EPARK歯科
ネット予約 24時間受付中
0066-9756-206687 無料通話
通院中の方
お問合せ
電話予約時の注意

電話予約時の注意

※無料通話となります。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARK歯科利用規約第16条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

駐車場あり!土曜日も診療している痛みが苦手でも通える歯科医院です

経験豊富な医師達が、あなたのお悩みにおこたえします。
治療に伴う痛みが苦手な方でも、麻酔技術に長けた医師による、
痛みを抑えた治療をご提供します。

EPARKからのおすすめポイント

土曜日も午後18時まで
診療可能!

木曜日以外の平日と土曜日は夕方まで診療していますので、平日に時間が取れない方でも通いやすいです。

医院に隣接した
駐車場があります!

医院1階に3台、医院外の敷地に7台、計10台分の駐車場を備えています。
車通院の方も通いやすい環境です。

痛みを抑えた
治療が受けられる!

数々の医院で麻酔経験を積んだ副院長先生による、痛みが少なく、治療をしてもらえるから恐怖心のある方でも治療できます。

塩崎歯科の特徴

  • 麻酔~仮タイトル~
  • CT・設備~仮タイトル~
  • 滅菌~仮タイトル~

診療受付

ネット予約

歯医者・歯科への電話受付についての注意事項

※お客様が受付専用電話番号に発信した電話番号は、受付確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

受付時間

診療受付時間
09:00~12:00      
14:00~18:00      

基本的に予約制ですが、急患の方も随時受付いたします。
まずは当院へお電話ください。

交通案内

〒347-0068
埼玉県加須市大門町4-5

■ 最寄駅からの所要時間
東武伊勢崎線 加須駅 徒歩11分

計10台分の駐車場をご用意しております。

外観や受付写真
 

特徴

寝ている間に手術が終わります
-リラックス治療とインプラント治療-

〈インプラント治療〉
インプラント治療は失ってしまった歯の代わりにチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着してかみ合わせを回復する治療方法です。人工歯根に人工の歯を固定するため、がたついたりせずしっかり噛めるようになります。当院ではノーベルバイオケア社(スウェーデン)とストローマン社(スイス)のインプラントを使用しています。
もちろん当院ではインプラント治療以外の治療(義歯やブリッジ)もおこなっています。どの治療法にもメリット・デメリットがありますので、お気軽にご相談下さい。

〈リラックス治療〉 -静脈内鎮静法-
当院では手術に際し静脈内鎮静法を併用してインプラント治療を行っています。静脈内鎮静法とは点滴から麻酔薬を投与して深いリラックス状態にすることで、不安や恐怖、緊張といったストレスを取り除く方法です。歯科恐怖症や嘔吐反射のある方に非常に有効で、スムーズに処置をおこなうことができます。また、全身疾患(高血圧、心臓病等)をお持ちの方では手術の安全性を高めることができます。
歯がなくて困っているけど、手術が怖くてインプラント治療を決断できないという方や持病をお持ちの方でもインプラント治療を諦めずに、是非一度ご相談下さい。

特徴画像

セラミック・ジルコニアによるメタルフリー治療
-CAD/CAMシステムの導入-

当院では、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・作製するCAD/CAMシステム『セレックシステム』デンツプライシロナ社(ドイツ)と『ジェニオンⅡ』ノーベルバイオケア社(スウェーデン)を導入しています。これらは、3D光学カメラによって口腔内や歯列模型を撮影(スキャン)してモニター上に再現し、コンピュータの3D画面上にて被せ物を設計(CAD:Computer-Aided-Design)し、その後ミリングマシンでセラミックブロックやジルコニアブロックを削り出して被せ物を作製(CAM:Computer-Aided-Manufactureing)するシステムです。また『ジェニオンⅡ』ではインプラント治療に使用するサージカルガイドやインプラントの土台等も作製することができます。
CAD/CAMシステムの被せ物は色調や形態にはある程度の制限がありますが、規格化されたブロックを使用するため品質のバラツキがなく、耐久性の向上やコストダウンなど様々なメリットがあります。また、セラミックやジルコニアは従来のように金属を使用しませんので、金属アレルギーの心配もありません。
もちろん、このシステムによる治療は選択肢の一つにすぎませんので、色調を重視する場合は従来のように歯科技工士と連携して被せ物を作製することも可能です。

