プチ矯正

プチ矯正で短期集中改善!そのメリットや各種の矯正法を知ろう

歯列全体の乱れではなく、前歯のココだけがどうしても気になる!という方も多いはずです。矯正治療というと、歯列全体に矯正装置を付けるイメージがありますが、部分的に装置を付けて治すことも可能です。プチ矯正は、こうしたニーズに応えるものです。
この記事では、プチ矯正で対応できる歯並びや、プチ矯正のメリット・デメリット、部分的に矯正するためのさまざまな矯正法などについて、詳しくお伝えいたします。

プチ矯正とはどんなもの?

プチ矯正とは?

プチ矯正とは、歯列全体を動かすのではなく、歯の一部分を矯正するもので、部分矯正とも呼ばれています。主に、ブラケット矯正(歯にワイヤーを固定して、その弾力で歯を移動する矯正法)やマウスピース矯正などで、部分的に歯を移動します。特に、前歯の気になる歯並びの乱れに最適な方法となります。

プチ矯正が可能な症例

奥歯の噛み合わせが良く、全体的な矯正が不要であることを前提として、主に前歯の歯列の乱れを治すのに適しています。日本人は、歯のアーチの幅が狭く、特に前歯付近は歯が生えるスペースが狭くなり、歯が重なったり、捻れてしまったりすることが多いものです。逆に、歯が小さい場合などでは、隙間ができてしまうこともあります。こうした乱れでも軽度なものは、プチ矯正で治療が可能となります。

・部分的な歯の隙間
・前歯の軽度な重なり
・前歯の部分的な捻れ
・前歯の傾き
・前歯の上下のでこぼこ
・軽度の出っ歯

基本的には保険の適用外

部分矯正も他の矯正と同様に、疾病の改善ではなく審美を目的とする扱いとなるので、基本的には保険の適用はできません。例外として、保険の適用が認められるのは、先天性異常や顎変形症と、特定の医療機関で認められた場合に限ります。また、保険を適用した治療を受ける場合には、顎の外科手術を伴う矯正治療が必要となります。

プチ矯正のメリットとデメリット

【メリット】

気になる部分を集中的に治せる

1でご紹介した、前歯の重なりや捻れ、でこぼこなど、特に人目に付きやすい部分を、集中的に治すことができます。全体矯正と違って、歯列全体の噛み合わせを改善することはできませんが、前歯の歪みが解消することで、前歯の噛み合わせの改善も期待できます。

治療期間が短い

ブラケットを歯の全体に装着する全体矯正では、治療期間の目安として、およそ2年から3年程度かかるものです。しかし、プチ矯正では部分的に歯を動かすだけなので、治療期間もおよそ半年から1年程度と、短期間で治療ができます。

治療費が安い

ブラケットを歯の表側全体に付ける全体矯正の場合、費用の目安として、およそ80万円程度かかります。一方、プチ矯正の場合には、動かす歯の本数によって異なりますが、およそ5万円から30万円程度で治療することができます。

痛みや違和感が少ない

全体矯正では、歯列全体を動かすので、矯正装置を付けた当初は、しばらく歯の浮くような違和感や痛みを感じるものです。プチ矯正は、施術の範囲が狭いので、全体矯正と比べて、痛みや違和感が少ないものです。

大きく印象が良くなる可能性がある

特に上の前歯は、もっとも人目につくところなので、気になる部分が改善されるだけでも、見た目の印象がぐっと良くなるものです。結婚式や新生活の始まりなど、人生の大きなイベントを迎える前に、見た目の印象を整えたいという方にも最適です。

【デメリット】

適応できる症例が限られている

歯を移動するには、動かすためのスペースが必要です。ほとんど重なっているような歯を、一列に整えるためには、歯列全体を動かしてスペースを作る必要が生じる場合もあります。従って、部分的な乱れに見えても、プチ矯正を適用できないケースもあります。
全体の噛合せを改善できない
前述した通り、プチ矯正は主に前歯の矯正となるので、奥歯も含めた全体的な噛み合わせを改善することはできません。しかし、前歯に重なりや捻れなどがあった方は、前歯の噛み合わせの向上が期待できます。

隙間が残る場合がある

歯を移動するスペースがない場合、抜歯をすることで移動するための空間を作った上で、部分矯正をすることもあります。しかし、プチ矯正では抜歯した分の空間を詰めきれず、隙間が残ってしまう場合もあります。

プチ矯正にはどんな矯正方法があるの?

