EPARK歯科からのお知らせ

EPARK歯科
EPARK歯科 TOP 京都府 京都市 上京区 今出川駅 堀川歯科クリニック
ネット予約 24時間受付中
0066-9687-905447 無料

電話予約時の注意

※無料通話となります。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARK歯科利用規約第16条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

  • 予約

    0066-9687-905447 <初診予約・空き確認・診察申し込み>

医院からのお知らせ

こちらは、初めての患者様専用ダイヤルとなっております。受診中、通院中の患者様は、診察券に記載の電話番号へご連絡ください。

 

堀川歯科クリニックが選ばれる理由

患者さま一人ひとりに合わせた治療を常に心がけています。
通院が難しくなった患者さまには、訪問歯科診療を行うことで、お口の健康をサポートしています。
「食べる」ことは喜びです。患者さま一人ひとりのその喜びが少しでも長く続くよう、日々診療に取り組んでいます。

 

診療受付

烏丸線今出川駅 出口徒歩13分

〒602-8412 京都府京都市上京区芝之町511

一般歯科 / 小児歯科 / 定期健診 / 予防歯科 / 審美歯科 / 訪問歯科
歯周病 / 入れ歯(義歯) / インプラント / ホワイトニング

診療受付時間
09:30~13:00
14:00~17:00

※歯医者・歯科への電話受付についての注意事項【必読】

歯医者・歯科への電話受付についての注意事項

※お客様が受付専用電話番号に発信した電話番号は、受付確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

 

〒602-8412 京都府京都市上京区芝之町511

烏丸線今出川駅 出口徒歩13分

上京区は同志社大学新町キャンパスがある人通りの多い賑やかな町です。
当院は堀川通り沿いにございます。
大学終わりの学生や地域のお年寄りにも人気のクリニックなので是非、
お気軽にお立ち寄りください。

「徒歩3分」エリアのランドマーク情報
・堀川通り沿い
・同志社大学新町キャンパス

 

 

EPARKに寄せられた堀川歯科クリニックを利用した患者さんの声です。
患者さんのよい声は励みに、患者さんのよくない声は貴重なご意見として真摯に受け止め、積極的に改善を図っております。

数年ぶりの虫歯治療をここでしてもらったんだけど、事前の説明から実際の処置までとても丁寧で、最後まで特に不安を抱かずに身を任せられたよ。
虫歯を削って詰め物をしてもらったんだけど、違和感なく噛めているからここで治療を受けてホント良かったよ!

25コ目の染色体さん 京都府 20代 男性 投稿日 2016/03/13

入りやすい綺麗な医院さん。
スタッフの方も先生もみんな女性で安心感がありました。また行きます。よろしくお願いします。

マントヒヒさん 京都府 40代 男性 投稿日 2015/09/09

 

 

  • 緑のクローバーが、
    当院のイメージです。
  • 受付です。
    まずはこちらまで
    お問い合わせください。
  • 待合スペースです。
    雑誌なども置いているので、
    ゆっくりおくつろぎください。
     
  • 診療チェアです。
    個室の診療室もご用意
    しており、リラックスして
    治療を受けられます。
  • 診療室にはお香を焚いてお
    り、気持ちも落ち着くよう
    配慮しております。
  • 治療器具です。
    滅菌処理を行い、
    衛生面にも配慮しています。

 

大学生や地域の方が多く行き交う賑やかな町に佇む堀川歯科クリニックです。
緑のクローバーのデザインがチャームポイントで、院内は女性の院長ならではの
オシャレな雰囲気を演出しています。
個室の診療室もご用意しているのでリラックスして治療を受けられます。

 

患者様のご要望に沿った治療を

患者さまが身体的な事情で通院できなくなっても、私たちが訪問歯科診療を行なうことで、お口の健康をサポートします。

患者さまとは、できる限り長くお付き合いしたいと考えています。しかし、実際はご病気になってしまわれたり、介護状態になってしまって通院が難しくなってしまう方も少なくないのが現実です。そこで、当院では訪問歯科診療を行なっています。患者さまが座ったままや寝たきりの状態でも、歯科医院で行なうのとほぼ同じ治療ができるように、持ち運びのできる治療機器を取りそろえ、経験豊富な歯科医師や歯科衛生士が患者さまのご自宅まで伺っています。
「食べる」ことは、喜びです。私たちがご自宅に伺って、患者さまの歯をメンテナンスさせていただくことで、できるだけ長く「食べる」ことを楽しめ、少しでも気持ちよく毎日を過ごせるお手伝いができればと考えています。