特徴画像

定期的に新しい設備を導入しています
-歯科用CT・滅菌消毒設備-

〈歯科用CT〉
当院では2011年に歯科用CTを導入し診査・診断に活用しています。処置前にCT撮影を行うことで従来のレントゲン写真(二次元)では見えなかったところが見え、より的確な診査・診断が行えるようになりました。これにより、正確で安全な検査・診断を行い、治療の確実性を高めることが可能となりました。

〈滅菌消毒設備〉
当院では治療に使用される鏡、ピンセット等の器具類はすべて洗浄・滅菌しています。
さらに、ハンドピース(歯を削る器具)の滅菌システム『DACユニバーサル』デンツプライシロナ社(ドイツ)も導入しています。このハンドピースは常に口腔内に入る道具で血液が付着することもある為、頻繁に洗浄・滅菌する必要があります。当院ではすべてのハンドピースを洗浄・滅菌しています。

その他、炭酸ガスレーザー『オペレーザー』(ヨシダ)や光殺菌装置『Foto San』(CMSデンタル社)、超音波多目的治療器『マルチピエゾ』(メクトロン)、ホワイトニング用加熱装置『ブリリカ』(東京技研)等様々な設備を整えて治療にあたっています。

特徴画像

院内写真

  • 当院のエントランス
  • 個室診療室
  • 歯科用CT
  • セレック
  • 超音波多目的治療器
  • 遠心分離器

インタビュー

患者様の要望と、正しいと思う治療の提案。このバランスが難しいんです。

「歯医者さんが怖くて治療にいけない」「手術の痛みを考えると不安で仕方がない」など、歯科治療に恐怖心や不安をもっている方は多いと思います。当院では、患者さんご本人が要望されていることを丁寧に伺い、今の状況からできるよりよい方向への治療法をご提案します。

診察台にすわっただけで気分が悪くなってしまう方や、口の中に器具が入るとオエッとしてしまう方の場合は、静脈内鎮静法という点滴麻酔を併用してウトウトしている間に治療をする『リラックス治療』をおこなっています。

もっとインタビューを見る

先生が歯科医を目指されたきっかけを教えてください。

院長である父が加須市に歯科医院を開設して44年、今の場所に移転してから39年たっており、(2017年現在)私は歯科医師である父の背中を見つめながら育ちました。子供のころから診療室で多くの患者さまから感謝されている父に憧れ、「自分もいずれはこういう仕事がしたい。」という思い歯科医師になりました。今でも、ずっと通っていただいている患者さまから「大先生にやってもらった差歯が30年もったよ。」と言われることもあるので、自分もがんばらなければと気を引き締めています。

歯科医師としてやりがいを感じる瞬間を教えてください。

やはり患者さんが喜んでくれた瞬間です。

大事にしている事は、相手をよく見てコミュニケーションをしっかり取ることです。例えば治療について患者さまが「ここまででいい」と言われる場合でも、「そうなると今後このようになりますよ」ということはしっかりお話しています。無理やり治療方針を押し付けて進めることは自分も嫌なので、患者さんご本人が要望されていることを丁寧に伺い、今の状況からできるよりよい方向への治療法をご提案しています。そして、ご納得いただいたうえで治療を進めるようにしています。そのような中で、治療が終了して患者さんが喜んでくれた時、達成感とやりがいを感じます。

麻酔学がご専門だとお伺いしました・・・

歯科大学を卒業後、大学院の歯科麻酔学分野を専攻しました。「今後はどんどん高齢化社会になっていき持病のある方も増えていくから、歯科医師も患部だけではなくきちんと全身を見て仕事をしなければならない。」という思いから歯科麻酔学を専門に勉強しました。

