6歳臼歯が気になる時期…正しい歯みがきケアが知りたい!

6歳 歯みがき

6歳臼歯が気になる時期…正しい歯みがきケアが知りたい!

6歳ころになると自我もしっかりしてくるので、自分で自分のことができる範囲も増えてきます。手間がかからなくなり親としても安心かもしれませんが、まだまだしっかり気にしてあげてほしいことが歯みがきです。どんなにしっかりした子どもでも、この頃は歯みがきで磨き残してしまうことも多く、それが原因で虫歯が発生してしまうことも少なくありません。6歳は6歳臼歯が生えてくるタイミングであり永久歯の生えかわり時期でもあることから、虫歯にならないように特に気をつけてあげたい時期です。この記事では、6歳くらいのお子さんをお持ちの親御さんに向けて、正しい歯みがき習慣について知っていただきたいと思います。

2,590 View

6歳児のための正しい歯みがき習慣とは

6歳 歯みがき

子どもの「歯みがきスキル」を上達させよう

6歳は小学校就学を控えた年齢です。小学校に就学となれば、一人で磨く機会も増えてきます。一人で歯みがきしても磨き残しがでないように、前歯から奥歯まで一本一本丁寧に磨かせ、歯を磨く正しい順番を覚えさせましょう。虫歯予防をしっかりするためにも、より正しい歯みがきケアを身につけさせ、「歯磨きスキル」のさらなる上達をめざすことが大切です。

奥歯や永久歯はとくに重点的に

6歳になると、6歳臼歯が生えたり、乳歯が永久歯に生えかわりはじめます。生えたての頃の永久歯は、歯の質が柔らかく虫歯菌が繁殖しやすいため、特に丁寧に磨かなければ、あっという間に虫歯になってしまうこともあります。

この頃は子どもが自分で歯みがきする機会が多くなるので、生えたての歯が虫歯になりやすいことなど歯の知識や歯みがきの重要性を伝えて、奥歯や永久歯などはとくに入念に磨くように教えてあげましょう。「奥歯や生えかわりの部分はしっかり磨かなきゃ」と、自覚させることが大切です。

毎日歯みがきをしなければいけない理由を教えてあげましょう

歯が永久歯に生えかわり始めるこの時期は、「永久歯」について学ぶのにふさわしい時期です。永久歯とは、生えたあと一生使い続ける歯であることを教え、抜けてしまったらそこには歯がなくなってしまうので大切にしなければいけないことなどをわかりやすく教えてあげてください。そして、大切な歯を守るためには「毎日の歯みがき」が重要だということもしっかり伝えてあげましょう。

歯みがき粉選びにもこだわってみては?

6歳 歯みがき

歯みがき粉の役割

歯みがき粉を使うと歯垢を効率的に落とすことができるうえに、歯垢をつきにくくすることも可能です。食べ物による色素沈着も取り除けるので、白い歯をキープすることにも役立ちます。加えて、フッ素入りの歯みがき粉やキシリトール入りの歯みがき粉であれば、歯の強化にも期待できます。虫歯の予防効果をより高めたいときは、歯みがき粉の成分にもこだわることをおすすめします。

6歳児の子どもにはどんな歯みがき粉を選べばいいか

6歳くらいの子どもの歯みがき粉を選ぶときは、以下のポイントをおさえて選ぶといいでしょう。

・フッ素入りの歯みがき粉を選ぶ
・研磨剤が多い歯みがきは避ける
・泡立ちのいい発泡剤入りの歯みがき粉は避ける
フッ素入りの歯みがき粉を選ぶときは、フッ化ナトリウムが入っているかどうかを確認しましょう。モノフルオロリン酸ナトリウムよりも効果が高く、虫歯予防効果が期待できます。

研磨剤がたくさん入った歯みがき粉は、歯の表面を必要以上に削ってしまう恐れがあります。また、泡立ちがいい歯みがき粉は口の中が泡でいっぱいになるため、子どもにとっては歯みがきがしにくい製品といえます。これらの歯みがき粉を避けるには、ジェルタイプの歯みがき粉を選ぶようにしてはいかがでしょうか。
また、大人用の歯みがき粉はミントなどが配合されいるため刺激が強く、研磨剤も多く入っていることがほとんどなので避けるようにしてください。子ども向けの歯みがき粉を別に用意してあげるといいでしょう。

甘い歯みがき粉を使っても大丈夫?

