食後何分以内がベスト?歯磨きのタイミングはいつがいい?


歯磨き タイミング

「歯磨きするタイミングって、いつがベストなんだろう?」と思ったことはありませんか?朝の歯磨きは起きてすぐがいいのか、朝ごはんの後がいいのかなど、考え始めたらキリがないですね。

「結局、その都度磨いているけど、本当に歯磨きのタイミングとして適切なの?」ともやもやしている方もいるでしょう。

そんな方にぜひ、チェックして欲しい情報を集めました。ここでは、押さえておきたい歯磨きのタイミングや、歯磨きが上手になるコツをお伝えします。また、歯磨きできない時の対処法も知っておくと便利ですよ。

食後30分は歯磨きを控えるべき?

1-1 食べた直後に歯磨きしよう

「食後30分は歯磨きを控えよう」という話を聞いたことはありませんか?その理由は、食後の口内環境にあります。口の中にいる細菌が、食べ物に含まれる糖をエサにして、口内環境を酸性にします。

酸性の環境では硬いエナメル質が溶け、歯がいつもより柔らかく傷つきやすい状況になってしまいます。口内環境が酸性からアルカリ性に戻ると、再石灰化が始まり、溶けた歯を修復します。

食後約30分の間は酸性が強く、「いつもより傷つきやすいから、歯磨きは控えよう」と言われっているようです。しかし、本当は1分でも酸性の時間を減らすために、細菌の餌となる糖を除去することのほうが大切なのです。

ですので、口内がもっとも酸性に傾く、食後10分以内に歯磨きするのが、ベストなタイミングといえるでしょう。

1-2 おやつの後はうがいだけでもしよう

10時のおやつに3時のおやつ、子供はこまめに栄養を摂取する必要があり、おやつタイムは欠かせません。しかし、ご飯やおやつのたびに歯磨きするのは大変ですし、磨き過ぎると傷つきやすくなることもあります。とはいえ、ケアをしないと虫歯の原因になってしまいます。

そんな時は、口をゆすいだり、お茶を飲んでお口の中を清潔にして、アルカリ性に戻りやすくしておきましょう。甘みが入っているものではなく、水や麦茶・緑茶がおすすめです。

1-3 酸蝕症の方は食後1時間ほど間を空ける

酸性の飲食物や胃酸などで歯のエナメル質が薄くなっている、酸蝕症(さんしょくしょう)の方は、食後すぐ歯磨きをしてはいけません。通常よりもエナメル質がもろく傷つけてしまう可能性が高いため、食後一時間ほど待って、再石灰化が始まった頃に歯を磨き始めましょう。

この場合でも、食後に口をゆすいだり、お茶を飲むなどして、少しでも酸化時間を減らすことをおすすめします。

迷いがちな朝の歯磨きのタイミングは?

朝の歯磨きは、起きた直後にするという方と、朝食後にするという方に分かれます。朝2回磨くのは大変ですし、磨きすぎになってしまうため、1回はうがい、もう1回は歯磨きという具合に分けましょう。

ベストなのは起きた直後にうがいし、朝食後に歯磨きという流れです。起き抜けの口内は、就寝中に繁殖した細菌がネバついていて気持ち悪いものです。ですので、起き抜けに口をゆすいで洗い流すことで、すっきりとした気分で朝食を食べられます。

その後、朝食をすませて歯磨きをすれば、食べかすが口内に残ることもないため、虫歯や口臭予防にも最適です。

赤ちゃんの歯はいつ磨く?

