矯正 費用

歯の歯列矯正はいくらかかる?治療の種類と費用相場まとめ

歯の矯正治療はほとんどの場合、健康保険が適用されない自由診療になります。そのため費用も支払方法も医療機関によって異なります。また、子どもの治療は時期によって、治療方法や治療費が大きく違ってきます。一般的にどのような仕組みで治療費が構成され、相場はいくらくらいなのか。平均的な情報をまとめてみました。

矯正治療費の仕組みについて

 

矯正 費用

歯の矯正治療はほとんどの場合、健康保険が適用されない自由診療になります。そのため費用も支払方法も医療機関によって異なります。また、子どもの治療は時期によって、治療方法や治療費が大きく違ってきます。一般的にどのような仕組みで治療費が構成され、相場はいくらくらいなのか。平均的な情報をまとめてみました。

大人の矯正治療 主な内容と内訳

矯正歯科の治療をする上で必要になる治療費の目安について説明します。

①治療前

  • 初診料(0~5,000円程度)
    歯の悩みや状況などを診てもらい、治療の流れや方法、装置の特徴などについて説明を受けます。
  • 診査費用・精密検査料(10,000~60,000円程度)
    レントゲンや顔・口の写真撮影、唾液検査、歯型採取などの各種検査を行います。
  • 診断料(10,000~50,000円程度)
    検査結果をもとに、治療計画を立てます。費用、期間、治療方針などについて説明を受けます。

②治療中

  • 装置、基本料
    選択した治療の種類により、費用は異なります。
    例:表側矯正装置の場合  60万円~100万円程度
    裏側矯正装置の場合 110万円~150万円程度
  • 処置料(調整)
    矯正装置の調整や経過観察等にかかる費用です。装置、基本料に含まれる場合もあります。

③治療後

  • 装置、基本料(10,000~60,000円程度)
    装置を外した後に歯が元に戻らないようにするリテーナー代などにかかる費用です。
  • 定期検診、メンテナンス料(2,000~10,000円程度)
    歯並びが戻っていないか、虫歯や歯周病のリスクがないかなど、年数回、定期的にチェックします。

子どもの矯正治療 主な内容と内訳

子どもの矯正は大人と比べ、治療中費用の部分が異なります。子どもの頃はまだ顎の発達が途中の段階の場合が多く、早期に治療を受けることで顎の成長をコントロールすることができ、抜歯を免れるなどのメリットがあります。

さらに、子どもの矯正治療は治療費が安くおさえられるだけでなく、治療期間を短くし、仕上がりを綺麗にすることができます。
小児矯正は時期により「一期治療」と「二期治療」に分かれます。

一期治療(骨格矯正)

  • 費用:20~50万円程度
  • 時期:乳歯の時期や、永久歯がはえ揃うまでの混合歯列期の治療。約6歳~小学校低学年。
  • 目的:下顎がずれないように正しく成長させ、永久歯を抜歯しなくても噛み合わせを治せる可能性を高める。また、二期治療を簡単に、期間を短くする。
  • 方法:取り外し式などの装置を使い、永久歯がきちんとはえる準備をする。

二期治療(歯列矯正)

  • 費用:30~60万円程度
  • 時期:永久歯がはえ揃った頃の治療。小学校高学年以降。
  • 目的:上下の歯並びを整え、正しい噛み合わせにする。
  • 方法:主にブラケットとワイヤーの固定装置を使用して、本格的に矯正治療をしていく。

1-3 治療費の支払方法について

治療費の支払い方法は医院によって異なり、主に以下2つに分かれます。

・総額制(定額制・トータルフィー制)

治療が始まる前に完了するまでのトータル費用が提示され、原則その金額から増減することはない。当初の予定より治療期間が長くなっても追加料金は発生しないが、短くなった場合に減額もされない。

・処置料別払い制

治療の項目ごとに料金が設定されている一般的な支払い方法。
契約時に提示された「装置・基本料金」と別に、矯正装置の調整や経過観察での通院時、処置(調整)料がかかる。
治療期間が短い場合、処置料が少なくて済むが、長期化すればトータルの治療費が高くなる。

※地域差が伴いますので費用はあくまで参考にしてください。

矯正治療6つの方法徹底比較

矯正 費用
矯正治療にはいくつか種類があります。必ずしも希望通りにできるとは限りませんが、納得して治療を受けられるよう、知識として知っておくと良いでしょう。

表側ブラケット矯正(ワイヤー矯正)

