矯正,子供

乳歯のある子供の矯正の主な治療法やメリット・デメリットについて

永久歯が生えそろい、顎の成長が止まる15歳ごろからの矯正は、ブラケットやマウスピースを使う大人の矯正法とほとんど変わりません。ここでは、乳歯期あるいは混合期(乳歯と永久歯が混在している時期)における、子供の矯正について取り上げます。大人の矯正と違い、この時期の矯正にしかできない治療もあり、早期に対処しておくことで、永久歯がきれいに生えそろうことができます。また、大人になってから矯正をする必要も少なくなるものです。子供の矯正法やそのメリット、デメリットなどについて、詳しくご紹介していきましょう。

子供の矯正にはどんな治療法があるの?

歯並びが悪くなる大きな原因の一つは、顎が小さいことです。歯がアーチを描いて一列に生えるための十分なスペースがないので、歯列が前後に乱れたり、歯が捻れて生えてくるといったことになります。顎の成長途中である子供(主に乳歯期や乳歯と永久歯が混在している時期)の矯正では、顎の成長を促すことが、治療の主体になります。顎の拡大は子供のうちにしかできないものなので、健全な歯の成長を促す意味でも、治療する価値のあるものといえます。

顎を広げる矯正

大人の矯正では、顎の成長が止まっているため、歯列のみを動かすことが主な治療法となります。一方、子供の矯正では、顎を広げるための矯正装置を使うことがメインとなります。顎の内側に装着して、顎を外に広げるようなタイプの装置を使います。

前歯の捻れの改善

歯列が乱れている状態でも、顎を広げていくことによって、徐々に歯が正しい位置に収まってくるので、前歯の凹凸などは自然に改善される場合もあります。ただし、歯の捻れ方が大きかったり、受け口(上下の歯が反対に噛み合わさる状態)になっている場合には、ブラケット矯正(ブラケット呼ばれる器具で歯にワイヤーを固定して矯正する方法)を行うケースもあります。

歯並びを悪くする癖の改善

顎が小さいことに加え、歯並びが悪くする原因が舌の癖によるものです。舌が歯を押す力はとても強く、前歯を前方に押す癖や、いつも舌が前歯に触れているといったことなどにより、出っ歯になったり、受け口になったりなど、歯並びを乱す原因となります。子供の矯正では、上記の矯正に加えて、舌のポジションを正すトレーニングなども行われます。

子供の歯並びを整えるための主な矯正装置

大人の矯正法と大きく違う点は、顎を広げる矯正ができることにあります。従って、大人でも使われる装置もありますが、子供の矯正に独特な装置もあります。詳しくご紹介しましょう。

床矯正装置

主に上顎の拡大に使われる装置で、床拡大装置やプレート装置とも言われています。上顎の内側に装着して、顎を内側から外へと広げる働きをします。樹脂製のプレートとワイヤーを組み合わせたタイプや、ワイヤーのみで作られたものなど、さまざまなタイプがあります。また、自分では取り外すことのできない固定式や、食事や歯磨き時に自分で外せるものもあります。

マウスピース

近年、欧米で子供の矯正の主流となっているのが、マウスピースタイプの矯正装置です。マウスピースは、出っ歯や受け口、開咬(前歯が合わさらない状態)など、さまざまな症例に適応できるものとなっています。子供が嫌がらずに付けてもらえるかが不安なところですが、1日20時間程度の装着が望ましい大人のマウスピース矯正と異なり、装着時間は日中1時間程度と就寝時のみとなっているので、子供にも負担の少ない矯正法です。

ブラケット矯正

主に、永久歯が生えそろい、顎の成長が終わった時期に使われるものです。大人の矯正と同様に、移動が必要とされる歯にブラケットを付けて、そこにワイヤーを固定し、そのワイヤーの反発力を利用して、歯を動かす方法です。また、歯の内側にブラケットを装着することで、目立たない治療が可能な裏側矯正もあります。

フェイシャルマスク

重度の反対咬合(受け口)では、下顎の位置が大きく前方に出ていたり、上顎よりも下顎が大きいというケースもあります。フェイシャルマスクは、後頭部にストラップをかけるような形で、下顎を後方に動かすために使われるものです。主に、乳歯から永久歯に生え変わる7歳から13歳ごろの間に使用されます。

矯正,子供

子供の矯正のメリットとデメリットは?

