セルフライゲーションブラケットで痛み軽減、矯正期間短縮

従来のブラケット矯正から一歩進んだ新しい矯正治療装置として、セルフライゲーションブラケットが注目を集めています。
1990年代に発表されるや「矯正の歴史を変える」とさえ言われた画期的な矯正方法は、アメリカ国内で一大ブームを巻き起こし、現在でも多くの矯正歯科医院で採用されています。
治療の痛みが少なく、短期間での治療が可能となるセルフライゲーションブラケットを使った矯正治療とは、どのようなものなのでしょうか。メリット、デメリットやかかる費用や期間、ブラケットの種類など、セルフライゲーションブラケットでの矯正治療についてまとめてみましょう。

■目次
セルフライゲーション矯正とは?
セルフライゲーションブラケットの種類
セルフライゲーションブラケットの長所
セルフライゲーションブラケットの短所
セルフライゲーションブラケット費用と期間
まとめ

セルフライゲーション矯正とは?

アメリカ生まれの画期的矯正方法

セルフライゲーション矯正とは、矯正時に歯にかける力と摩擦を最小限に抑える「ローフォース、ローフリクション(Low-force, Low-friction=弱い力、弱い摩擦力)」のテクニックを生かした新しい装置を使った矯正です。
1990年代の半ばに、アメリカのデュイット・デーモン(Dwight Damon)博士が開発した「デーモンシステム」がその原点で、現在はほかにも複数のセルフライゲーションブラケットが各メーカーから発売されています。

装置の構造や見た目は従来のものと大差なし

セルフライゲーションブラケットも、歯の1本ずつにブラケットをとりつけ、そこにワイヤーを通すという構造では従来の矯正装置とあまり変わりません。セルフライゲーションブラケットが従来の矯正装置と大きく異なるのは、ブラケットの固定方法や力のかかり具合なのです。

 「セルフライゲーション=自己結紮」

従来の矯正装置ではブラケットをワイヤーに固定するためにゴムやリングなどを取り付けて「結紮(けっさつ)」する必要がありました。
これに対し、セルフライゲーションブラケットは「自己結紮」矯正装置。そのため、ワイヤーとブラケットにかかる摩擦力を抑えることができ、従来の装置に比べて歯にかける力を抑えながら矯正治療を進めることができるのです。

従来の10分の1の力で歯を動かせる

ブラケット自体がワイヤーを固定するセルフライゲーションブラケットによる矯正治療では、従来の矯正治療に比べてわずか10分の1の力で歯を動かすことができるといいます。これにより、従来よりも少ない力で、早く歯を望む位置まで動かすことができるのです。

セルフライゲーションブラケットの種類

デーモンシステム

セルフライゲーションブラケットの元祖といえるのが、アメリカのデーモン博士が開発した「デーモンシステム」です。「Ormco社」が販売しており、日本国内では「オームコジャパン」が取り扱っています。
矯正治療期間を従来の方法より平均20〜30%、最大で50%も短縮することが可能と言われ、結紮の必要がないので、一度の治療時間も短くすませることができます。

Clippy-C(クリッピー C)

日本の「トミーインターナショナル社」が「ローフォース、ローフリクション(Low-force, Low-friction)」の原理を生かして開発したのがセラミック製のセルフライゲーションブラケット「Clippy-C(クリッピー C)」です。
装置が大きく目立ちがちというセルフライゲーションブラケットの弱点を克服するため、ブラケットの素材に半透明のセラミックを採用。強度を保つ必要があるワイヤー接続部は金属製ですが、白色の金属・ロジウムでコーティングしているので目立ちにくいのが特徴です。
審美性とセルフライゲーションシステムならではの痛み軽減、治療期間短縮などのメリットを兼ね備えたブラケットです。

Smart Clip(スマートクリップ)

世界でもトップクラスの矯正材料メーカーである「3Mユニテック社」によるセルフライゲーションブラケットが「Smart Clip(スマートクリップ)™」です。ニッケルチタン製のクリップが簡単にワイヤーを固定、解放するため、ワイヤー交換も簡単で、矯正治療にかかる時間が短縮できます。
シンプル構造で口腔内の清潔を保ちやすいという特徴もあります。

