矯正,リテーナー,期間

矯正にリテーナーは不可欠!期間はどれくらいするべき?

「長い矯正治療を終えてやっと矯正器具が外れたと思ったら、新しい素材を渡されてがっかりしてしまった!」なんて声も聞かれるリテーナー。確かに、つけている時間も期間も長く、早くストレスフリーな生活を送りたいと願っていた方にとっては邪魔な存在です。しかし、矯正後にこのリテーナーを装着させるからこそ、美しい歯並びを保つことができることを知っておきましょう。ここでは、その必要性や装着期間、もし痛みがでた場合の対処法などについて詳しくお伝えします。これから矯正する方も、そろそろ矯正期間が終わりリテーナーを始める方もぜひチェックしてください。

リテーナーをつけなければいけない理由

後戻りを防ぐため

矯正の治療が終わったばかりの時は、歯の根を支える部分が動きやすい状況にあり、きれいに整えた歯が動いてしまう可能性が特に高くなります。時間をかけて歯を移動させていく矯正ですが、歯は一生動き続ける性質があります。リテーナーは、歯の安定や保持をするために必要であり、歯が動きやすい状況が終わるまでつけ続けることが望まれます。

治療期間を短縮するため

リテーナーを使わない場合、矯正の治療期間は2倍になってしまう可能性もあります。リテーナーは後戻り期間の矯正を担う第2の矯正器具であり、これを付けない場合はブラケットが必要です。というのも、リテーナーの役割は、歯の矯正後に歯が動きやすい期間に歯を固定するものです。この期間も変わらずブラケットで矯正し続けてもいいのですが、歯を動かす力はそれほど必要ないためリテーナーのように取り外しもできる器具でも対応できます。ブラケットは手間や費用がかかるだけでなく虫歯になってしまうリスクも高く、見た目もよくないため時期が来たらリテーナーを選択しましょう。

よりしっかり噛めるかみ合わせにするため

リテーナーはワイヤーなどの矯正器具よりも細かく歯を移動させるため、かみ合わせを整える役割もあります。というのも、歯を理想通りに矯正しても、それ以前のかみ合わせで歯の上部が削れかみ合わせがうまくいかない場合もしばしばリテーナーで細かい調整をして、かみ合わせの調整が必要です。かみ合わせもしっかり調整することで、よりしっかりと噛める歯へと整えることができます。
riteli-na retainer2

矯正後のリテーナー、いつまでつけるの?

1年から3年と個人差がある

人によって異なりますが、早い方では1年、長い方では3年ほどの期間を要します。目安として、矯正にかかった期間と同じだけと考えておくとよいでしょう。矯正した直後の歯は動きやすくなっており、きれいな歯並びを安定して保てるまでは、補助的にリテーナーを使う必要があります。きれいな歯並びを安定して保てるというのは、歯を支える骨や頬など周辺の組織が歯並びに慣れ、支えられるようになるといった状態です。

1年半は24時間装着する

リテーナーのタイプにもよりますが、つけ始めの頃は食事以外の24時間装着したままの状態です。ブラケットでの矯正中は多少の食事制限がありますが、リテーナーは外して食事できるため好きなものを自由に食べられます。とはいえ、リテーナーの種類によっては食べられないものがあるため、よく確認しておきましょう。

安定してきたら夜のみや数時間だけでOK

最初は24時間装着したままですが、徐々に14時間、就寝時だけ7時間と装着時間を短くしていきます。安定したら2日に一度、3日に一度のように頻度を落としていき、最終的に使用を中止します。これは個人の判断ではなく歯医者さんが検診し、判断するものなのでです。「そろそろいいかな?」と、個人の判断で時間を短くしてはいけません。歯の動きが止まるまで少しとはいえない時間ですが、時間を守り歯をいい状態に保てるよう心がけましょう。ある意味、矯正の山場ともいえる重要な時間です。

リテーナーの種類と特徴

床タイプ(しょうタイプ)

歯の表面をワイヤーで固定して内側にはプラスチックのプレートがついているタイプです。「ベッグタイプ」や「ホーレータイプ」とも呼ばれ、取り外しも簡単で歯磨きなどもしやすい特徴があります。口を開けると針金は目立つため、審美性を気にする方は別の方法を検討すると良いでしょう。つけ心地は、プラスチックのプレートが口内に触れるのに慣れが必要ですが、かみ合わせは歯同士がしっかりと噛み合うため違和感は少なくなります。しかし、発音は少ししづらいため、発音が大切な職業の方は歯医者さんに相談することをおすすめします。お手入れについては、歯ブラシでサッと磨くことや、定期的に専用の洗剤を使ってしっかりと洗浄することで雑菌の繁殖を抑えます。床タイプは針金を使用しているため、強い衝撃を与えると変形する恐れがあります。お手入れや取り外しの際の取扱には注意しましょう。

ワイヤータイプ

フィックスタイプとも呼ばれるワイヤータイプのリテーナーは、歯の裏に約0.5mmの細い針金を接着して固定してしまうため、取り外しはできません。虫歯や歯肉炎・歯周炎リスクを抑えるため、日頃のお手入れや定期的に歯医者さんでのクリーニングを受けることが大切です。前歯のデコボコが強いところやスペースがある場合に使用され、装着期間に関しては、2年間は外さないことが世界基準で推奨されています。つけている限りは後戻りはしない特徴があるため、しっかりと矯正の成果を残したいという方は検討するのもいいかもしれません。コンパクトで違和感が少なく、かみ合わせや発音に違和感が出にくいため、目立たせたくないという方にもおすすめです。

