美しいEラインが手に入る?歯並び矯正のススメ

美しい口元の基準、あなたはご存じですか?ここでは、美しい横顔の基準として挙げられるEラインについて触れながら、歯並びを矯正することの利点について触れていきます。自分ではなかなかチェックする機会がない横顔ですが、正面から捉える顔の印象とは違ったラインであることが多いです。また、あご周りの違和感などがより気になることもあります。Eラインは審美性だけでなく、自分のあご周りの状態に気づくヒントにもなるのです。

■目次
1.美しい横顔はEラインを整えることから
2.出っ歯と受け口の矯正で横顔美人に?
3.歯並びが整うとEライン以外にもうれしい変化が
4.まとめ

美しい横顔はEラインを整えることから

Eラインとは

Eラインとは、横顔から見た時の美の基準となるラインのことです。鼻の先端とあごの先端を結んだ時に、その線よりも外に唇が出ていないのがよいとされます。もちろん、唇が極端に引っ込んでいても望ましいラインとは言えません。

Eラインは、別名をエステティックラインと呼びます。Eラインという言葉は、1954年、歯科矯正医のロバート・リケッツが提唱し、用いられるようになりました。今では矯正歯科の世界だけでなく、美容に関わるさまざまな業界でもEラインといった言葉は使われています。

欧米とは違う日本のEライン基準

上記のEラインの定義は、欧米人を基準にしています。日本人は比較的鼻が低い傾向にあり、ロバート・リケッツが提唱したラインには少しそぐわないのです。そのため、上記のEラインの基準とは少し違い、日本では結んだ線から唇が少し触れるくらいがよいとされています。

具体的には、リケッツが提唱したのは、Eラインよりも上唇が4mm、下唇が2mmほど引っ込んでいるのが美しいとした基準でした。しかしそれを日本人に当てはめると、上唇はちょうどEラインの上にくる位置にあり、下唇は2mm前方にあるのが美しい基準となります。

かみ合わせが悪いと崩れるEライン

すべての場合に当てはまるわけではありませんが、かみ合わせが悪いとEラインが崩れる傾向にあります。例えば、出っ歯、受け口の人の横顔を想像してみると、鼻先とあごの先を結んだラインから、唇が飛び出てしまったり、極端に内側に引っ込んでしまったりしているのがわかると思います。ラインに唇が触れるくらいという基準が難しいのが理解できるのではないでしょうか。

顔を正面から見た時の歯並びも気になるものですが、Eラインをチェックしてみて、自身のかみ合わせや歯並びに問題がないかをチェックしてみてください。自身のかみ合わせの問題点が、より浮き彫りになるかもしれません。

出っ歯と受け口の矯正で横顔美人に?

出っ歯の特徴と矯正の治療方針

出っ歯は、かみ合わせが悪い不正咬合(こうごう)の中で、上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼ばれる症状です。Eラインに対して口元、特に上あごが前に出てしまい、横顔のバランスを乱します。上下の唇が閉じずに、前歯が唇から飛び出してしまうケースも少なくありません。

・治療方針

上あごが飛び出ているので、それを引っ込めるように治療していきます。装置を使って引っ込める方法と、抜歯をして骨を削り、飛び出た前歯を引っ込める外科手術があります。ワイヤーブラケットなどの装置だけで治療する場合も、抜歯が伴うことが多いのが上顎前突の治療です。

治療方針を見ると、口元を引っ込める手術であることは明確です。こうすることで、Eラインをはみ出た口の部分が引っ込み、望ましいEラインに近づきます。

受け口の特徴と矯正の治療方針

受け口は、不正咬合の中でも反対咬合などのケースで現れます。あごがしゃくれてしまう下顎前突(かがくぜんとつ)を伴う時もあります。横顔を見ると下あごが前に出ているので、Eラインとは遠い状態です。

・治療方針

ワイヤーブラケットなどで歯列矯正をして反対咬合を改善していく方法もあります。しかしかみ合わせが悪い、あごの骨が異常に発達している場合は、外科治療であごの骨を切断し、少し削りスペースを作って後方へずらすなどして治療しなければいけません。