表側ブラケット矯正は最も一般的な治療方法で、歯並びと噛み合わせを治すことが出来ます。比較的費用が安価な金属ブラケットと、白や透明など目立ちにくい素材を使った審美ブラケット、またワイヤーをブランケット本体についている開閉式クリップでとめる、セルフフライゲーションブランケットがあります。(ブランケットの種類についての詳細は下記参照)

  • 費用:60~100万円程度
  • メリット:歯ひとつひとつにブラケットをつけるので、0.1㎜単位で歯の位置を決められる。
  • デメリット:表側に装置を付けるので、周りから目立ってしまう。歯を動かす距離が大きいと、歯茎が下がったり、歯と歯の隙間がひろがったりすることがある。

≪金属ブランケット(メタルブランケット)≫

最も一般的な矯正方法で、歯の表側に金属製のブランケットを接着します。じょうぶで費用も低額です。また、さまざまな不正咬合治療に対応でできます。ブランケットが銀色のため、目立ってしまうのがデメリットです。

≪審美ブランケット≫

透明や白色のセラミックスやジルコニア製のブランケットのため、目立ちにくく審美性が高いのが特徴です。(表側に装着するため、ブランケット自体は見えます。)

金属アレルギーの方でも治療ができるメリットがありますが、金属ブランケットと比較すると多少弱く、高めになります。

≪セルフフライゲーションブランケット≫

通常の矯正装置は、ブランケットにワイヤーを通してから、ゴムや針金などでワイヤーとブランケットを固定しますが、セルフフライゲーションブランケットは、ブランケット自体についている特殊なシャッターの開閉でワイヤーを固定します。

ワイヤーとブランケットの摩擦を軽減させるので、痛みが少なく、より効果的に歯を動かすことができ、通イ回数も少なくてすみます。
一般の金属ブランケットより高額です。

参考:http://www.urban-dental-office.com

裏側(舌側)ブラケット矯正

ブラケットを歯の裏側につける治療方法です。リンガルブランケットという特殊な装置を使うため扱っていない矯正歯科もあります。裏側矯正を希望される場合は、事前に問い合わせしてみることをおすすめします。

  • 費用:110~150万円程度
  • メリット:周りから装置が見えないので目立ちにくい。歯の裏側はエナメル質が厚いので虫歯になりにくい。
  • デメリット:ブラケットが、舌が動く位置に付くため、違和感があったり言葉が発音しにくくなったりすることがある。表側矯正に比べ費用が高くなる。

マウスピース矯正

ブラケットやワイヤーは使わず、透明なマウスピースを付け替えしながら、少しずつ歯を動かしていく治療方法です。小さな凸凹や「すきっ歯」の治療に効果的です。

  • 費用:60~80万円程度
  • メリット:歯に合わせた透明なマウスピースの為、周りからはほとんど気付かれず、発音のしづらさや不快感もない。自分で取り外し出来るので衛生的。
  • デメリット:歯を動かす距離が大きい場合には使えない。装着時間を守らないと効果が出なかったり、余計に時間がかかってしまったりする。

部分矯正

部分矯正は気になる前歯だけを綺麗にする治療方法です。重なりが大きい歯を抜いたり、歯を削って隙間をつくることで歯並びを治します。

  • 費用:15~80万円程度
  • メリット:奥歯の噛み合わせを変える必要がないため、全体に装置をつける違和感や痛みの心配がない。インプラントなどが入っている時でも治療が可能。部分的な治療なので、期間を短く、費用も安くできる。
  • デメリット:すべての隙間を閉じることが出来ないことがある。一部の歯にしか矯正装置を付けないため、上下の噛み合わせを改善することはできない。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正とは、表側と裏側のブラケット矯正を合わせた治療方法です。目立ちやすい上の歯を裏側矯正にし、下の歯は表側矯正で治療します。

  • 費用:90~130万円程度
  • メリット:上の歯の装置が周りから見えにくい。裏側矯正より費用が抑えられる。
  • デメリット:一般的な表側ブラケット矯正より費用がかかる。