マウスピースタイプ

クリアリテーナーとも呼ばれ、透明なマウスピースタイプのリテーナーです。歯や歯茎を全部覆うタイプで薄いプラスチックでできており強度はあまりありませんが、透明なので気付かれにくいという点はメリットです。
装着時に発音を妨げることはありませんが、慣れるまでは唾が飛びやすいためで注意が必要です。また、マウスピースは歯を覆っており、かみ合わせることができないため、かみ合わせを安定させたい方は別の方法を検討することをおすすめします。お手入れの方法は柔らかめの歯ブラシで磨くほか、雑菌が繁殖しやすいため定期的に洗浄剤を使用することが推奨されています。殺菌は大切ですが、変形や破損の心配があるため熱湯やレジンでのお手入れは適しません。

矯正後のリテーナー、痛い場合の対処法とは

どこかが当たっている場合、痛みがある

口内や歯茎に当たっている箇所や、少し合わない箇所があると痛みが出ることもあります。本来リテーナーは痛みがない器具ですが、特定の場所が痛む、違和感があるといった場合は早めに受診して調整してもらいましょう。痛いまま口の中にいれておくのは苦痛ですが、何日も外しておくと歯の位置が元に戻ろうとする力が動くため、なるべく早く行動することが大切です。

装着の期間が空いて歯が動いている

数日リテーナーを外していると歯が動いてしまい、合わなくなる場合もあります。 しばらく装着していると痛みがなくなる場合もありますが、大きく動いている時にはリテーナーを作り直さなければならないこともあり注意が必要です。もちろん、別途料金がかかりますので、決められた時間内はリテーナーを装着するよう心がけましょう。

慣れるまで痛みを感じる場合も

場合によっては歯の移動を行うようにリテーナーを設計しているケースもあります。リテーナーは矯正後の形に合わせて作成されており、本来は痛みや違和感を抱くことはありません。しかし、矯正や患者の希望などの要因によって左右される場合もあります。設計によっては違和感や痛みを抱く場合もあるため、歯医者さんによく確認しておきましょう。

痛みの対処方法

矯正後にリテーナーと使う際の注意点

しばらく装着しないと歯が動いてしまう

リテーナーは矯正で動かした歯に正しいポジションを覚えてもらうための器具であり、指示通りに装着しないと歯が矯正する前の状態に戻ります。実は、この期間にリテーナーをしっかり装着しなかったため、時間も費用もかけて矯正した美しい歯並びが崩れてしまい再矯正となる方もいるほどです。 美しい歯並びを維持するための重要な期間となりますので、きちんと装着するようにしましょう。

食事中はリテーナーを外す

矯正器具よりも繊細な作りであり、器具が曲がってしまわないよう保護する必要があります。また、リテーナーが破損して口内を傷つけるリスクもあるため、少しであっても外す方が望ましいですね。基本は食事前にリテーナーを外し、食事後に口内を清潔にして再び装着します。

リテーナーの洗浄は歯磨きの時に

柔らかい歯ブラシで大きな汚れを落とし、専用の洗剤などで毎日お手入れしましょう。手入れを怠ると、最近が繁殖し虫歯や歯周病のリスクを高めるだけでなく、口臭などの原因にもなります。 お手入れの方法は種類によっても異なるため、歯医者さんでよく確認することをおすすめします。

発音が不明瞭になる場合も

装着後しばらくは口に異物が入った状態で話すのに慣れず、発音が不明瞭になる場合があります。リテーナーの種類によって状態は異なりますが、1~2週間で慣れてくる方も多いため少し様子をみましょう。 接客業や営業など、仕事をする上で発音が悪いのは困る場合は事前に歯医者さんと相談することをおすすめします。

破損を避けるため、外した後も丁寧に取扱う

むき出しのまま置いたり、外出中にポケットにそのまま入れたりすると破損の原因となる場合もあります。リテーナーを外したあとは、専用のケースに入れましょう。また衛生面でも良くありませんので、外した後の取扱いにも十分な注意が必要です。

装着時にガムを食べない

リテーナーの素材はガムとくっつきやすい性質があり、歯医者さんで削ってもらわないと取れない場合や作り直しになる場合もあります。また、自分ではずそうとしてリテーナーを破損させてしまう可能性もあり、装着時のガムは厳禁です。どうしてもという場合は、入れ歯用のガムを利用しましょう。

破損したリテーナーは使わない

破損したリテーナーを使うと、移動させた歯を後戻りさせる原因にもなり、それまでの治療が無駄になってしまう可能性もあります。また、破損した状態で使い続けることは口内を傷つけることにもつながりかねない危険な行為です。できるだけ早く歯医者さんにもっていきましょう。軽度の破損であれば、歯医者さんで修理可能です。しかし、ひどい破損の場合は再作成となりますので、日頃から取扱いには気を付けましょう。

矯正中の注意点

まとめ

今回、「リテーナーに痛みを感じる」、「リテーナーが合わないかもしれない」と検討している方には、全国の歯医者・歯科・クリニックが予約・検索・口コミが見られるサイト「EPARK歯科」をご紹介致します。矯正は後戻りが生じるため、異変を感じたら口腔内をチェックしてもらう必要があります。

今日予約できる!矯正歯科を扱う、全国の歯医者さん一覧

今日予約できる!矯正歯科を扱う、全国の歯医者さん一覧はこちら

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

矯正にリテーナーは不可欠!期間はどれくらいするべき?

監修医 本部悠一郎先生

東葉デンタルオフィス

住所
千葉県船橋市本町7丁目23番地12号 東海神駅前ビル1F
ページトップへ