また、当院では、より白く美しい歯にしたい方のためにホワイトニングも行なっています。お口元は、人の印象を大きく左右します。患者さまにとって理想の美しい歯にするために、歯科医院で行なうオフィスホワイトニングやご自宅で行なうホームホワイトニング、詰め物や被せ物などのプランをご用意しています。被せ物は、いくつかの種類をご用意していますので、予算などに応じてお選びください。ご自身のライフスタイルも鑑みて、どうやって白く美しくしていくかを相談して、一緒に治療を進めていきましょう。

自分の歯を残すために 年代別の歯のケア

小さなころから口内環境を整える努力をし続けることで、できるだけ長く自分の歯で食事を楽しみ、年を重ねても健康な体でいられるようにしましょう。

年を重ねても健康な体でいるためには、お口の中も健康であることが大切です。実際、訪問歯科診療をしていて思うのですが、自分の歯が残っていて、何でもよく噛んで食べていらっしゃる方は元気な方が多いです。そんな健康なお口を保つには、子どものころからのケアが大切です。さらに、年代の応じて適したケアをしていく必要があります。

まず、小さなお子さまは虫歯予防が大切です。乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいので、毎日歯磨きして汚れを落とし、歯科医院でフッ素塗布をしてもらうなどして虫歯を徹底的に予防しましょう。「食事のあとは歯磨き」を習慣にし、おやつを食べすぎないようにするなど、日々の生活からお口の健康を守りやすいスタイルにするとよいでしょう。
中学生や高校生になると、なかなか保護者がお口の健康を管理するということが難しくなってきます。永久歯はだいたい15歳ごろに生えそろいますので、この生涯を共にする永久歯を守るために、引き続き毎日の歯磨きなどでお口の健康をケアしていきましょう。そうすると、20代や30代になってもお口の健康を保ちやすくなります。
女性の場合、妊娠すると女性ホルモンの増加などで歯周病になりやすくなります。また、つわりなどで体調が優れず、お口のケアを十分に行うのが難しくなる場合もあります。出産後は、お子さまのお世話に追われ、ご自身のお口のケアがおざなりになることもあるでしょう。だからこそ、妊娠前から口内環境に気を遣い、つわりが落ち着いたら妊娠中もしっかりと口内環境を整える努力をしましょう。
こうした年代に応じたケアを続けることで、年を重ねても自分の歯で毎日の食事を楽しめるようになります。

お口と全身のケア

お口のケアをすることは、全身のケアをするということです。しっかりと噛んで食事をし続けるために、まずは健康なお口づくりから始めましょう。

お口の健康は、全身の健康とも密接につながっています。その最たるものが、糖尿病と歯周病です。糖尿病になると高血糖状態が続くため体の中の防御反応が低下し、感染症にかかりやすくなると言われています。すると、感染症の一つである歯周病にかかりやすくなるのです。そして、歯周病になると、炎症性物質が歯茎の中で作られてしまい、これが血糖値をコントロールするインスリンというホルモンの働きを妨げ、糖尿病になりやすくなります。このように、糖尿病は歯周病のリスクを高めますし、歯周病は糖尿病を悪化させる場合があるのです。
また、ご高齢になると、食べ物を食道に送る嚥下(えんげ)反射がうまく行えなくなることで、誤嚥を起こしやすくなります。このときに口内環境が悪いと、汚れや細菌が肺に入り誤嚥性肺炎を引き起こしていしまう場合があります。そうならないためには、日ごろのお口のケアが大事です。当院では、嚥下障害のリハビリや食事の指導も行なっていますので、気になることがある方はぜひ一度ご相談ください。

お口の健康を守るために重要なのは、しっかりと噛むことです。しっかり噛んで食事をすると、唾液がよく分泌されるので、虫歯や歯周病の予防につながります。また、胃や腸など消化器官への負担も軽減できますし、満腹感を得やすくなるので、食べすぎを防ぐことで肥満や糖尿病の予防にもつながります。さらに、脳にもいい影響を与えることができます。よく噛むと、筋肉も動くので血流が活発になり、脳神経が刺激されます。これが、認知症の予防につながるのです。ほかにも、しっかりと噛むことは味覚の発達やがんの予防にも効果があるとされています。
お口の健康を守り、ひいては全身の健康を守れるようなしっかりと噛める歯であり続けるために、まずは毎日の歯磨きで健康なお口づくりから始めましょう。

