食事はどうする?矯正で抜歯後、正しい過ごし方

歯列矯正で抜歯をしたら、どんなふうに過ごしたらいいのでしょうか。例えば、食事はどんなメニューでも良いのか、避けなければいけない料理はないのかなど、気になる点は多いと思います。

ここでは、正しい日常生活の過ごし方、また、快適に過ごすためのおすすめの過ごし方をご紹介します。これから歯列矯正をしたいと考えている人は、生活への支障についても気になっているはずです。
この記事は、そんな人の不安を解消するためにも役立つことでしょう。

■目次
歯列矯正で抜歯後、食事はいつから?
抜歯後に避けた方がいい食べ物
抜歯後におすすめの食事
通常の食事に戻すタイミングは?
まとめ

歯列矯正で抜歯後、食事はいつから?

麻酔が切れるまで食事はNG

歯列矯正では、抜歯をすることがあります。抜歯後、いつぐらいから食事をしてもいいのか気になっている人も多いのではないでしょうか。
抜歯手術の場合は、局所麻酔をかけます。この局所麻酔は2〜3時間持続しますが、痛みが治まるまで食事は控えなければいけません。これは、舌を噛むなど、その他のトラブルが発生するのを防ぐためであり、安全のためにも食事は控えたほうがいいでしょう。
また、たとえ飲食しても、うまく唇が閉じなかったり、口から飲食物がこぼれてしまったりすることがあります。誤嚥など、思わぬ事故に発展する可能性もありますので、麻酔が切れるまで飲食はしないようにしましょう。

抜歯当日の食事内容とは

抜歯当日は傷や痛みへの配慮が必要です。特に、抜歯した場合は血餅(けっぺい)というかさぶたが取れないようにしなければならない為、柔らかく、刺激のないものを選びましょう。血餅が剥がれてしまうと、いつまでも傷口が治癒することは出来ません。そのため、抜歯後は血餅を剥がさないように、注意して過ごしましょう。食事内容を選ぶ場合は、傷口を刺激しない、柔らかく煮たうどんやおかゆがおすすめです。

抜歯翌日からの食事

抜歯当日を過ぎても、通常の食事よりは配慮が必要になるでしょう。特に柔らかいもの、刺激の少ないもの等、傷口への刺激に配慮しましょう。抜歯当日の食事内容と同様に、柔らかく煮たうどんやおかゆなどを選んで食べましょう。血餅が剥がれないようにする配慮はまだまだ必要です。

抜歯後に避けた方がいい食べ物

とくに避けるべき食べ物

ここでは、特に避けたほうがいい食べ物をご紹介します。抜歯後の献立作りの参考にしてみてください。

・硬いもの

ボリボリ、バリバリとした硬い食べ物は、口の中を刺激してしまう可能性があります。お煎餅等の破片は傷口を再び傷つける可能性もありますので注意しましょう。魚の骨等、傷をつけるリスクのあるものもこの時期は避けほうが良いでしょう。

・香辛料、スパイス

唐辛子などのスパイスは、傷口の炎症をさらに悪化させる可能性があります。ピリピリヒリヒリなど、患部が明らかに痛むようなことは、この時期は避けほうが良いでしょう。

・ビール等のアルコール類

なんともないと思えるかもしれませんが、ビールや焼酎、ワイン等、アルコール類は傷口へ刺激を与えます。アルコール類は消炎作用があると考える人もいますが、実際は血行を促進させてしまい、傷口がまた開く一因となります。患部を痛めつけるだけですので注意してください。

注意して食べる必要がある食べ物

気づきにくい、注意すべき食べ物をご紹介します。もし口にする際には、各注意点に気をつけて食べるようにしてくださいね。

・ラーメンなどのすすって食べる麺類

ラーメン等の麺類はすすって食べるのが一般的ですよね。これらの食事はすすって食べたほうが美味しく感じるのですが、勢い良くすすった場合に抜歯した部分を刺激してしまう場合があります。

そのため、ラーメン等のすすって食べる食事をする際には、傷口を傷つけないように注意をしましょう。また、すすらないように、れんげ等に麺をのせて、口に運ぶといった食べ方が有効でしょう。1章で紹介した「柔らかく煮たうどん」等も、すすって食べるのではなく、適量をお椀にとって、すすらずに食べることが大切です。

