取ったほうがいい?子どもの歯石を正しくケアする方法

子ども 歯石

取ったほうがいい?子どもの歯石を正しくケアする方法

「子どもが歯石取り?」と思う親御さんもいるかもしれませんね。実は、歯石は赤ちゃんでもつくもので、子どもの歯にも知らず知らずについているもの。歯石は放っておけば虫歯や歯周病などになりやすい環境を作りだすため、できるだけ除去することが予防歯科のうえでは重要です。この記事では、子どもの歯石除去について、歯石の基礎知識から紹介していきます。健康な子どもの歯を守るためにできることを知っていきましょう。

11,641 View

子ども 歯石

子どもも歯石を取った方がいい理由とは?

ばい菌が繁殖しやすいから

子どもでも歯石がついた状態というのは好ましくありません。その理由のひとつは、ばい菌が繁殖しやすくなるということです。歯石は、歯垢が固まったものですが、そこは虫歯や歯周病などが増えやすい環境なのです。歯石を除去することでそれを防ぐことができます。
しかし、赤ちゃんや小さな子どもの場合は、虫歯や歯周病が繁殖しにくいので歯石を取る必要はありません。唾液分泌が多いため、ばい菌が繁殖しにくいためです。

口臭予防も期待できる

なかには、お口のにおいで悩んでいるお子さんも少なくないようです。口臭が気になって授業に集中できなかったり、友だちとの関係に支障をきたしたりする例もあるようです。そんな場合、歯石を取ると改善される可能性があります。
歯石は虫歯菌や歯周病などのばい菌の巣になっていることがあり、それらが悪臭を放つため、巣ごと排除してしまえば悪臭が出る心配がなくなるのです。もちろん、これは口臭の原因が歯石にある場合ですが、気になるのであれば念のために歯石除去を試してみましょう。

毎日の歯磨きと歯医者さんでケアを

歯石を防止をするためには、毎日の歯みがきが欠かせません。歯石は歯垢が固まってできたものですので、歯垢の段階で除去すれば、歯石の発生を抑えることができます。もし、歯石がついてしまったら、なかなか自宅ではケアできません。もし、仕上げ磨きの際などに歯石に気づいたら、歯医者さんに行って歯石を取ってもらいましょう。

そもそも歯石とは?歯石の基礎知識

歯垢が歯石の原因

歯石とは、歯垢が固まったもののことをいいます。歯垢の段階では白くネバネバしたカスのような状態ですが、歯石になると歯にこびりついてしまい、その名の通り石のようになります。歯石になるには、数日から2週間程度かかるため、毎日の歯みがきで歯垢を落とせば歯石がつくのを防止することができます。こういった理由から、どれだけ歯みがきが大切なのかがおわかりいただけるでしょう。

歯石が毒素を出す!?

歯石は、それ自身が毒素を含んでいます。石と書きますが、ただの石ではないのです。そのまま放置しておけば、毒素が出続けてしまいます。その状態が続けば、当然歯や口にも悪影響が及ぶでしょう。そのため、定期的な歯石のケアが大切になります。また、歯石が歯の表面につくと、表面が凸凹してさらに細菌がつきやすくなり、虫歯や歯周病などのばい菌が住みつきやすくなります。

歯石がつきやすい場所とは?

歯石は、歯と歯の間や、歯茎との境目などに溜まりやすい性質があります。歯全体を見ると、下の前歯の内側や、上の奥歯の外側につきやすいです。そのため、仕上げ磨きの際には、歯垢の磨き残しのないようにしてください。歯石がつく場所は磨きにくい場所ともいえます。子どもにもよく磨くようにいい聞かせ、歯石になる前の歯垢の段階で除去してしまいましょう。

すぐ歯石がつく!その原因とは?

子ども 歯石

ブラッシングの方法が悪い

すぐに歯石がついてしまうという悩みも多いようです。もし、お子さんに当てはまるのであれば、ブラッシングの方法を見直した方がいいでしょう。歯石は歯みがきが十分でないとつきやすくなります。ちょっとくらい歯垢が残っていても…と思ってきちんと歯みがきをしないと、あっという間に歯石に変化してしまっていることもあります。このような状況を防ぐために、小学生まではお口の中に歯垢を残さないように、親御さんの仕上げ磨きは必須といえるでしょう。

唾液の分泌が関係している?