歯を失った場合の選べる治療方法

歯を失った場合に選べる治療方法は、ブリッジや入れ歯、インプラントなどがあります。それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分に向いているものを選びましょう。

当院では、歯を失ってしまった患者さまにブリッジや入れ歯、インプラントなどの方法をご提案しています。
ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削り、一体型の被せものをする方法です。しっかりと固定されるため違和感が少なく、素材は限られますが保険の範囲内で治療できます。しかし、場合によっては健康な歯を削らなければならず、支えとなる両隣の歯に負担がかかるというデメリットもあります。
入れ歯も、素材は限られますが保険の範囲内で治療できます。しかし、隣の歯に金属のバネを固定するため負担がかかりますし、慣れるまでは違和感があるというデメリットがあります。加えて、取り外して日々洗浄しなければなりません。
インプラントは、顎の骨にしっかりと固定することで自分の歯のように使え、しかも周りの歯に負担がかかりません。ですが、自費治療になるため、費用が高額になるというデメリットがあります。
それぞれメリットやデメリットが異なりますので、それぞれの特徴をきちんと理解して、ご自身に合った方法をお選びください。

 

 

先生は訪問診療をかなり力を入れていらっしゃるとお見受けいたしました。これにはどのようなお考えやきっかけがありましたでしょうか?

以前診療していて、通院が困難になったという方のもとへ診療しに行くようになったのがきっかけです。
お年を召されていくと最終的に食べることが唯一の楽しみになるという状況は少なくありません。ですが、訪問診療を始めてみてわかったのですが、外来で今まで通院していたのにできなくなって、家に閉じこもりがちになってしまった方というのは、その楽しみすらなくなってしまうことがあり得るのです。それは本当にツラいことですよね。ですから、食べるという楽しみを歯科的にサポートすることで、「生かされる」のではなく「生きている」という実感をもって楽しめる環境が作れるのではないかと思いました。毎日おいしいものを食べて楽しく長生きできる方が増えればいいなという思いで、訪問診療を続けています。

女医さんという点もあり女性なども通いやすいかと思いますし、男性も女医さんの医院に通われる方は多くなってきております。
先生ご自身が考える女医ならではの「強み」とはなんだとお考えでしょうか?

私自身、子どもがいて、主人もいますので、家庭を持つ主婦の一人です。出産経験もありますし、現在も子育ての真っ最中です。そういう意味では、当院にいらっしゃるお母さん方に共感できる部分は男性医師より多いのではないかなとは思います。あと、実は女性のなかには歯医者を怖がっている方が多くいらっしゃいますので、女性目線で雰囲気づくりをしたり、柔らかい雰囲気にすることで、歯医者が怖い女性でもリラックスして診療を受けやすい環境になるよう意識しています。
ちなみに現在、患者さまの男性女性の割合は半々です。

女性の方などは審美的な治療などに興味を持ちつつも、なかなか一歩踏み出せない方は多いかと思います。
気軽に通えるように患者さんに対して気をつけている点や取り組まれていることはありますか?

当院では、まず一度とにかく丁寧に話を聞くようにしています。短くやりとりをするだけではなく、ドクターやカウンセラーが細かいところまで丁寧にカウンセリングをし、患者さまの要望を聞き出すようにしています。基本的な流れとしては、初診のときに検査を行い、2回目のときにカウンセリングを行なっています。この両方で、患者さまからいろいろお聞きし、治療プランを練っていくのです。
患者様のなかには人見知りで、自分の要望を伝えるのが苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、当院はそういう方でも話しやすいような雰囲気づくりを常に心がけています。それは私だけでなく、当院のスタッフ全員が意識していることです。やはり、診療室の中でドクターを目の前にすると、ちょっと言いにくい…というようなこともあると思います。そういうときでも、受付スタッフや歯科衛生士の誰かしら、患者様自身にとって話しやすい相手がいると思うのです。「この人なら話せるな」と思えたときに、気軽に話しかけられるような環境を整えています。

定期的なメンテナンスは今後当たり前なものになるかと予想されますが、
今のこの地域の患者さんの予防意識はどのような状況でしょうか?
また、それを踏まえて今後この地域を「こうしていきたい」などの先生のお考えをお聞かせください。

