矯正装置やリテーナーの洗浄方法はどうすればよい?

矯正の装置やリテーナーをきれいに洗浄する方法が分からず、戸惑っていませんか。自己流でお手入れをしている、もしくは何も手入れをしない状態が続けば、菌などが繁殖し虫歯になりやすいです。

矯正をしてきれいに歯を並べたとしても虫歯だらけの歯では悲しいですよね。虫歯が進行してしまえば歯を失うことも考えられます。この記事では矯正装置やリテーナーの洗浄の仕方を紹介します。
装置のお手入れを欠かさず、お口の中を常にきれいにしておくことで、結果的にキレイな歯並びになっていきますよ。

■目次
取り外せない矯正装置の洗浄方法は?
取り外せる矯正装置の洗浄方法は?
洗浄のときに気を付けること
まとめ

取り外せない矯正装置の洗浄方法は?

ワイヤー矯正(表側矯正)

歯の表側に装置が付いているワイヤー矯正は、自分では取り外しができません。そのため、普段よりブラッシングの際に気を遣う必要があります。歯磨きの仕方や使うグッズは歯医者さんによって違いますが、普通の歯ブラシの他、矯正専用のブラシや、ヘッドが小さめで小回りがきくようなワンタフトブラシなどを使います。
また、矯正用に開発され磨きやすい形になっているデンタルフロス(糸ようじ)や、歯磨き後のフッ素ジェル塗布などを推奨している歯医者さんもあります。他にも、電動歯ブラシや音波歯ブラシを使うように推奨しているところもあります。

裏側矯正

裏側矯正はワイヤー矯正と同じく、装置の取り外しができない上に、歯の表側に付いているワイヤー矯正よりも磨きにくく、清掃しづらいという特徴があります。これは見た目に目立たないように、歯の裏側に装置が付いているからです。
もちろん、目立たないという意味では大きなメリットなのですが、清掃面では磨きにくいというデメリットもあります。
普通の歯ブラシではどうしても届かない場所がでてきますので、ワンタフトブラシという毛先がコンパクトにまとまった歯ブラシを用いたり、専用の歯ブラシや、専用のデンタルフロスを使ってブラッシングします。
裏側矯正もワイヤー矯正と同じように、歯磨きの仕方や使うグッズは歯医者さんによって違いますので、通っている歯医者さんに聞いてみましょう。また、矯正期間は歯磨きがしにくい環境にあるので、虫歯や歯周病にならないために殺菌作用のあるようなうがい薬や市販のうがい薬を補助的に薦めるクリニックもあります。

リテーナー(固定式)

矯正の治療後、後戻りを防ぐために装着するのがリテーナーという装置です。
装着する期間は人によって差があるのですが、大体1年~3年ほどでしょう。一般的に矯正期間と同じくらいの期間装着する必要があるといわれています。もちろん、口の中に入れるのでリテーナーも清掃が必要です。
リテーナーにも種類があるのでそれによって洗浄や手入れ方法が違います。

フィックスタイプ

歯の裏側からワイヤーで固定して後戻りを防ぐリテーナーです。こちらのタイプは、自分で外すことはできません。
固定式のリテーナーは歯の裏側に付けられているので余計ブラッシングしづらいでしょう。それに加えて、接着剤が歯と歯肉ギリギリ部分まで付けられているので丁寧に時間をかけて磨かないと虫歯や歯周病になりやすいといえます。
歯医者さんによってブラッシング方法は違いますが、専用のブラシやワンタフトブラシを用いて歯磨きを徹底してください。またそれだけでなく、定期的に歯医者さんでクリーニングをしてもらい、歯と歯肉の間に歯石や磨き残しが付かないように気を配る必要があります。

取り外せる矯正装置の洗浄方法は?