・ストロー等で飲むドリンク類

飲み物を飲む時、ストローなどで飲む人も多いでしょう。しかし、ストローはすする力が必要になり、それが原因で傷口を刺激し、血餅が取れてしまう可能性もあります。抜歯後はストローを使わずにコップで飲んだり、スプーンなどにとって水分を摂取すると良いでしょう。

・ゴマ等の小さなもの

食材としては栄養がありますが、ゴマなどの小さな食材は、食べたときに口の中の細かいところに入り込んでしまいます。気をつけていても患部にゴマ等の食材が入り込んでしまう為、お手入れがしにくく、汚れがたまる可能性がでてしまいます。
傷口を歯ブラシ等で磨くのも難しいので、最初のうちは細かいゴマ等の食材は避けるようにして、ゆすぐだけでも食べかすが落ちるような食材を料理に使うと良いでしょう。

抜歯後におすすめの食事

傷口を早く治すために…

傷口の回復を早めるには、バランスよく栄養を取ることが大切です。口の中の傷は自然治癒に任せるしかないところがありますので、炎症等の問題を防ぐためにも、免疫を高めることがポイントになります。

積極的に摂取したほうがいいのは、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンA,亜鉛等です。それぞれの栄養素は以下の食材に含まれますので、意識的に摂取してみてください。

・ビタミンB群

ビタミンB群は、エネルギー代謝を促す栄養素です。多く含むのは、豚肉、うなぎ、玄米、納豆、カツオやピーナッツ、レバーで、肉や魚、野菜や穀物等に豊富に含まれます。

・ビタミンC

ビタミンCは、身体の調子をととのえるのに必要な栄養素です。パプリカやゆず、アセロラやパセリ、キウイフルーツやいちご、野菜や果物等に豊富に含まれています。

・ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康や成長に関わる栄養素です。ビタミンAを摂取すれば、粘膜が保護され、抜歯後の治癒にも役立ちます。このビタミンAは緑黄色野菜に含まれるカロチンに多く含まれ、また、レバーやうなぎ、バター、卵などの動物性の食材にも豊富に含まれています。食事の中で少しずつ摂取を増やしていきましょう。

・亜鉛

亜鉛は免疫力を高める働きや、新陳代謝をアップさせる働きがある栄養素で、抜歯後にはぜひ積極的に摂取してほしい栄養素です。たんぱく質の合成にも必要な必須ミネラルですが、インスタント食品やファストフード等をよく摂取する人は、亜鉛が不足しがちになります。

亜鉛は牡蠣、うなぎ、牛肉やチーズ、大豆食品やナッツ類に多く含まれます。亜鉛不足が特に気になる人は、サプリメントも利用しながら栄養のバランスを取るといいですね。

おすすめの献立

おすすめのメニューとしては、シチューや親子丼、豆腐類、雑炊やお茶漬けなどがいいでしょう。熱々を食べると傷口を刺激する為、注意が必要ですが、栄養価が高いのでおすすめです。
食材を大きく切ってしまうと、咀嚼する際に口の中を刺激するので、なるべく小さめに切り、食べやすくしましょう。ヨーグルト等もたんぱく質が豊富ですので、食後のデザートにはおすすめです。

通常の食事に戻すタイミングは?

痛みや傷口の様子を見て

痛みや出血等が治まってきたら、食事を普通の食事に戻すといいでしょう。傷口が回復していないうちは、硬い食べ物などは避けるようにしてください。

歯医者さんの指示に従って

回復を早めて通常の食事をするには、歯医者さんの指示を守ることが大切です。抜歯後は歯医者さんや看護師さんから手術後の過ごし方に関する注意点が伝えられます。渡された抗生物質は飲みきるなど、指示にきちんと従うことが大切です。

まとめ

もし、止血処置をしても出血が止まらない等の症状があれば、すぐに歯医者さんへ相談しましょう。ほとんどの場合、30分ほど圧迫止血をすれば出血は止まりますが、血餅が剥がれたりすると再び出血してしまうことがあります。

食事制限を強いられることでストレスに感じることかもしれませんが、きちんとルールを守って食事をすることは回復を早め、元の生活に戻るのを早めてくれます。きちんと回復するまでは、食べたいものを食べるなど独断で行動しないようにしてください。

不正確な情報を報告

食事はどうする?矯正で抜歯後、正しい過ごし方

監修医 松岡浩司先生

松岡歯科クリニック

住所
愛知県名古屋市名東区西山本通2丁目12 エミナンス松岡1階
ページトップへ