あごの骨を削るなど土台から変える手術すれば、下あごは内側へと引っ込みます。これにてEラインをきれいに整えることができるのです。

また、上下の口がくちばしのように飛び出ているケースもあります。この場合も、出っ歯や受け口と同じように歯列矯正や外科矯正を行えば、きれいなEラインに近づくことができます。

抜歯の有無は個人差あり

抜歯をしてもいいかどうかは、人によって感じ方は三者三様です。「自分の歯はできるだけ抜きたくない」とあまり好意的に思わない場合、無理に抜歯をする必要はないかもしれませんが、著しく歯並びが悪い場合は、歯医者さんから抜歯をすすめられるケースもあります。特に大きく歯並びを変えなければ行けないケースでは、抜歯が伴います。

健康のための歯並びを考えていると、その副産物的なものとして、美しいEラインが手に入るくらいに捉えておいてもいいかもしれませんね。必ずしも歯列矯正で美しい横顔にすることを強いているわけではありません。

見た目の美しさだけでなく、健康のためにもかみ合わせの治療を考えましょう。歯を抜かない健康より、歯を抜いた方が得られるものが多いなら、抜歯も必要な治療です。受け入れなければいけないシチュエーションも想定して、歯医者さんに相談していきましょう。

Perfect white teeth of a woman. Macro studio photo. Horizontal.

歯並びが整うとEライン以外にもうれしい変化が

全身にうれしい影響が

歯並びが整うとかみ合わせがよくなって、身体のあらゆる不調がなくなることがあります。

例えば、顎(がく)関節症や肩こりなどが解消されるというのは比較的よく聞く話で、他にも、胃腸の消化不良なども発生しにくい状態になると言われています。一見関係のないことのように思いますが、かみ合わせが悪い状態は全身へ大きな影響を与えているのです。

もし、ひどい肩こりに悩んでいる、頭痛が日常的にあるという場合は、かみ合わせの治療で改善される可能性もゼロではありません。Eラインとは違うところでも、うれしい影響が得られるかもしれませんね。

虫歯などのリスクも防げる

どんなに歯並びがきれいでも、虫歯や歯周病だらけでは意味がありません。歯並びを整えれば歯磨きなどのお手入れもしやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクも減らすことができます。特に、歯がガチャガチャときれいに並んでいない場合は、歯と歯の隙間に汚れがたまりがちです。

この汚れの中に虫歯菌や歯周病菌が繁殖すれば、すぐにでも歯のトラブルに見舞われます。健康な歯を維持するためにも、歯並びやかみ合わせを整えることは大切です。

コンプレックスを軽減

歯並びが汚い、横顔に自信がないなど、コンプレックスを抱えている人は少なくありません。特に、これらのコンプレックスがあると、うまく笑えないという弊害が出てきます。

あなたは口元を隠しながら笑っていませんか?口を開けるのが恥ずかしくて、おしゃべりを我慢してはいないでしょうか?もしそうなら、歯列矯正でかみ合わせや歯並びを整えるといいでしょう。

歯並びが整えば横顔や笑顔にも自信が出て、コンプレックスを忘れることができます。歯列矯正は精神面の問題をも解決してくれるのです。

まとめ

歯並びを整える、かみ合わせをよくするのはEラインに限らずいいことばかりです。日本人は正面の姿ばかりを気にしやすい性質があるのですが、たまには自分の横顔もチェックしてみてはいかがでしょうか。もし、Eラインの基準を満たしていないのであれば、不正咬合などがないかチェックしてみるといいでしょう。Eラインは美しさの基準として認識されていますが、それだけでなく、口元の健康のバロメーターとしても捉えてみるといいですね。コンプレックスや身体の不調など、さまざまな影響を解消することができる、いいきっかけになるかもしれません。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

美しいEラインが手に入る?歯並び矯正のススメ

監修医 本部悠一郎先生

東葉デンタルオフィス

住所
千葉県船橋市本町7丁目23番地12号 東海神駅前ビル1F
ページトップへ