子ども用の歯みがき粉は味がついているものも多いです。子どもが歯みがきを楽しみに思えるように、甘みやフレーバーがついたものを使っても問題ありません。甘みを感じるので「砂糖が入っているのでは?」と心配になるかもしれませんが、歯みがき粉に含まれる甘みは砂糖のような糖分ではなく人工甘味料です。

正しい歯みがき粉の使い方

6歳児は、歯みがき粉を0.5cm〜1cm程度を目安に使うといいでしょう。たくさんつける必要はなく、歯ブラシ全体に歯みがき粉がついている必要もありません。フッ素入りの歯みがき粉を使う場合は、歯みがき粉をできるだけ長く口の中にとどめておくようにすると歯にフッ素が付着しやすくなります。うがいを少なめにするとより高い効果が期待できるので、水で1回くらい、5秒ほどのうがいで済ませるようにしましょう。また、つけすぎるとすすぎにくくなりますので、適量を守って使ってください。

仕上げ磨きにも力を入れて

6歳臼歯は生え始めに気づきにくい

6歳ころの子どもが仕上げ磨きするときは、6歳臼歯が生えてきていないか日々チェックするようにしましょう。生え始めのころの6歳臼歯は、生えていることを気づきにくいので、磨き残しができてしまいやすいです。6歳臼歯に気づいたときには、すでに虫歯になっているケースもあります。必ず奥歯をのぞいて観察し、歯茎が腫れている、白いものが見えるなど「6歳臼歯が生える予兆」がないかを見逃さないようにしてください。

6歳臼歯は磨きにくく虫歯になりやすい

6歳臼歯は一番奥に生えてくる歯のため、子どもでなくとも歯ブラシが届きにくく、歯みがきしにくいです。子どもに口を開けてもらっても、よく見えないこともあります。また、かみ合わせの凸凹も複雑なので、汚れもたまりやすく、汚れをとるのも大変です。そのため、虫歯にもおかされやすくなります。6歳臼歯が生えてきたら、仕上げ磨きに一層の力を入れるようにしてください。

ママとパパで仕上げみがきを

お母さんだけが仕上げ磨きをする家庭や、お父さんだけが仕上げ磨きをするという家庭があるかもしれませんが、歯みがきの癖などにより、大人であっても磨き残してしまう場合もあります。そのため、お父さんやお母さんが交代しながら仕上げ磨きをすると、磨き残しがなくなる可能性が高くなるでしょう。お母さんだけ、お父さんだけでは気づけなかった子どもの口の中の変化に気づくこともできるので一石二鳥です。最近は家事や子育てを分担する家庭が増えてきています。子どもの虫歯予防のためにも、子どもの仕上げ磨きについても交代で分担するようにしましょう。

親がしてあげられるプラスアルファのデンタルケア

6歳 歯みがき

フッ素塗布でしっかり虫歯予防

いつもの歯みがきケアだけでは虫歯を予防しきれない可能性もあります。食べかすや歯垢などの汚れを取っているだけでは、歯の強化は叶わないからです。フッ素塗布でさらに虫歯予防を強固なものにすれば、虫歯予防に役立つでしょう。より高い効果を期待するなら、歯医者さんでフッ素塗布をしてもらうことをおすすめします。家庭でおこなうものよりも高い濃度のフッ素を塗布できるので、より高い効果が期待できます。

シーラントとの併用も効果的

シーラントはフッ素入りの合成樹脂などで歯の表面の凸凹を覆うものです。子どもの歯の細かな溝を埋めるようコーティングして、汚れが溜まるのを防ぎ磨き残しによる虫歯のリスクを減らす役割があります。フッ素塗布などはもちろんのこと、シーラントも併用すればさらに高い虫歯予防効果が期待できるでしょう。

定期的な歯科検診を

虫歯治療は、早期であれば歯を削らずに治療できます。そのため、できるだけ早くに見つけられるよう、半年に1度など、定期的に歯科検診を受けるようにしましょう。日本ではまだまだ予防歯科の考えが広まっていませんが、フッ素塗布などのついでに、歯科検診を受けることをおすすめします。

まとめ

6歳ごろは、6歳臼歯が生えたり永久歯へ生え変わったりと、口の中が変化を迎えるときでもあります。子どものころは歯質が軟弱なため虫歯になりやすく、デンタルケアに力を入れることが大切です。また、小学校に入学したあとに自分ひとりで歯みがきができないようだと虫歯リスクも高くなります。子どもに正しい歯みがき方法を教えてあげて、子ども自身の手でしっかりとしたデンタルケアができるように、家庭全体で心がけるようにしましょう。

不正確な情報を報告

6歳臼歯が気になる時期…正しい歯みがきケアが知りたい!

監修医 野崎康弘先生

ジェイエムビル歯科医院

住所
東京都台東区蔵前2-6-3 ジエイエムビル5F