唾液の分泌が多いと、歯石がつきやすくなります。もし、お子さんの唾液のph値がアルカリ性に寄っているならば、それが原因で歯垢が歯石に変化しやすくなっているのかもしれません。歯垢は、唾液の中にあるカルシウムやリンなどのミネラル分と結合することでに歯石になるというメカニズムがありますが、それをアルカリ性の唾液が促進するのです。
ただし、アルカリ性の唾液は虫歯になりにくくしてくれる特徴もあります。歯石はつきやすくなりますが、虫歯を防ぐものですので、一概に悪いとはいえません。虫歯になりにくいのに歯石が多い人は、このような特徴を持っている可能性があります。
ph値について気になるようなら、唾液検査をすることでも調べることができます。一度歯医者さんで検査を受けてみるといいでしょう。

歯並びが悪い

歯並びが悪いと、ブラッシングだけではきれいに磨き切れず、知らず知らずのうちに歯垢が歯石へと変わってしまいます。凸凹した歯ならびでは、歯と歯の隙間が磨きにくかったり、歯ブラシが入りにくく届かなかったりすることがあるためです。

歯列矯正をしている

矯正器具をつけていると、どうしてもお口の中のケアが行き届きません。取り外しができる矯正器具などならいいですが、ブラケット矯正などは歯みがきがしにくく、歯みがきをしてもブラシが十分に届かなかったりして歯垢が取り残されやすくなるのです。加えて、歯列矯正をしているときにはお口が閉じにくくなることが多く、お口の中が乾燥しやすくなります。このような状態では歯垢がつきやすく、きれいにブラッシングで落とすことが難しいため、歯石がつきやすくなります。

歯石予防のためにしたいこと

3か月〜6か月に一度の定期検診が大切

幼稚園や学校でも歯科検診などを行いますが、歯石除去までしてくれるわけではありません。例え学校で虫歯のチェックをしていたとしても、3か月〜6か月に一度の定期検診に自主的に行くことが大切です。虫歯チェックと合わせて歯石も見てもらい、溜まっているようなら取ってもらいましょう。
歯石除去は保険が適用される施術です。費用は1回数千円程度ですが、虫歯になれば何度も通院せねばならず時間も費用もかかるため、3か月〜6か月に1度ですむものなら、定期的に歯石除去を受けたほうがいいでしょう。

正しいブラッシング方法を教えてもらおう

歯医者さんへ定期検診へ行くついでに、正しいブラッシングの方法についても教えてもらいましょう。日ごろ使っている歯ブラシを持っていけば、医師や歯科衛生士が丁寧に教えてくれます。お子さんだけでなく、親御さんの仕上げ磨きについてもしっかり確認しておきましょう。
また、デンタルフロスも日々のケアにとても有効なものです。しかし、正しい使い方を理解していない方も多いと思います。正しいブラッシングだけでなく、正しいデンタルフロスの使い方も教えてもらえば、毎日のデンタルケアの質はより一層アップするはずです。

歯並びが悪ければ歯列矯正も

歯並びが悪い場合は、歯列矯正を考えてもいいでしょう。歯並びが凸凹な状態では、将来的にも歯石が溜まりやすく、お口のトラブルに悩み続けることになります。子どものうちから歯列を整えておけば、歯石が溜まりにくく、健康な歯をキープできる可能性も高くなります。歯列矯正をするかどうかは、歯医者さんに相談しながら、その必要性を考えてもいいでしょう。

まとめ

子ども 歯石

歯石は、毎日のブラッシングで歯垢をきれいに落とすのが予防法です。歯茎の境目や奥歯の外側など、磨きにくい場所に特に歯石がつきやすいです。必ず仕上げ磨きで、お子さんの歯をチェックする習慣をつけるようにしてくださいね。一旦歯石ができてしまうと、歯医者さんでなければ取り切ることは難しいでしょう。もし歯石がついてしまったら定期的に除去するよう、日ごろから意識しておくことも重要になります。

不正確な情報を報告

取ったほうがいい?子どもの歯石を正しくケアする方法

監修医 飯田尚良先生

飯田歯科医院

住所
東京都中央区銀座1-14-9 銀座スワロービル 2F