矯正前に今すぐ改めよう!歯並びを損なう舌癖や指しゃぶりなどの悪習癖

舌を何も使わないときに、どのような位置に収まっていますか?舌先が前歯に触れず、舌全体が上顎にピッタリ沿うように収まっているでしょうか?歯列の乱れは、顎の大きさや位置など、先天的な要因もあります。特に、日本人は歯のアーチが縦長で前歯付近が狭くなりがちです。悪い舌癖などが、それを助長する大きな要因になっているのです。逆に、悪習癖を改善することで、生まれ持った要因を軽減できる可能性もあります。この記事では、歯並びを悪くする癖をはじめ、それが要因となるさまざまな不正咬合、今からできる舌の位置を正すためのトレーニング法などについて、詳しくご紹介いたします。

歯並びを悪くするのはどんな癖?

歯並びを悪くする原因は、先天的なものと後天的なものに大別できます。先天的なものでは、上顎が小さかったり、顎に対して歯が大きかったり、上下の顎の大きさのバランスが悪かったりといったことが上げられます。ご両親のどちらかにこうした問題がある場合には、子供も同じような歯並びになりやすいものです。

後天的な要因としては主に、この章で取り上げるさまざまな癖によるものです。特に舌の癖は、顎の成長や歯並びに与える影響が大きいものです。歯並びを悪くする癖を、具体的にご紹介しましょう。

舌の定位置が悪い

舌の定位置とは、咀嚼したり話したりしない状態で、舌が通常収まっているポジションのことです。理想とされる定位置は、舌の先端が前歯の少し後方にあり、上顎に沿ってピッタリと収まります。

舌が前歯には触れることはありません。舌の定位置が悪い人の多くは、前歯にいつも舌が接触していたり、舌が上顎に付かず下がっていたりするものです。

舌で前歯を押す癖

舌で前歯を押す癖は、舌の定位置が悪いことも関わっています。定位置がいつも前歯に触れる状態になっていると、前歯を継続的に前方へ押していることになります。また、こうした悪い定位置に舌がある場合には、飲み込む際、強く前歯を押してしまう動きになります。

飲み込む動作は、食事だけではありません。唾液を飲むなど、無意識のうちに1日およそ2000回程度行われているものです。つまり、その度に前歯を強く前方に押していることになるのです。

口呼吸(口を閉じない癖)

閉じた唇は、歯を後方に押さえる力があります。口呼吸が癖になっている場合や、いつも唇が開いている状態が多い場合には、外から押さえる唇の力が弱くなります。また、口呼吸が多くなると、舌の定位置が下がり、舌が前歯に接触しやすくなります。唇の押さえがない上に、舌で前歯を頻繁に前方へ押すことになるのです。

食いしばりや歯ぎしり

食いしばりや歯ぎしりの癖も、歯並びを悪くする大きな要因です。噛む力はとても強いものです。20代から30代の方の噛む力を平均すると、およそ60kgもの力が歯列に加わります。

無意識の食いしばりや就寝中の食いしばりは、歯列に過度の負担をかけ、歯並びを乱す要因になるのです。また、歯ぎしりも、強く噛みながら歯を左右に揺することになるので、歯並びに悪影響を与えます。

唇を噛む

前述した通り、唇を閉じると前歯を適度に後方へ押す力が加わります。しかし、唇を噛んだり、吸い込んだりする癖があると、歯を後方に押す力が過剰になり、歯並びに悪い影響を及ぼします。

指しゃぶり

指しゃぶりは、歯を前方に押す力を加えることになります。さすがに、大人になって指しゃぶりの癖がある人は少ないと思いますが、実は、幼少期のこうした癖が、大人になってからの舌癖につながっている場合もあります。

指しゃぶりによって前方に出た前歯を、無意識のうちに、もっと舌で押してしまう癖がついてしまうこともあるのです。

片側のみでの咀嚼

もともと噛み合わせが悪いと、左右均等に噛みづらくなるものですが、左右均等に噛める歯並びであったとしても、どちらが片側のみで噛んでしまう癖があると、片側だけに負担がかかり、歯列を乱す要因になります。前述した通り、噛む力はとても大きいので、歯並びに強く影響するものです。

頬杖、横向き寝、うつぶせ寝

外部から顎に偏った力が継続的にかかる癖にも要注意です。これには、頬杖、横向き寝、うつぶせ寝といったものが上げられます。些細なことのように思うかもしれませんが、実は矯正装置による力よりも、大きな力がかかっているものなのです。