クリアティSL

「Smart Clip(スマートクリップ)™」の機能性はそのままに、審美性にこだわった改良により生まれたのが、同じく「3Mユニテック社」の「クリアティSL」です。きめ細かいセラミック粒子を採用した半透明のブラケットで、より目立ちにくい仕上がりが魅力です。

セルフライゲーションブラケットの長所

早く歯が動くので矯正期間が短くすむ

ワイヤーや装置にかかる摩擦力を抑えたセルフライゲーションブラケットでは、弱い力で効率よく歯を動かすことができます。そのため、早く目指す場所まで歯を動かすことが可能となり、矯正治療の期間を短縮することができるのです。

弱い力で歯が動くので痛みが少ない

弱い力で効率よく歯を動かすセルフライゲーションブラケットによる矯正治療は、治療にまつわる痛みが少ないのも大きなメリットとなります。歯にかかる力は従来の10分の1程度と軽いため、大きな痛みが発生せず、矯正治療中も快適に過ごすことができるのです。

抜歯なしでも矯正することができる

セルフライゲーションブラケットでの矯正では、従来の矯正治療では必要だった抜歯を行うことなく矯正することができるケースもあります。矯正治療における抜歯の可能性を低下させる画期的な矯正装置と言えるでしょう。

従来の方法より通院回数を減らせる

効率よく歯を動かし、矯正治療期間を短縮するセルフライゲーションブラケットでの矯正では、従来の矯正治療より少ない通院で治療を完了することもできます。従来であれば4週間に1度程度必要だった通院が6週間に1度程度となるうえ、期間も短いので通院回数自体を減らすことができるのです。

セルフライゲーションブラケットの短所

比較的費用が高額になりがち

良いことずくめのセルフライゲーションブラケットですが、最大のデメリットはその費用です。セルフライゲーションブラケットは、一般的な矯正装置より高額になりがちな傾向があり、治療における費用が高くなりがちなのです。
総額制でない矯正歯科医院では、通院回数を減らせることで、高額な装置の費用を少しカバーできるケースもあります。

ほかの矯正装置より大きく口の中で目立つ

自己結紮するブラケット・セルフライゲーションブラケットは、装置にワイヤーを固定するクリップが内蔵されているのが特徴。そのため、一つひとつのブラケットが、従来のものに対して大きくなりがちな傾向もあります。
これまでの矯正装置より口の中で目立ってしまうのは大きなデメリットでもありますが、これを克服する新しいタイプのセルフライゲーションブラケットも発表されています。

セルフライゲーションブラケット費用と期間

セルフライゲーションブラケットの費用

一般的なワイヤーブラケット矯正より高額になりがちといわれるセルフライゲーションブラケットによる矯正。もちろん、症例やクリニックによって多少の差はありますが、総額で80〜100万円程度の予算が必要となるようです。

セルフライゲーションブラケットの期間

治療期間を短縮できるというのはセルフライゲーションブラケットによる矯正の大きな魅力。個人差はありますが、装置との相性がよいケースでは、1年ほどで治療が完了することもあるようです。一般的に、従来比20〜50%もの治療期間短縮があるとされています。

まとめ

ワイヤーの結紮を省いた特殊な装置を使って、弱い力で摩擦を抑えながら効率的に歯を動かすセルフライゲーションブラケット。「デーモンシステム」、「クリッピーC」などさまざまな装置が販売されており、多くの矯正歯科医院で採用されています。
少し割高ではありますが、治療満足度は高めのセルフライゲーションブラケットでの矯正、矯正治療を検討しているなら、選択肢に加えてみるのもおすすめです。

不正確な情報を報告

セルフライゲーションブラケットで痛み軽減、矯正期間短縮

監修医 本部悠一郎先生

東葉デンタルオフィス

住所
千葉県船橋市本町7丁目23番地12号 東海神駅前ビル1F
ページトップへ