マウスピース

マウスピース矯正というのは、透明のマウスピースを用いて歯を動かしていく矯正法のことです。マウスピースは基本的に1日1回取り外して洗浄することが決められています。
歯医者さんによって洗浄の指導は違います。例えば水やぬるま湯で洗い流せば大丈夫という医師や、いつも使う歯ブラシや歯磨き粉を用いてブラッシングする、専用の洗浄剤や市販されている入れ歯洗浄剤などを用いて洗うのを推奨しているところもあります。
マウスピースは約2週間ごとに新しいものへ交換し歯を移動させていくので、何年も使うような器具とは違います。
そこまで神経質になることはありませんが、洗浄を怠ったり不潔にしていると虫歯や口臭の原因となってしまいます。通っている歯医者さんに洗浄方法を教えてもらってくださいね。

リテーナー(取り外し式)

矯正の治療後、後戻りを防ぐために付けるリテーナーですが、取り外しができるタイプのものもあります。取り外しができる分、上に記述したような固定式より歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病になりにくいメリットがあります。

◆ベックタイプ・ホーレータイプ

取り外しのできるリテーナーには、ベックタイプリテーナーとホーレータイプリテーナーがあります。歯の表面にワイヤーが覆うような形で被さるため、見た目的に目立ちます。
お手入れは歯医者さんによっても指導が異なります。水洗いやお湯洗いをする、専用の洗浄剤や入れ歯洗浄剤で洗う、歯ブラシなどで磨くことを推奨しているクリニックがあります。歯医者さんによっては歯ブラシで磨くと傷が付き、そこに細菌が繁殖しやすいので洗浄剤のみで洗うというところもあります。

◆クリアリテーナー(マウスピースタイプ)

リテーナーにもマウスピースタイプがあります。透明な樹脂やラバーなどの素材で作られていて、見た目に目立ちづらいだけでなく、自分で取り外せるため歯磨きがしやすいメリットがあります。
クリアリテーナーの場合も、マウスピース矯正と同じように1日1回取り外して洗浄するのが基本です。こちらも、お手入れは歯医者さんによって違います。水やぬるま湯で洗う他、いつも使っている歯ブラシで洗う、または専用の洗浄剤や市販されている入れ歯洗浄剤などを用いながら洗浄します。

洗浄のときに気を付けること

ゴシゴシ磨かない

矯正装置やリテーナーなどをゴシゴシ磨くことで、破損に繋がることもあります。汚れを取り去るために、力を入れて磨きたくなる気持ちは分かりますが、目に見えないような細かい傷が付くことで、そこに雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。あくまで優しくていねいに汚れを浮かせて洗ってくださいね。

洗浄剤を使ったらよく洗い流す

マウスピースやリテーナーを洗浄剤に浸けたとき、注意してもらいたいのがその後です。しっかり洗浄剤を洗い流すことを忘れないようにしましょう。軽く流しただけでは、洗浄剤が残ってしまいます。
人によっては、それにかぶれを起こしたり炎症を引き起こしたりすることもあります。洗浄剤には殺菌力があるので、必ずしっかり洗うようにしましょうね。

洗浄剤に浸ける時間は守る

リテーナーや入れ歯用の洗浄液に浸けて置く時間は、守ることが大事です。時間を極端に延ばしたり、短縮したりしないようにしましょう。浸け置きし過ぎて、リテーナーの金属部分が変色してしまうこともあるようです。
リテーナーも歯医者さんによって費用に差がありますが、安いものではないので気を付けて取り扱ってくださいね。

まとめ

矯正装置やリテーナーのお手入れ方法を間違えると、器具が傷ついたり破損や変色に繋がったりするので気を付けなくてはいけません。
特に、取り外しのできない矯正装置やリテーナーの周りには汚れが溜まりやすく、歯ブラシも届きにくいので虫歯や歯周病になりやすいといえます。せっかく歯並びをきれいにしようと矯正をしても、ブラッシングの重要性を知らないと健康な歯を失ってしまうこともあります。それでは何のために矯正をしたのか分かりません。
矯正装置やリテーナーの洗浄の仕方は歯医者さんによって異なります。また、素材によっても推奨方法が違いますので必ず通っている歯医者さんに確認をすることが大事です。

不正確な情報を報告

矯正装置やリテーナーの洗浄方法はどうすればよい?

監修医 野崎康弘先生

ジェイエムビル歯科医院

住所
東京都台東区蔵前2-6-3 ジェイエムビル5F
ページトップへ