歯から膿が出る病気「歯根嚢胞」の原因と治療法について


歯_膿

『歯根嚢胞(しこんのうほう)』という歯の病気をご存知ですか?これは、歯の根に先に膿がたまる病気です。虫歯や歯周病とは違い、あまり知られていませんが、実は一般的よくある口の中の病気です。

特に、以前に歯の神経を抜いたり、根の治療をしたりと、治療経験のある人は、経過が悪いと起こりやすい傾向があります。もし放置すれば、細菌の感染が広がり、我慢できないほどの激しい痛みに見舞われることもあります。この記事では、根嚢胞の原因や治療について知っておきたい基礎知識をお伝えしていきます。

歯の根に膿がたまる理由

通常、歯の根は、無菌状態の神経の管が通っています。しかし、そこになぜ膿がたまるのでしょうか。ここでは、膿がたまる理由について説明します。

1-1 細菌感染

細菌が奥へ奥へと侵入すると、身体の防衛反応でこれ以上細菌が広がらないように、膿の袋ができてしまいます。膿とは、細菌と闘った白血球の死骸です。

大きな虫歯

大きな虫歯が原因で細菌が歯の奥にまで侵入する場合があります。虫歯が原因で、炎症が歯の根の先に進み、顎の骨を溶かして、抜歯せざるを得なくなることもあります。

治療後の劣化

一度神経の治療した後、治療が不十分だったり、劣化したりして、再び細菌が侵入する場合があります。再治療になっても、歯はできるだけ残した方がよいので、根気強く治療を続けましょう。

神経がない歯が割れる

一度治療をして神経のない歯は、枯れ木のようにもろいものです。弾力がなく噛む力に負けて割れやすくなります。その結果、歯が割れたり、ヒビが入ったりすると、細菌が侵入し歯の根に膿の袋を作ってしまいます。

スポーツや事故で歯が割れる

神経のある歯でも、スポーツや事故などで歯に大きな衝撃がかかると、歯が割れたりヒビが入ったりするこがあり、そこから細菌が侵入して歯の根に袋を作ってしまいます。もし、歯が抜けたり、割れたりしたときは、再生できることもあるので、すぐに歯医者さんに行きましょう。

1-2 膿がたまる病気は歯根嚢胞

歯の根の先に袋状のものができる病気を歯根嚢胞といいます。嚢胞(のうほう)とは、身体の中にできる水風船のようなものです。

これは、歯の神経がある管が汚れ細菌が繁殖した結果、その細菌と闘った白血球の死骸が膿となってたまった状態です。嚢胞が大きくなると、歯の周りにある顎の骨を溶かすこともあるこわい病気です。

歯根嚢胞の症状

歯根嚢胞の症状は、人によって体調によってさまざまです。ここでは具体的な症状をご説明します。

2-1 症状がない

痛みや自覚症状がない場合もあります。しかし、レントゲン撮影すると、歯の根の先に丸く黒い影が見えます。黒い影は骨が溶けてなくなっているためで、その部分には膿がたまっています。

2-2 膿が出る

細菌は骨や歯茎を破壊していき、歯茎に小さな穴があくとそこから膿が出ることがあります。膿は、酸っぱい味と口臭があります

2-3 歯が浮いた感じがする

膿のたまる量が多くなると袋は圧力がかかります。すると、歯を押すような動きをして歯が浮いたような感じがします。特に、疲れたときや風邪をひいたときなど、身体の抵抗力が落ちると起こりやすい症状です。

2-4 オデキができる

歯茎に穴があくと、歯茎の部分にオデキのような膨らみができます。指で押すと膿が出たり、オデキが破れると口臭が強くなったりします。

2-5 歯の痛み

噛むと、膿が入った袋が歯を押したり、袋の中の圧力が高まったりして、痛みが出ることがあります。また、膿が入った袋が大きくなると神経を刺激して痛みが出ることもあります。

2-6 頭痛

上の歯の根に膿がたまると、細菌が鼻の方へ進んでいきます。副鼻腔(鼻のまわりの空間)に、細菌が侵入すると副鼻腔炎や蓄膿症の原因となり、頭痛が起こることもあります。

歯根嚢胞の治療

嚢胞の大きさや歯の状態などにより、治療方法が変わります。ここでは、具体的な治療をご紹介します。

3-1 根管治療

嚢胞が小さい場合に行う歯の根の治療です。被せ物、詰め物を全て外し、歯の根をきれいにし無菌状態にします。再度細菌に感染しないように根の中に薬を詰めて、最後に被せ物や詰め物をします。

3-2 歯根端切除術

根管治療では治らない場合や被せ物をはずせない場合に行う、歯茎を切開して膿を出す治療です。手術は、麻酔注射をして歯茎を切り開きます。

骨を露出させたら炎症や感染のある場所を根の先と一緒に切除します。最後に、切り開いた歯茎を糸で縫います。炎症や感染があった場所は、数か月で骨におおわれ治っていきます。

3-3 嚢胞開窓術

嚢胞の壁を一部切除して、膿の通り道を作り、膿を出す治療です。手術は、麻酔注射をして、歯茎を切り開き、嚢胞の一部を切って膿を出します。一部だけを糸で縫って、傷口が開いた状態に膿が出るようにします。

手術後、小さくなった嚢胞を摘出することもあります。嚢胞開窓術は、残した嚢胞の悪性化や再発のリスクを伴うため適用されることが少ない治療です。

3-4 抜歯

どの治療法もできないと判断した場合は、抜歯となります。

急いで歯医者さんへ

歯から膿が出る症状は、早く歯医者さんへ行くことが大切です。また日頃から歯医者さんでお口の中の状態を確認しておくとより安心できます。ここでは、歯医者へ行く大切さについてご説明します。

4-1 早期発見のために歯科健診へ 

歯根嚢胞がある人でも、痛みなどの自覚症状がない場合は病気の発見が遅れるケースもあります。歯に自信のある人でも、定期的に歯科健診へ行きお口の中の状態を確認すると安心です。

また、歯の中は目に見えないのでレントゲン撮影も大切です。レントゲン撮影された影が、歯根嚢胞ではなく腫瘍というケースもあります。

4-2 歯根嚢胞は自然治癒しない

歯根嚢胞は、自然治癒することはありません。放置すると、細菌が顎の骨まで広がり大きな手術が必要となります。気になる症状があるときは、早めに受診しましょう。

4-3 根管治療の完治は難しい

初期の歯根嚢胞は根管治療によって治療します。しかし、しっかり治療しても再発する可能性がでてしまいます。

歯の根の管は複雑

歯の根の管は、曲がっていたり、枝分かれしていたりと複雑です。そのため、一度細菌に感染しまうと完全に無菌化することは難しくなります。

治療場所が見えない

歯根の管の中は、真っ暗です。治療は高い技術が求められます。

4-4 進化する歯の根に治療

歯の根の治療は、日々進化しています。最近では顕微鏡や新しい器具が普及してきました。たとえば、顕微鏡を使用すると、歯の根の管を明るく照らし拡大しながら治療できるので、より正確な治療ができます。

まとめ

歯から膿が出る症状は歯根嚢胞の可能性があり、早めに歯医者さんへ行くことが大切です。また、治療後は再発しないために経過観察や根気強い治療を続けることが自分の歯を残すことになります。

また、健康な人でも、定期的な歯科健診へ行き、レントゲン撮影も積極的に受けましょう。目には見えないお口の病気を早期発見できるかもしれません。

<全国の歯医者さんを検索!>

飯田歯科医院

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):