹きやすくなったという例もあるようです。

金属アレルギーの人

マウスピース矯正は金属を一切使いません。材質はゴムよりも軽く耐久性のあるポリウレタン素材が多いので、特に金属アレルギーの方や金属アレルギーではないかもしれないけれど口の中に金属を入れるのが心配な方にはおすすめの治療方法です。

治療の流れ

カウンセリング・精密検査

小児歯科ではお子さん、親御さんと相談しながらお子さん個々の悩みや希望などを聞き、歯医者さんが現在の口の状態をチェックすることから始めます。そしてケースにあった必要な治療方法、期間、料金の説明を行います。
これでやりましょうということになればお口の中の写真やレントゲン撮影、歯型をとります。同時に歯のクリーニングなども行います。

マウスピース用の歯型をとり、シュミレーションを行う

マウスピース矯正において、一つの型で移動できる歯の距離は多くても1ミリほどです。少しずつ動かすのでいくつものマウスピースを作成するために、最初のシュミレーションが重要になります。
インビザラインの場合は最初にとった型でほぼすべての型を初めに作成します。アソアライナーの場合はその都度作っていきます。アソアライナーは対応できる症状が限られるのも特徴です。

治療開始

DENマウスピースは寝ているあいだの8~10時間つけていることによって弱い力をかけ、少しずつ歯を動かしていきます。治療期間中は、来院ごとにマウスピースの調整をしていき、定期的に新しい型をとって新しいマウスピースをお渡しするという流れになります。

定期検診

治療が始まると、来院はおおよそ1か月から3か月ごとになります。その際、歯とマウスピースがきちんと合っているか、口内の衛生状態などを把握します。必ずマウスピースをつけた状態で来院してください。
マウスピースの種類によっては来院ごとに新しいマウスピースの型を取る場合もあります。

治療完了と保定

治療が終わった後には保定という作業が残っています。移動した歯がもとに戻らないよう安定させるためにリテナー(保定装置)をつけて一定期間過ごします。
個人差がありますが、およそ1年から3年ほどです。しばらくは24時間つけていることが望ましいです。1年半ほど経つと夜寝ている間つけていればよくなります。

マウスピースのデメリット

マウスピースを1日20時間以上装着する必要がある

マウスピース矯正は少しずつ歯を動かしていく治療法なので、マウスピースを長時間つけていなければいけないというデメリットがあります。お子さんの場合ずっとつけているのはつらいこともあります。矯正してよくなることを説明して、お子さんが少しでも前向きに矯正に取り組むようにしていくとよいでしょう。

歯ぎしりするとマウスピースが壊れる

マウスピースは型取りして、一つのピースを歯にかぶせる方法をとりますので、歯ぎしりが激しい人などはマウスピースが壊れたり、穴があいてしまったりすることがあります。永久歯に生え変わる前のお子さんの場合はかみ合わせが完成していないので不安定になり歯ぎしりが起こる場合もあります。
ストレスなどで歯ぎしりが起こる場合もあるので、日頃からストレスを貯めない生活を心がけることも大切ですね。

虫歯のリスクが高くなる

マウスピース矯正は、マウスピースを歯にかぶせて歯を少しずつ動かしていく治療法なので、歯とマウスピースの隙間に食べ物などがはさまったり細菌に対応する唾液が出にくくなるので虫歯ができやすくなります。マウスピースをきれいに保つことと、毎食後のていねいなブラッシングが大切になります。

奥歯までしっかり噛み合わせ出来ないこともある

マウスピース矯正は少しずつ歯を動かしていく方法なので、奥歯のかみ合わせの調整が必要な場合など大きく歯を動かす必要のある治療には向いていません。お子さんにあった矯正方法をぜひ歯医者さんとご相談ください。

ねじれ、ズレが大きいと時間がかかる

歯のねじれやずれが大きいと治療が長期にわたる場合があります。ねじれの原因はおもにあごが小さいことによるもので、前歯に現れることが多く、この場合もマウスピース矯正では矯正が難しくなることもあるので、どの方法を選んだらよいか歯医者さんにご相談ください。

マウスピース矯正へのよくある疑問?

従来の矯正方法と違い、治療できる範囲が決まっているのでは?

インビザライン、アソアライナー、イークライナー、DENマウスピース、オペラグラス、アクアシステム、エシックスなど、マウスピース矯正にはさまざまな種類があり、お値段も相性もさまざまです。お子さんの歯の状態によって使用される器具が変わってきますので、一度歯医者さんにご相談されるとよいでしょう。

従来の矯正方法と違い、治療期間が長くない?

マウスピースを使った矯正の治療期間は初めのお口の中の様子で長くなったり短くなったりします。1日の装着時間なども影響してきます。一概には言えませんが、例えば、前歯だけの部分的な場合には6か月から1年。ほとんどの治療が1年ぐらいで終わるとうたっている歯医者さんもあります。
マウスピース矯正は実際に患者さんがつけはずしを行うので、早期の治癒には、歯医者さんと患者さんの協力も不可欠です。

マウスピースを着けていると話しにくいのでは?

やはりつけ始め、慣れないうちは少し違和感があるようです。でも、2,3日するとだんだん慣れてきて、1週間もすれば前と同じようにお話しができるようになるようです。
これも個人差があります。とても違和感があるとおっしゃる方もあるようですが、人の体は大抵の場合慣れてしまうものなので、少し様子を見ていただくとよいでしょう。大事な会議などでは自分で取り外しも可能です。

どこのマウスピースも同じではない?

最新のマウスピース制作には3Dスキャナーが使われるようです。お口のなかを3Dスキャニングして、歯型のデータをマウスピース制作現場におくります。
そのため患者さんの症状にフィットした、ぴったりのマウスピースが作られるのです。インビザラインの場合は治療終了までのマウスピースが一度に作られるので、仕上がりまでに1か月ほどかかる場合があるようです。

従来の矯正よりも価格が高い?

マウスピース治療の価格は歯の状態によって使われるマウスピースの種類も変わるので一概に言えません。全体的にマウスピース治療は、従来のブラケット治療に比べて価格が安いことも最近注目されている理由の一つのようです。
カウンセリングで歯の状態を詳しく調べてもらい、どんな治療法がいいのか相談して、きちんと予算を出していただけると安心ですね。

まとめ

いかがでしたか。以前より身近な治療法となったマウスピース矯正、ゆっくり動かす治療なので、少し長めの治療期間になるかもしれませんが、あまり目立たないのと、お子さんの成長とともに無理ない治療ができるところがメリットです。
食べるとき以外はつけておくという場合もありますし、1日7~8時間の装着という場合もありますので、歯医者さんとよく相談なさってお子さんに一番よい方法を選択してあげるとよいでしょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

目立たない・取り外せる矯正、マウスピース矯正ってなに?

監修医 高橋貫之先生

本町通りデンタルクリニック

住所
大阪府大阪市中央区本町2-6-5