 

 

悪習癖が要因となる不正咬合について

欧米の方から見ると、日本人の歯並びにはとても悪い印象があるものです。とはいえ、日本人の歯並びに対する意識が低いというわけではありません。欧米人はアーチが横に広い一方、日本人の歯列のアーチは縦長で狭いので、特に前歯の生えるスペースが少なくなりがちなのです。

これに、1章で紹介したような悪癖が加わると、その傾向が強まる可能性もあります。主な不正咬合とその原因となる悪癖を上げてみましょう。

乱杭歯(叢生)

乱杭歯とは、歯が重なったり、斜めになったり、捻れたりといった不正咬合のことで、叢生(そうせい)ともいわれています。犬歯などが前方に突出する八重歯もその1つです。

主に前歯の生えるスペースが狭いことが原因で、舌の定位置の悪さや、舌で前歯を押す癖、口呼吸、幼少期の指しゃぶりなどが、その要因にもなります。乱杭歯は、日本人の不正咬合でもっとも多く見られるものです。

出っ歯(上顎前突)

欧米人から見ると、日本人は出っ歯というイメージがあるものですが、これも歯のアーチの幅が狭いことが、大きな要因となっています。前歯の生えるスペースが少ないために、歯が前方に突出しやすくなるからです。

乱杭歯と同様に、舌のポジションが悪く、前歯を押す癖や口呼吸、指しゃぶりの癖があった方に多く見られる不正咬合です。

受け口(下顎前突、反対咬合)

受け口とは、下の前歯が上の前歯よりも前方で噛み合ってしまう不正咬合で、下顎前突や反対咬合とも呼ばれています。先天的に下顎が大きいために、噛み合わせが逆になるケースもあります。

大きく下顎が前にズレしまっている場合もあります。癖が原因となる場合には、舌の定位置が低く、舌の前歯を押し続けてしまうことなどが上げられます。

開咬(開口)

開咬は、歯を噛み合わせても、前歯がまったく接触できない不正咬合です。表記としては、開口と書く場合もあります。歯は、唇や頬などの外側の筋肉が押す力と、舌の筋肉が押す力のバランスが合うところに、自然と並ぶようになるものですが、そのバランスが悪いとさまざまな不正咬合を招くものです。

顎自体の位置が大きくズレている場合もあれば、舌で前歯を押す癖や口呼吸、指しゃぶりなどもその要因となりえます。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯とは、隣り合う歯が接触せずに、隙間ができてしまう不正咬合で、空隙歯列(くうげきしれつ)とも呼ばれています。歯の生えるスペースが狭くなることによる不正咬合とは逆に、顎が大きかったり歯が小さかったりすることで、隙間が空いてしまうというものです。

その要因となる癖としては、アーチを横に広げるように舌を前方へ押したり、口を開きっぱなしにしたりすることなどが上げられます。

深い噛み合わせ(過蓋咬合)

通常、前歯は、上の歯が下の歯を2ミリから3ミリ程度覆うように重なるものです。その重なりが深くなり、下の歯をほとんど覆ってしまうような深い噛み合わせも不正咬合の1つで、過蓋咬合(かがいこうごう)とも呼ばれています。

下顎に対して上顎が大きいといった、先天的な要因もありますし、舌で前歯を押す癖や、噛み締める癖なども、深い噛み合わせの一因となります。

前歯の左右のズレ(交叉咬合)

通常、上下の前歯の中央は一致するものですが、これが左右にズレてしまう不正咬合もあり、交叉咬合と呼ばれています。顎の位置の異常や顎の変形といった、顎自体に問題があるケースもあります。その要因となる癖としては、舌癖や口呼吸をはじめ、頬杖や横向き寝、片側での咀嚼などが上げられます。

 

 

舌の癖を自分で治す4つの基本トレーニング

悪い舌の癖はとても侮れないものです。無意識のうちに、1日に何度も何度も、歯列に悪影響を与え続けるものだからです。しかし、逆に考えると、舌を正しいポジションに収め、歯列に良い働きをするように改善すれば、歯並びを整える助けにもつながるものです。