ブラケット矯正

ブラケット矯正とは、ワイヤーを固定するためのブラケットと呼ばれる器具を歯の表面に装着し、ワイヤーの弾力を利用して、歯を移動する方法です。プチ矯正では、ブラケットを部分的に付けて、気になるところだけを集中的に矯正します。歯を移動するスペースがない場合には、事前に抜歯が必要となることもあります。また、歯の間を削って移動スペースを確保するストリッピングという方法もあります。

マウスピース矯正

マウスピースを使った部分矯正もあります。マウスピース矯正とは、理想的な歯並びに向かって、段階的に形状の異なるマウスピースを付け替えていくことで、徐々に歯を移動するものです。プチ矯正の場合は、マウスピースを部分的に付けるのではなく、歯列全体を覆うマウスピースを使って、矯正したい箇所を部分的に治す形になります。

インプラント矯正

ブラケットを使った部分矯正でも、大きく歯を動かしたい場合には、インプラント矯正が有効です。これは、顎の骨にチタン製のネジを埋め込んで、それを支点にして歯を引っ張るので、大きく歯を移動する矯正法です。インプラントを埋め込む手術は、局所麻酔を使って20分程度で終わる簡単なものです。大きく動かす必要のある歯がある場合に効果的です。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着するのが、裏側矯正です。プチ矯正では、これを歯列全体ではなく部分的に行います。装置が舌に当たるので多少の違和感がありますが、装置がもっとも目立ちにくく、前方に倒れた歯を内側に戻す際にも有効です。

プチ矯正の治療の流れ

1.初診・カウンセリング

プチ矯正に関する疑問や不安などについてヒアリングし、治療方法や治療期間、料金体系などについての説明を行います。

2.精密検査

レントゲン撮影や口腔内の撮影、歯型の採取、虫歯や歯周病検査など、お口の中の状態を精密に検査します。気になる歯の乱れがプチ矯正で対応できるどうか、こうしたデータを元に判断します。

3.治療計画の説明

精密検査の結果を元にして、プチ矯正の治療プランを説明します。治療期間や費用などについても、より具体的に提示します。ただし、虫歯や歯周病がある場合、その状態によっては、その治療を優先することもあります。

4.矯正装置の装着

ブラケット矯正の場合には、必要に応じて抜歯やストリッピングなどの処置を行った後に、装置を装着します。装着後は、定期的に装置の調整などを行います。マウスピース矯正の場合には、定期的にマウスピースを交換しながら、治療を進めていきます。

5.保定

矯正装置によって歯の移動が完了したら、装置を取り外して、保定期間に移行します。これは、歯を支える骨が安定するまで、リテーナーという保定装置を付けて、改善した歯並びをキープするものです。

 

まとめ
歯列全体を大きく動かさなくても、気になるところだけ改善できるのであれば、プチ矯正は安価で治療期間も短く、とても魅力的な治療法となります。前歯のちょっとした歯の捻れや傾き、前後の重なり、隙間などが改善されるだけでも、見栄えはとても良くなるものです。また、期日までにどうしても歯の見た目を整えたいという方にも最適です。ただし、プチ矯正では改善できないケースもあるので、精密検査を受け、どの程度の改善が可能なのか、歯医者さんに相談してみましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

プチ矯正で短期集中改善!そのメリットや各種の矯正法を知ろう

監修医 本部悠一郎先生

東葉デンタルオフィス

住所
千葉県船橋市本町7丁目23番地12号 東海神駅前ビル1F
ページトップへ