この地域の方は、比較的メンテナンスや予防に対する意識が高いように感じます。ですので、ほかの地域と比べたら治療はしやすい環境と言えるかもしれません。
一方で、当院の患者さまは高齢者が少ないです。地域的には高齢者が多いはずなので、もっと高齢者の方にもご来院いただければ嬉しいです。そして、入れ歯が必要な方には、ぜひ入れ歯を作りたいです。入れ歯を作ることで、お口全体のメンテナンスもできますし、その方が気づいていないような癖やお口の病気などもお伝えすることができます。そうすると、ほかの歯が入れ歯になることを防げるようになりますし、それこそが質の高いメンテナンスになると考えています。患者さま一人ひとりのライフスタイルに合わせて、患者さまにできる日々のメンテナンスの方法もお伝えしていきたいです。

先生は入れ歯もやられているかと思いますが、先生がお考えになる入れ歯のメリットやおススメの入れ歯などはどのようなものがありますか?

訪問診療をするようになってわかったのですが、「自分でケアできるか」というのは結構大事なことです。入れ歯は、インプラントに比べて高齢者の方でもケアしやすいという特徴があります。入れ歯は取り外しができますので、もしご自身で洗浄することができなくても、介護の方に頼んで洗浄してもらうことができるからです。また、入れ歯を入れることにより、食べ物をきちんと噛むことができるようになります。私は、患者さまがずっとおいしく食事を楽しめるために、最後の最後まで使えるような入れ歯を作りたいと思っています。
当院の入れ歯の特徴は、とにかく痛くなくて、きちんと噛めるということです。そして、美しい。保険の範囲内でも入れ歯を作っていますが、自費のものも作っています。これは、機能をより高めるような作り方をされたものです。一般的に入れ歯は美しさを求めるものという視点がありますが、当院の入れ歯はそれだけでなく、自分の歯により適合して、きちんと噛めます。劣化したら買い替える必要がありますが、場合によっては修理することも可能です。価格は30万円前後になってしまいますが、機能的な面を考えるとお勧めですね。

最後に、今までの歯科人生で一番嬉しかった出来事やエピソードを教えていただけますでしょうか?

毎日、嬉しいことがあります。「痛くなくなった!」と仰っていただいたり、「きれいになった!」と喜んでいただいたり、「何でも食べられるようになった!」と感謝していただいたりすると、本当に嬉しいです。逆に、「痛い」と言われたりすることもありますので、日々もっと勉強しなければいけないなと思いますが、歯科医師になってよかったなと思うことばかりです。これからも、この仕事で少しでも人の役に立てるのでしたら、それが私にとっても幸せです。

 

院長  籾井 佳子(Yoshiko Momii)

患者さまのご要望に沿った歯科診療を行うことで、患者さまのお口の健康をサポートしたいと考えています。
まずは患者さまの想いやご要望をいろいろお聞かせください。歯と直接は関係のない話でも良いのです。日々の生活のことや、ちょっとした習慣などをお聞かせいただくことで、患者さま一人ひとりの日ごろの様子を知ることができ、そこから患者さま一人ひとりに合わせた治療方法をご提案できるようになります。
一つひとつの治療を、一緒に相談しながら決め、きちんとご理解いただいたうえで丁寧に治療を進めていきます。お口について気になることが少しでもありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。一緒にお口を健康にしていきましょう。

院長経歴

  • 歯科医暦:京都市内歯科医院勤務
  • 出身校(最終学歴):徳島大学
 

堀川歯科クリニックの基本情報

医院名

堀川歯科クリニック

ほりかわしかくりにっく

受付0066-9687-905447 (通話無料)
住所

〒602-8412 京都府京都市上京区芝之町511

アクセス

烏丸線今出川駅 出口徒歩13分

診療項目一般歯科 / 小児歯科 / 定期健診 / 予防歯科 / 審美歯科 / 訪問歯科 / 歯周病 / 入れ歯(義歯) / インプラント / ホワイトニング
診療時間
診療受付時間
09:30~13:00
14:00~17:00

■カレンダー備考欄 ※受付最終時間は30分前です。

スタッフ

先生の人数:男性2人/女性3人 スタッフの人数:男性1人/女性8人 チェア数:3台

待合室

雑誌あり

特徴駐車場あり/オンライン予約/カード払い可/院内処方/ベテラン/男性医師/女性医師
お問い合わせ番号

075-366-8253

  • 予約

    0066-9687-905447 <初診予約・空き確認・診察申し込み>
0066-9687-905447 無料

電話予約時の注意

※無料通話となります。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARK歯科利用規約第16条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

ホワイトニングできれいになりませんか? 掲載のご案内