3-1 ガーゼを使ってササッと軽く

赤ちゃんの歯磨きのタイミングで、迷っているママも多いでしょう。1日に何度もミルクの時間はありますし、歯が生えると離乳食も始まります。「そのたびにしっかり歯磨きするのはやり過ぎ?」と不安になったり、「虫歯をどのように予防すればいいか分からない」という方も多いでしょう。

虫歯にならないか不安になりがちですが、赤ちゃんのデリケートなお口に、何度も歯ブラシを入れる必要はありません。歯が生えてくるまでは歯磨きの練習として、ミルクを飲んだ後に、濡れたガーゼで拭っておくだけでOKです。

また、歯が生えてきたらガーゼで拭いた後、機嫌がいいなら赤ちゃん用の歯ブラシを与え練習するのも効果的です。上下の前歯が出てきたら、なるべく夜の授乳は控え、飲んだら必ず歯を拭っておくことをおすすめします。

3-2 離乳食に移行したら本格的に歯磨きしよう

ミルクよりも歯に食べかすなどが粘着しやすい離乳食が始まったら、歯磨きも本格化させる必要があります。1歳2ヶ月くらいになると、前歯だけでなく、臼歯も生えてくる赤ちゃんが多いです。

溝があり前歯に比べて複雑で磨きにくい特徴があり、虫歯になりやすい歯です。ガーゼと歯ブラシをうまく使い、食べたら磨くことを習慣化していくといいですね。

なかなか長時間の歯磨きさせてくれないかもしれませんが、寝る前は特にしっかりと磨くよう意識しましょう。また、食べた後にはお茶を飲むクセを付けることも、一緒に習慣化するとさらに虫歯を遠ざけることができます。

歯磨きを上手に済ませるコツ

4-1 磨く順番を決めておく

「長い時間、歯を磨く時間の余裕がない!」という時には、磨く順番を決めてロスのない最短ルートを作り、効率よく歯磨きをしましょう。例えば、上の歯の外側を一周したら中側を一周し、下の歯も同じ順番で磨くなど自分の中でルールを作ります。

バラバラに磨いている方も多く、いつも磨けていない箇所や、何度も磨いている箇所があることも多いです。あまり気にしたことがなかったという方は、一度鏡の前で、いつもどおり歯を磨いてみて、自分の歯の磨き方を観察することをおすすめします。

4-2 洗面所の前で歯磨きしよう

テレビを見ながらや、お風呂に入りながらなど「ながら磨き」をしている方も多いですが、歯磨きは鏡の前ですることをおすすめします。自分が磨いているつもりの歯と、実際の歯がずれている場合も多く、磨き残しの原因となります。

どうしても鏡の前での歯磨きが面倒なときは、歯磨きの最後に、鏡の前で磨き残しチェックをする習慣を付けることをおすすめします。

4-3 歯磨きアプリを活用する

順番を考えるにも、歯磨き時間をチェックするにも、専用のアプリを活用すると便利です。最近はキャラクターものや、歯医者さんが作ったものなど多彩な種類があり、子供だけでなく大人も活用しています。

4-4 磨けているか歯垢染めだし液でチェック

子供でも大人でも、それぞれ歯磨きにクセがあり、いつも磨けていない部分があるものです。たまに染め出ししてプラークの位置を鮮明にし、自分のクセをチェックし矯正することをおすすめします。

4-5 歯医者さんで歯磨き指導を受ける

子供はもちろん、大人も歯の正しい磨き方を知らない方のほうが多いといわれています。歯磨きの効率的な方法を知りたいなら、プロの指導を仰ぎましょう。

最近は、予防歯科に力を入れている歯医者さんが多く、歯磨き指導をしてくれる歯医者さんがほとんどです。電話で「歯磨き指導希望」と伝え、当日いつもの歯ブラシを持って行きましょう。

歯磨きできない時の対処

5-1 水やお茶を飲む

仕事などで、どうしても食後に歯磨きできないこともありますよね。そんなときは、水で口をゆすいだり、お茶を飲んだりすることで食べかすを洗い流し、再石灰化を促します。ただし、無糖のものでも炭酸水は酸性なのでおすすめできません。

5-2 シュガーレスガムを噛む

ガムを噛むことで唾液が大量に分泌され、食べかすを洗い流し再石灰化を助けます。特に細菌の働きを弱める効果がある、キシリトールが配合されているガムがおすすめです。

まとめ

歯磨きのタイミングは食べた直後が一番おすすめです。うがいや歯磨きを使い分け、早めに再石灰化できる環境を整えることで、虫歯になりにくい歯になります。子供たちにも習慣づけてあげてください。

飯田歯科医院

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):