【メリット】

顎の成長を促すことができる

やはり、子供の時期にしかできない、矯正の最大のメリットは顎の成長を促すことができる点です。顎の成長が不十分なまま、大人になってしまうと、矯正では歯を移動するスペースが不十分になるため、抜歯が必要となることも多いものです。

顎を中心に筋肉や骨格が整う

歯列が悪いと、左右均等に噛めなくなるため、使う筋肉の左右差も生じて、顎が歪んできます。また、顎の筋肉は頭を支える働きもあるので、首に負担がかかったり、子供の頭痛や肩こりの原因にもなりえます。

抜歯の必要が少ない

顎の成長が止まった大人の矯正では、歯を移動する空間を広げるために抜歯が必要となるケースもありますが、子供の矯正では、顎の拡大によってスペースが生まれるので、抜歯の必要がほとんどありません。

大人になってからの矯正を回避できる

子供の矯正によって、顎の十分な成長ができ、歯列を整えることができれば、大人になってから、大きく歯並びが乱れるリスクも避けられます。また、大人の矯正の方が、歯列を動かしにくいなどのデメリットもあります。

虫歯になりにくい歯列にできる

歯が前後に乱れている場合などでは、ブラッシングが行き届かない部分が多くなり、そこに歯垢が溜まって虫歯になりやすいものです。歯並びが整うことは、見た目がきれいになるだけでなく、口内環境を健全に保ちやすくすることにもつながるのです。

コンプレックスを解消できる

大人にももちろん歯並びの悩みはありますが、子供はとても多感な時期で、ちょっとした悩みでも深いものになりがちです。歯並びの悪さが、大きなコンプレックスとなることもあり、人前で口元を気にしたり、大きく口を空けて笑えなかったりすれば、精神的にも辛いものです。子供の矯正によって、早期にこうしたコンプレックスを解消することができます。

定期的に虫歯のチェックもできる

矯正期間では、1ヶ月に1回程度、定期的に歯医者さんに通うことが必要ですが、その際に、口内環境のチェックも可能です。

【デメリット】

矯正中に虫歯のリスクがある

マウスピース矯正の場合は、自分で取り外してブラッシングできますが、ブラケット矯正の場合は、装置を自分で取り外すことはできません。装置の間に食べかすが溜まりやすく、磨きにくい箇所が多くなるので、虫歯のリスクが高くなります。

日常生活にストレスがかかる

固定式の床矯正装置やブラケット矯正装置は、自分で取り外すことができないので、長い期間、装着したまま生活するというストレスがかかるものです。しかし、歯並びが悪いまま大きくなって、コンプレックスが続くよりは、早期に治した方が長い目で見れば、精神的なストレスや負担が少ないと考えられます。

継続する努力が必要

固定式の場合は自分で外せませんが、自分で外せるマウスピースを使った矯正の場合には、1日の規定の時間(日中の1時間や就寝中など)を守れなくなるケースも出てきます。矯正を継続するには、本人の努力も必要となります。

なるべく早期の治療が望ましい症例

子供の矯正には、さまざまなメリットがあることがお分かりいただけたと思いますが、中でも特に、子供のうちの早期に、矯正をしておくのが望ましい症例があります。主な症例は下記のとおりです。

出っ歯(上顎前突)

指しゃぶりの癖があったり、舌で上の歯を押す癖があることも、出っ歯の原因になりますが、上顎の成長が悪い場合にも、前歯の生えそろうスペースがなくなって、前方にはみ出してしまうことがあります。顎の成長が止まった後での治療となると、抜歯をするなど、歯を引っ込めるためのスペースが必要になります。

受け口(反対咬合)

下の歯を舌で押す癖や、舌を使っていない時に、いつも下がったポジションにあったりすることが原因となる場合もあります。重い反対咬合では、下顎の位置が前方に出ていたり、下顎が大きいなどといった原因もあります。大人になるまで放置していると、顎の手術が必要なケースも生じてきます。

開咬

口を閉じた時、前歯は通常、上の歯が下の歯よりも2ミリ程度噛み合わさるものです。開咬とは、口を閉じても、前歯がまったく噛み合わさらず、開いたままになってしまう状態を指します。顎の位置や舌癖などが原因なので、これも早期に治すのが望ましい症例の一つです。

永久歯の捻れや向きの異常

顎のスペースが狭いと、後から生えてきた歯が出てくる空間が狭くなるので、歯が捻れてしまうことがあります。また、乳歯が抜ける前に、下から永久歯が出てきて捻れてしまう場合もあります。歯は隣り合った歯ときれいに接触することで支え合うものですが、どこかに捻れた歯があると、成長とともに歯列全体が乱れてくる可能性があります。

まとめ

子供の歯並びが悪いのは気になるけど、大掛かりな矯正装置を付けて、子供の生活に負担がかかることが心配な方も多いはずです。しかし、特に顎の拡大は子供のうちにしかできないものですし、健全な歯の成長を促す上でも、コンプレックスの芽を早期に摘んでおく上でも、必要性の高いものと言えます。

矯正,子供

監修医 本部悠一郎先生

東葉デンタルオフィス

住所
千葉県船橋市本町7丁目23番地12号 東海神駅前ビル1F
ページトップへ