ハイブリット矯正

「マウスピース矯正と部分裏側矯正」、「部分矯正とセラミック治療」など、2つの治療を組み合わせて行う方法です。

  • 費用:組み合わせる治療法により異なる。
  • メリット:より希望に沿った治療ができる。場合によって治療期間を短くすることが可能。
  • デメリット:両治療法の費用がかかる。

参考:http://www.kyousei-shika.net

 

≪矯正治療の種類別費用等の比較≫

 

矯正方法 ブランケット種類 費用の目安 メリット デメリット
表側ブランケット 金属ブランケット  

60~100万

 

・費用が安い
・じょうぶ
・様々な症状に対応
目立つ
審美ブランケット 金属ブランケットより高め ・金属より目立ちにくい
・金属アレルギーでも使用可能
・様々な症状に対応
・金属ブランケットより弱い
・金属ブランケットより高い
セルフライゲーション 金属ブランケットより高め ・痛みが少ない
・歯の移動が効果的
・装置が大きい
・金属ブランケットより高い
舌側ブランケット   110~150万 ・目立ちにくい
・虫歯になりにくい
・違和感がある
・発音がしにくい場合がある
・表側ブランケットより高め
マウスピース   60万~80万 ・気づかれにくい
・発音しやすい
・不快感の軽減
・衛生的
・状態により使えない
・装着時間を守らないといけない
部分矯正   15万~80万 ・期間が短い
・違和感が少ない
・痛みが少ない
・費用が安い
・すべての隙間を閉じられない場合がある
・かみ合わせの改善ができない
ハーフリンガル   90万~130万 ・上の歯の装置が見えにくい
・裏側矯正より安い
表側ブランケットより費用がかかる
ハイブリット   組み合わせにより異なる ・希望に沿った矯正が可能 両矯正費用がかかる

参考:http://www.kyousei-shika.net
参考:http://www.ha-channel-88.com

矯正治療費における手続きについて

矯正 費用
高額な出費となる歯の矯正治療費。少しでも負担が軽くなる可能性のある、保険適用や医療費控除について触れておきます。

保険が適用される条件

歯の矯正は基本的に健康保険が適用できませんが、国(厚生労働省)が定めた特定の症状に限り適用されます。

<健康保険が適用できる症状>

・先天異常(23疾患)

生まれつき異常が見られる先天異常のうち、23の疾患に該当する場合は、国の定める指定自立支援医療機関(育成・更生医療)で保険治療が可能になります。
自己負担の上限など、制度についての詳細は、お住まいの市区町村保健所までお問合せください。
参考:http://www.kyousei-shika.net

※23疾患の詳細については、日本矯正歯科学会のHPに掲載されています。
参考:http://www.jos.gr.jp

・顎変形症

顎変形症とは顎の骨の大きさや形や位置の崩れによって、歯の噛み合わせや顔の形に異常をきたす状態をいいます。治療で顎の骨を切る手術を行う場合がありますが、国から「顎口腔機能診断施設」の認定を受けている医療機関の場合、保険の適用が可能になります。
参考:https://ja.wikipedia.org
参考:http://www.kyousei-shika.net

矯正治療は医療費控除の対象です

通常、美容目的の矯正治療の場合は医療費控除の対象になりませんが、年齢や目的から考えて「歯列矯正が必要」と判断された場合は医療費控除が認めれます。例えば、発育段階の子どもの成長にとって妨げとなる歯列の場合や、大人でも美容ではなく噛み合わせの改善を目的とした場合などがそれに当たります。

医療費控除の対象とするためには、歯科医師による治療目的を示す診断書が必要となる場合があるので、治療前に相談してみるとよいでしょう。
参考:http://www.cn-kawai-dental.com

まとめ

 

今回、「実際の料金が気になる」、「近くの矯正歯科はいくらなのかなぁ」と検討している方には、全国の歯医者・歯科・クリニックが予約・検索・口コミが見られるサイト「EPARK歯科」をご紹介致します。矯正治療は医院によって扱っている種類や料金、方法が異なります。まずは、カウンセリングをお願いして、医院の方針が自分にあっているのかを見極めましょう!

今日予約できる!矯正歯科を扱う、全国の歯医者さん一覧はこちら

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

歯の歯列矯正はいくらかかる?治療の種類と費用相場まとめ

監修医 小川隆介先生

後楽園デンタルオフィス

住所
東京都文京区後楽2-19-16 ベルコリンヌ岡島1F
ページトップへ