矯正治療では、口腔筋機能療法(MFT)と呼ばれる方法で、舌を正しく使うためのトレーニングを併用するケースもあります。主なトレーニング法をご紹介しましょう。

スポットポジション

舌癖の改善で、一番の基本となるトレーニングです。舌の先端を尖らせて、前歯の少し手前に触れる動作を行います。前歯に触れるのではなく、前歯の少し手前の少し膨らんだ部分の手前になります。

ここが、何もしない時の舌を収める定位置の起点です。ここに舌の先端が収まり、舌全体が上顎に沿う形が、舌の定位置となります。まずは、この位置を覚え、舌の先端をここに収まる癖を付けましょう。

ポッピング

舌を正しい定位置に収められない要因としては、舌を上にキープしておく筋肉が衰えている可能性があります。舌を上にキープするためのトレーニングがポッピングです。

まず、スポットポジションに舌の先を当て、舌全体を上顎にピッタリ沿わせましょう。その状態をキープしながら、口を大きく開けていき、「ポン」と音が出るようにして、舌を上顎から引き離します。

オープン&クローズ

ポッピングと同じように、舌全体を上顎にピッタリ沿わせたまま、口を大きく開閉します。舌の裏側にある中央の筋(舌小帯)が伸びるように意識して、この動作を繰り返しましょう。オープン&クローズも、ポッピング同様に、舌を上げる筋肉を鍛え、正しいポジションにキープするためのトレーニング法です。

タングドラッグ

スポットポジションに、舌の先端を当て、舌全体を上顎にピッタリとくっつけます。この状態から、舌を喉の方へ移動していくトレーニングが、タンドラッグです。これは、食べ物を飲み込むための正しい動作にもつながります。

このように舌を動かすと、上顎の歯を左右に押し広げるように、舌が動いていくことが分かると思います。舌を動かすのが狭く感じますか?理想的な歯並びでは、上顎に押し付けて広がった舌は、上顎の歯の内側にピッタリ収まるものです。

 

 

舌やお口の使い方は大丈夫?セルフチェック法

悪い歯並びには、口元や舌の悪い動きが大きく関わっていることが分かったと思います。こうした舌の悪癖を改善しない限り、せっかく矯正治療をしても、徐々に治療前の歯並びに戻ってしまうリスクも大きいものです。口元や舌の使い方が適切かどうか、セルフチェックしてみましょう。下記の項目に該当する方は、改善の余地ありです。

舌の縁がギザギザしている

舌の定位置が悪く、いつも前歯に接触している方は、舌に歯型が残ります。舌の縁がギザギザになっていないか、チェックしてみましょう。

リラックスした状態で舌が下がっている

口内をリラックスした状態にすると、舌の定位置はどこにありますか?下の前歯に触れているようなら、上記のように舌がギザギザになりますし、舌を上に保つ筋肉が働いていない可能性があります。

水を飲むときに唇に力が入る

正しく飲み込む動作は、舌の動きが主体になります。舌がスポットポジションから、上顎に張り付くように、喉の方向へと移動していきます。飲み物などを飲むときに、唇にも力が入るような場合は、舌が正しく動いていないことが疑われます。

サ行、タ行で舌が出る

サ行やタ行を発音するときに、舌が上下の歯の間から前に出るように動く人は、舌の定位置が下がっている可能性があります。

鼻呼吸が苦しく感じる

唇を閉じて、鼻呼吸にしたときに苦しく感じる方は、口呼吸の癖が付いている疑いがあります。唇を閉じて、歯を外から押さえる筋肉が弱まっているものと考えられます。

 

 

まとめ

日本人の不正咬合は、もともと歯のアーチが縦長で、前歯付近が狭くなることが大きな要因となっています。もちろん、先天的に顎のスペースが狭かったり、上下の顎の大きさのバランスが悪かったりするケースもあります。しかし、幼少期に舌の正しいポジションや使い方をトレーニングすることで、顎の成長を促し、先天的な問題を改善することもできます。

幼少期に限らず、舌や口の使い方を改善することは、歯列を整えることにつながり、矯正の効果を高めてくれるものです。今から自分でできる矯正法として、3章のトレーニングを是非、実践してみてください。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

矯正前に今すぐ改めよう!歯並びを損なう舌癖や指しゃぶりなどの悪習癖

監修医 松岡浩司先生

松岡歯科クリニック

住所
愛知県名古屋市名東区西山本通2丁目12 エミナンス松岡1階
ページトップへ