日本人に多い口蓋裂。診断されたらどうすればいいの?


73 View

妊娠中のお母さんは、お子さんの誕生を待つよろこびだけでなく、先天性の病気の可能性など、不安も多く抱えているでしょう。しかし、しっかりとした知識があれば、そうした心の負担を減らせるはずです。日本人に多い先天性異常といわれる口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)ですが、現在500人に1人の割合で発生しています。そこで、今回は口唇口蓋裂の一種である「口蓋裂」の症状や対処方法などについて詳しく説明します。

口蓋裂ってなに?その症状や原因は?

まずは口蓋裂を知ろう

口蓋は、「お鼻の空間(鼻腔)」と「お口の空間(口腔)」をわける壁のことです。この壁は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で成長するときに、顔の左右から伸びるいくつかの突起がくっつくことによってつくられます。
しかし、くっつかない部分があるとそこに裂け目が残って、口腔と鼻腔が繋がったままの状態、つまり「口蓋裂」になります。口蓋裂は裂け目の残り方によって、さまざまな型があります。
口蓋全体が切れているケースや、軟口蓋(なんこうがい)と呼ばれる口蓋の奥だけに裂け目があるケースもその一つです。見た目は正常でも口蓋の粘膜の下の筋肉が切れているケースなどもあります。

口蓋裂の原因は?

・妊娠の初期(顔や口蓋がつくられる2~3か月ごろ)に赤ちゃんに異常な力が加わる
・お母さんの精神的なストレスや栄養障害
・副腎皮質ステロイド薬や鎮痛剤など形態異常を誘発する薬の使用
・風疹(ふうしん)にかかる
・放射線照射を受ける

以上のような、さまざまな要因が考えられます。 しかし、実際のところ、口蓋裂の7割は原因不明というのが現状です。

口蓋裂の症状は?

母乳やミルクを吸うことが困難となる哺乳摂食障害(ほにゅうせっしょくしょうがい)や見た目にかかわる審美的な問題、正しい発音がしづらくなる発音障害などが主な症状です。また手や足、耳などの形態異常や、心臓の形態異常を合併することもあります。
口蓋裂では口腔と鼻腔をへだてる壁が裂けているため、鼻咽腔(びいんくう)が食べ物で汚染されて、結果的に扁桃炎(へんとうえん)や中耳炎を引き起こしやすくなります。

診断の方法と、診断されたときの対応法

どんな時にわかるの?気をつけることは?

妊娠中に赤ちゃんの口蓋裂が診断されるケースは二通り考えられます。ひとつは通常の妊婦健診の超音波検査で偶然発見される場合と、もうひとつは口蓋裂などを心配されるお母さんが、自ら超音波検査を希望して発見される場合です。
超音波検査機器の性能も向上していますが、出生前に口蓋裂が発見できないことも少なくありません。また、生まれてからは目視でもわかりやすい口蓋裂ですが、お顔からは口蓋に裂け目がないように見えても、粘膜の下の筋肉の断裂がおきているケース(粘膜下口蓋裂)もあるため注意が必要です。
赤ちゃんのおっぱいを吸う力が弱い場合や、鼻にかかったような発音が気になる場合は、小児科の病院や小児歯科のある歯医者さんに相談してみましょう。

どんな治療をするの?赤ちゃんは大丈夫?

口蓋裂の赤ちゃんのほ乳を助ける解決策として、口蓋裂専用人工乳首の利用を検討してみましょう。また、裂け目がある一定の大きさを超えるケースでは、ホッツ床と呼ばれる哺乳床(プラスチックのプレート)をお口にはめることで、ほ乳ができるようになります。
口蓋裂の手術は、言語の発達面を考慮して生後12~18か月ごろに行うケースが一般的です。しかし、早期の手術は、その方法によって上顎の成長発育を妨げることもあるため、歯の噛み合わせが悪くなる場合があります。
そうした心配を減らすために、軟口蓋部を12か月ごろ、硬口蓋を18か月ごろと、2回に分けて手術を行うケースもあります。
将来的に成人するまで治療を続けます。口蓋裂では歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科、形成外科、耳鼻咽喉科、小児科、一般歯科などによる総合的な治療が必要です。

手術のあとの発音訓練と継続的な治療も大切です

手術のあとに必要なのが言語治療です。歯医者さんなどで正しい発音ができるように治療・訓練を行ないます。また、手術のあとも鼻咽腔の閉鎖が不十分なケースでは、発音が鼻にかかったような声になります。
こうした場合は、スピーチエイドと呼ばれる補助器具を装着することで改善が期待できます。口蓋裂の赤ちゃんは、もともと上顎の発育が不十分なことが多いうえに、手術による傷あとも影響するため、さらに発育が悪くなっています。
そのため上顎の成長が悪くなることから、下顎の前歯が上顎の前歯より前に出てしまう反対咬合(はんたいこうごう)が高い頻度で発生することになります。
また歯胚(歯の芽)がないために歯が生えてこなかったり、歯並びや噛み合わせが悪くなるため、矯正治療も欠かせません。また、中耳炎を引き起こすことも多いため、耳鼻咽喉科によるフォローアップも必要です。

まとめ

口蓋裂は、授乳の難しさ、審美的な問題、言語障害、外科的な矯正の必要性、歯列・咬合の問題、中耳炎の発生しやすさなどのさまざまな問題を引き起こします。
もしも、お子さんが口蓋裂の診断を受けた場合は、適切な時期に適切な治療を受けることで、周囲の視線を気にせずに自由に食べることも話すこともできます。
出産直後から成人までの長期間にわたる、一連の治療を欠かさないためにも、歯医者さんをはじめとする各分野の先生に相談してみましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

日本人に多い口蓋裂。診断されたらどうすればいいの?

監修医 高橋貫之先生

本町通りデンタルクリニック

住所
大阪府大阪市中央区本町2-6-5

このまとめ記事に関するタグ

コラム