歯科麻酔学講座では、歯科治療を円滑にすすめる為に必要な全身管理や各種麻酔法、痛みの管理、障害者歯科について学ぶことができました。とても忙しい日々でしたが、4年間の大学院での研究や、国立栃木病院歯科・口腔外科と東京大学付属病院麻酔科での勤務からどんどんステップアップし、今日まで積み重ねてきた経験が現在の自分の歯科治療に活きていると思っています。
とくに、「静脈内鎮静法」という半分寝てしまっているような状態でおこなう麻酔法で不安や恐怖を取り除き、今まで不安や恐怖を感じて歯科治療や手術に踏みきれなかった方が、治療が終了し、笑顔で喜んでくれるとき本当にうれしくなります。

力を入れている治療内容について教えてください。

『リラックス治療』と『インプラント治療』です。

大学病院勤務時代から国内屈指の症例数を誇るインプラントセンターにおいてインプラント治療に携わってきました。そのなかで数々の著名な先生方に師事し、また、勉強会や海外の学会に参加してインプラント治療を習得しました。現在では、関東全域に加え、愛知や三重、和歌山、四国など多くの地域の歯科医院においてもインプラント治療と静脈内鎮静法をおこなっており、年間約400件のインプラント治療に携わっています。インプラント治療と静脈内鎮静法の両方をおこなえる歯科医師は全国でも少なく、手術後には「こんなに楽ならもっと早く手術すればよかった!」という声を多く頂いています。
もちろん、当院においても、インプラント専用オペ室や歯科用CT、インプラントの歯やサージカルガイドを作製するCAD/CAM機器、様々な種類のインプラント、骨再生用の血液遠心分離機などを導入し、骨がなくてインプラント治療が難しいといった方でも対応できる設備を整えてインプラント治療をおこなっています。

スタッフの皆様の自慢を教えてださい。

当院はスタッフの人数自体は少ないと思います。ただ、少ないことにもメリットがあり、まとまりがあります。私よりもベテランのスタッフもおり、患者さんとのよい潤滑油になってくれていますので、安心して任せています。スタッフに聞けば、あの患者さんのお友達が誰だとか、同級生の旦那さんがどの人だとか、あそこのお店の人だとか、家族のように把握してくれています。 パワフルなスタッフもいれば、それをうまく支えているおとなしくて気が利くスタッフもいて、バランスよく連携が取れているので、とても助かっています。患者さまにも温かく接してくれていることには本当に感謝しています。

設備が充実しているのが印象的ですよね!

当院は現在の場所に移転してから約39年になりますが、定期的にリニューアルして設備を新しくしています。最近では2010年に院内を改装して、設備も新しくしました。歯科医療界も新しい技術・機械がどんどんでてきてますので、より良い歯科治療を提供していく為には、新しい設備を導入して常に知識と技術をアップデートしていかないといけないと思っています。費用はかかってしまいますが、日々の治療において、優れた機械で還元していきたいと思っています。質の高い治療を提供するために、2~3年に1回程度は設備投資として新しい機械を入れるようにしています。

お休みの日は何をされてますか?

仕事が趣味みたいなもので、なかなかゆっくり家にいる時間もないので、休みの日はもっぱら家族サービスに努めています。子供と一緒に旅行にでかけたりしています。

医師スタッフ

院長写真

副院長 塩崎 秀弥 (Hideya Shiozaki)

1978年埼玉県加須市生まれ。小中高と地元の学校に通い、18歳まで加須市で過ごしました。東京歯科大学に進学し、その後同大学院、国立栃木病院、東京大学付属病院、東京歯科大学千葉病院と勤務し、2010年から塩崎歯科に勤務しています。

私どもは歯科治療全般において、地域の皆さまのお口に関するお困りごとを解決するためにお手伝いいたします。 これまで行ってきた数々の治療の経験から、痛みを抑えた治療やリラックスして治療がうけられる空間をご提供いたします。
歯の治療が怖く、歯科医院から足が遠のいてしまっている方も、不安の少ない治療を受けることができます。緊張のためにどうしても歯の治療がうけられないとお悩みの方は、是非とも遠慮なくご相談ください。

