歯がボロボロで歯医者へ行くのが恥ずかしい!先生の本音は?


歯医者恥ずかしい

歯の調子がおかしいのであれば、歯医者に行くべきです。しかしそれはわかっていてもなかなか重い腰が上がらないという人も少なくありません。

その理由の中の一つに「歯医者に行くのが恥ずかしいから」というものがあります。口の中が虫歯などでボロボロになっていると、それを医者に診られるのに抵抗があるという話はしばしば耳にします。

もしボロボロの状態の口の中を見ると歯医者はどのように感じるのでしょうか?また歯医者に通うにあたって患者が心がけるべきことについても見ていきます。

先生たちの率直な感想とは

1-1 患者さんを診る目はみんな一緒

口の中が虫歯などでボロボロになっていると、歯医者に診せるのが恥ずかしいという人は多いです。特に若い女性の間でそのような抵抗感を抱く人が多いです。

しかし歯医者の立場から見てみると、別に口の中が汚いからといって特別な感情を抱くことはないです。そもそも歯医者というのはそのような口の中の状態の悪い人が多数訪れるところです。

しかも歯医者は毎日何十人という人の口の中を診ていきます。ですから歯がボロボロになっている人を診るのはいつものことなのです。

歯医者に行きたいけれども恥ずかしいからと躊躇しているのであれば、あまり心配をする必要はないでしょう。

1-2 心配する気持ちのほうが強い

口の中がボロボロになっている患者を診ると、歯医者はむしろ心配になるといいます。かなり状態の悪い患者の場合、それだけ疾患を長期間にわたって放置してきたと推測できます。

このため「きちんと最後まで治療を受けてくれるのかな?」とか「歯をきちんと温存できるかな?」といった心配をすることが多いといいます。

1-3 問診で専門家目線からのアドバイス

勇気を振り絞しぼって歯科クリニックに通って治療すると、「もうあのような経験はしたくない」と思う人が多いです。歯が再びボロボロの状態にならないようにするためには、普段からのデンタルケアが重要になります。

そこで歯科クリニックを選ぶときには、問診の時にアドバイスをしてくれる歯医者を探すと良いでしょう。いまどのような状態なのか、治療はどうやって行って、どの程度まで回復するのか、その後のケアをどうするのかなどを専門家の視点からいろいろと助言してくれると安心して任せられるでしょう。

1-4 酷ければ酷いほど治したいと思う歯医者も

歯科医師の中には、歯や歯茎の状態の悪い患者であればあるほど燃えるという人も意外と多くいます。ボロボロということは、それだけ治療のやりがいのある患者とも言えるのです。

ひどい状態から治療を始めて、しっかり治療できればドクターも達成感を味わえます。「またご飯をおいしく食べられるような状態まで持っていってあげたい」と考える歯医者が多いです。

このようにひどい口の中の状態で歯医者に行くと恥ずかしいと思う必要はないです。むしろ放置しても悪化することはあっても改善することはないので、早めに受診しましょう。

どんな歯医者さんにお願いすべきか

2-1 ただ怒るだけの歯医者はNG

ボロボロの状態の歯を歯医者に診せるとドクターの中には、「こんなになるまでなんで放っておいたのですか?」のような感じで怒る人もいます。

歯の治療は早期に始めれば簡単にしっかりと治療できるのですが、症状がどんどん進行すると治療の選択肢も狭まります。その意味で怒る歯医者もいます。

大半の歯医者は「何とか治せるところまで治して、おいしくご飯の食べられる状態にしよう」と思うはずです。

2-2 問診時、痛みが伴うかどうかを明確に伝える

歯医者の問診では、いろいろなことを聞かれるはずです。その中でも、痛みがあるのか、どこにどのような痛みがあるのかについては確実に質問されるでしょう。

この時に正確に伝えるように心がけることです。痛みの状態を聞くことでどのような病気が考えられるか、治療するときにどのようなところに注意すべきかなどを歯医者は判断するからです。

どのような細かなことでも構わないので、痛みについてはできるだけ詳しく説明するように心がけましょう。

2-3 正しい歯磨きを教えてくれる歯医者を選ぼう

デンタルケアの基本は、毎日自分自身で行う歯磨きです。しかしこの歯磨きですが、正しく行えていない人が多いです。良い歯医者というのは歯の治療だけでなく、虫歯や歯周病にならないような予防歯科にも力を入れています。

そこで歯の治療を行う一方で正しいブラッシングのやり方を指導してくれるような歯医者を見つけましょう。そうすれば、虫歯や歯周病の再発の確率を下げられます。

患者側の心得

3-1 途中で治療をやめない

歯医者に通う場合に絶対にやってはいけないのが、途中で歯科に行くのを止めてしまうことです。中には痛みもなくなって、口の中を診てもおかしなところがないからという素人考えで勝手に行くのを止めてしまう人もいます。

しかし一見すると問題なくても、完治していないケースもあります。医者の指示に従って、「これで最後です」と言われるまでは通いましょう。もし歯医者との相性が良くなかったとしても治療をやめてしまうのではなくて、他のクリニックに変えるなどしてきちんと治療を完結させることです。

3-2 痛くなったらすぐに報告

歯医者に通う場合に絶対にやってはいけないのが、途中で歯科に行くのを止めてしまうことです。中には痛みもなくなって、口の中を診てもおかしなところがないからという素人考えで勝手に行くのを止めてしまう人もいます。

しかし一見すると問題なくても、完治していないケースもあります。医者の指示に従って、「これで最後です」と言われるまでは通いましょう。もし歯医者との相性が良くなかったとしても治療をやめてしまうのではなくて、他のクリニックに変えるなどしてきちんと治療を完結させることです。

3-3 市販薬に頼らない

歯の痛みを感じるときに歯医者に行かずに市販の薬を服用して何とかしようとする人もいます。鎮痛剤を服用することで、歯の痛みは治まるかもしれません。

しかしこれはあくまでも一時的な効果で、応急処置として使うべきものです。痛み止め効果だけで、痛みの原因の根本的な解決にはなりません。

ですから市販薬に頼りすぎると、結局症状がどんどん悪化することになりかねません。しっかり病気を治したければ、歯医者の治療を受けるべきです。

3-4 以前の治療内容をしっかりと伝える

もし前に歯医者で治療を受けたことがあれば、その内容について説明しておくと良いでしょう。

またとある歯医者で治療を受けていたけれども、どうも相性が悪いので途中でクリニックを変えたという場合でもどの程度治療が進んでいるかを知るために以前の治療内容は伝えるべきです。

別に詳しく伝えることはないですが、どこの歯の治療を行ったかくらいは伝えるように心がけましょう。

 

まとめ

ボロボロの歯の状態になると、歯医者になかなか足が向かないという人もいるでしょう。しかしそのまま放置しても悪化するだけですから、早めに歯医者で治療を受けるべきです。

ドクターは口の中の状態は医学的に見ているだけで、汚いとか感じることはまずありません。ぜひこの機会に歯医者さんへ行ってみようと思ってくれたら嬉しいです。

飯田先生