略歴

2002年東京歯科大学 卒業
2006年東京歯科大学 大学院修了 歯学博士取得
2006年~2007年国立栃木病院 歯科・口腔外科 勤務
2007年~2008年東京大学医学部附属病院 麻酔科 勤務
2008年~2009年東京歯科大学 歯学麻酔学講座 助教
2009年~医療法人社団 ライオン会 ライオンデンタルクリニック 勤務
2010年~塩崎歯科 勤務
2015年~2016年東京医療技術専門学校 非常勤講師
2016年~東京歯科大学 非常勤講師
現在に至る 
スタッフ写真

院長 塩崎 一秀
(Kazuhide Shiozaki)

略歴

1963年埼玉県立不動岡高等学校卒業
1972年東京歯科大学卒業
日本橋福本歯科 勤務
1975年塩崎歯科 開設
1987年東京歯科大学 歯学博士取得
1991年東京歯科大学生理学講座
非常勤講師
2001年東京歯科大学解剖学講座
非常勤講師
スタッフ写真

歯科医師 塩崎 恵子
(Keiko Shiozaki)

略歴

1998年兵庫県立神戸高等学校卒業
2005年東京歯科大学卒業
2009年東京歯科大学 大学院修了
歯学博士取得
東京大学医学部附属病院
麻酔科・痛みセンター 勤務
2010年東京歯科大学歯科麻酔学講座
助教
2015年東京歯科大学歯科麻酔学講座
非常勤講師
塩崎歯科 勤務
  • 現在産休を頂いております。出産、子育ての経験を生かした治療を皆様にお届けできるよう、まずは母として精進していきたいと思っております。
スタッフ写真

歯科医師 塩崎 一成
(Kazunari Shiozaki)

略歴

1997年東京歯科大学卒業
2001年東京歯科大学 大学院修了
歯学博士取得
東京歯科大学解剖学講座 研究助手
鶴見大学解剖学第一講座 助手
2003年鶴見大学解剖学第一講座 助教
2009年塩崎歯科 非常勤歯科医師
2012年~東京衛生学園専門学校
非常勤講師
2013年~東京歯科大学解剖学講座
非常勤講師
東京医学技術専門学校
非常勤講師
鶴見大学口腔解剖学講座 講師
2014年~州立ミネソタ大学(アメリカ)
歯学部 診断生物学講座
客員准教授
  • 以前より、父の医院で診療を手伝っております。皆様とお会いできる機会はあまり多くありませんが、「来てよかった」と思っていただけるような歯科治療を目指しておりますので、何かあったらぜひご相談ください。
スタッフ写真

当院のスタッフ

塩崎歯科の基本情報

医院名

塩崎歯科しおざきしか

予約

0066-9756-206687(予約専用番号)

ネットで予約

営業時間を気にせず、24時間ご予約いただけます。

住所

〒347-0068 埼玉県加須市大門町4-5

アクセス

東武伊勢崎線加須駅 北口徒歩11分

診療時間
診療受付時間
09:00~12:00
14:00~18:00
診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 口腔外科 小児歯科 噛み合わせ 予防歯科 インプラント ホワイトニング
施設規模
診療チェア数4台
先生の人数常勤男性2人
スタッフの人数常勤女性4人
お問合わせ

0480-62-5778

特徴

施設情報

駐車場
7台分の駐車スペースを完備しております。

サービス

急患対応

塩崎歯科の特徴

 

加須市大門町にある 塩崎歯科 は、東武伊勢崎線 加須駅より徒歩11分のところにある医院です。保険診療から自費治療まで様々な治療を行っており、歯科治療に対して「不安」や「恐怖心」をお持ちの方も、「安心」して治療を受けられる、患者様目線に立った「分かり易い説明」を心掛けております。医院内は快適に歯科治療を受けていただける空間になっており、リラックスした気分で治療に臨めます。小さいお子様やご年配の方まで年齢問わず、健康で綺麗な口元になりたいとお思いの方におすすめですので是非お越しください。
★塩崎歯科(加須市大門町) 【アクセス】 東武伊勢崎線 加須駅より徒歩11分

 

0066-9756-206687無料通話
通院中の方
お問合せ
電話予約時の注意

電話予約時の注意

※無料通話となります。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARK歯科利用規約第16条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。