コーヒーによる歯の着色を改善!自宅でもできるステイン除去まとめ

コーヒーによる歯の着色を改善!自宅でもできるステイン除去まとめのアイキャッチ

普段からコーヒーを飲むことが習慣になっている方は、多いのではないでしょうか?朝、目覚まし代わりに飲んだり、仕事の合間にコーヒーで一息入れるとホッとしますよね。街中を歩いていても、お洒落なカフェやコーヒースタンドを目にする機会が増えてきました。
一方で、そんなホッとするための一杯が、歯の着色(ステイン)汚れの原因になってしまうことがあります。「ステイン(Stain)」とは英語で「しみ・汚れ・染色」という意味です。一般的に、歯科で使われるステインという用語も、「歯の表面についた着色汚れ」のことを指します。
歯の表面にステインが蓄積する事によって、だんだん歯が茶色くくすんでいき、汚い歯の印象になってしまいます。「毎日コーヒーは飲みたいけど、歯が黄ばむのはちょっと…」という方のために、コーヒーのステインを抑える方法を紹介していきます。

1 自宅でもできる!着色汚れの落とし方

自宅でも実践できる、「着色汚れを落とす方法」をいくつかご紹介します。

1-1 歯を白くする歯磨き粉

歯を白くする歯磨き粉は、スーパーや薬局で気軽に購入することができます。
「ホワイトニング効果」と表記のある歯磨き粉には、研摩材やステインを歯の表面から浮かせる成分が含まれています。
こういった効果のある歯磨き粉を習慣的に使うことで、ステインを落とし、本来の白さの歯を取り戻すことができます。

ただし、こういった歯磨き粉は、あくまで歯の表面の汚れを落とすだけで、元の白さに以上に歯を漂白する効果はありません。
歯そのものの色を更に白くしたい場合は、歯医者さんでホワイトニングの治療を行う必要があります。

ちなみに、ステインを落とす成分には

・ピロリン酸ナトリウム
・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム

などがあります。

タバコが原因の着色に対しては、「ポリエチレングリコール」も有効です。

1-2 歯の消しゴム

歯の消しゴムをご存じでしょうか。
歯の消しゴムには、シリコンゴムと研磨剤が含まれています。
普通の消しゴムのように歯の表面をこすり、付着した着色汚れを落とすことができます。

ただし、強くこすりすぎないよう、注意が必要です。
研磨剤が入っているので、力を入れすぎると表面に傷を作る恐れがあります。

1-3 電動歯ブラシ

着色汚れの除去に特化した電動歯ブラシも市販されています。
超音波を使って歯の表面に付着した着色汚れを落としたり、着色汚れを落とすために設計・開発された取り換えブラシが附属していたりします。

電動歯ブラシで歯磨きをする際は、研磨剤の入った歯磨き粉はあまり使用しないようにしましょう。
電動歯ブラシのパワーは強いので、研摩材を使ってしまうと、歯の表面を傷つけてしまうことがあるためです。

2 セルフケアだけで白い歯を維持するのは難しい

それでも、セルフケアだけで着色をゼロにするというのは現実的ではありません。
コーヒーやチョコレート、赤ワインなどの着色が着きやすい飲食物を、「歯が汚れるから」という理由だけで摂取回数を減らすのは、大きなストレスとなってしまうでしょう。

しっかりとセルフケアをしていたとしても、どうしても着いてきてしまうステイン。
頑固なステインも、歯医者さんでPMTCを受ければしっかりと落とすことが可能です。

2-1 PMTCとは?

歯医者さんで行う歯のクリーニング方法に「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」というものがあります。
PMTCとは、歯科衛生士さんが専門のブラシや研摩材などを用いておこなう、口腔内の研磨清掃のことです。
着色が目立ってきたな、と感じたらぜひ歯医者さんでPMTCを受けてみてください。
清掃後は、頑固な着色汚れが落ちて、歯の表面がツルツルになっていることを実感できるはずです。

歯医者さんでおこなうPMTCのイメージ写真

2-2 PMTCは保険適応?

原則、保険診療は「病気になった状態を治療する」目的で行うものです。
そのため、治療ではない「虫歯予防」や「ホワイトニング」、見た目の改善のための「クリーニング」であるPMTCは自由診療(自費診療)の扱いになります。

しかし、虫歯や歯周病の治療と同時に受ければ、保険が適用されるケースもあります。
大半の成人は軽度の歯周病と診断がつく事が多く、それらの検査・治療と同時なら保険内でクリーニングする事も出来るかもしれません。
事前に歯医者さんに確認してみるのも良いかもしれません。

2-3 PMTCで落としきれない汚れにはプロフィージェット・エアフロー

プロフィージェット・エアフローとは、強力なジェット水流を歯に吹き付けて汚れを落とす方法です。
吹き付ける水に、炭酸水素ナトリウムや炭酸カルシウム、グリシンなどを細かいパウダー状にしたものを混ぜて、歯に向けて高圧で噴射します。
そのため、PMTCだけでは落とせなかった頑固な着色や、細かい部分の汚れを除去することができます。
水と粉を高圧で吹き付けるので、歯茎が少々チクチクする感じはありますが、それほどの痛みではありません。

エアフローやジェットクリーニングは同じ施術を指しますが、歯医者さんによって導入している機器が異なるため、呼び名が違うことがあります。
また、治療を受ける際は、自由診療(自費診療)となるため、歯医者さんによって料金が異なります。

3 日頃からの努力で白い歯に!着色予防の方法

着いてしまった着色を特別な道具を使って落とすのも良いのですが、虫歯と同じで、大切なのは日頃のケアです。
後から頑張ってどうにかするよりも、日頃のケアで予防をする方がずっと楽です。

ここでは、日常的にできるちょっとした着色予防の方法を紹介します。
毎日のちょっとした気遣いで着色を減らすことが出来れば、マメに歯医者さんで落とす必要がなくなるかもしれませんよ。

3-1 ゴシゴシ磨かない!優しい歯磨きを実践

力を入れて、ゴシゴシと歯磨きをするのはやめましょう。
汚れを落とすために力を入れすぎると、歯の表面に傷ができます。
表面にできた細かい傷に食べ物の色素や汚れが入り込んでしまうと、落としにくい頑固な汚れに変わります。
優しい歯磨きを心がけましょう。

3-2 食後のうがいを心がける!

食事の後に、うがいの習慣をつけましょう。
着色しやすい食べ物を口にしたとしても、すぐにステインになるわけではありません。
食後すぐにうがいをすることで、口内の色素を洗い流すことができます。

食後にうがいをしてステイン予防をする女性のイメージ写真

3-3 ガムを噛んで、唾液の分泌を促す!

唾液には、口内の汚れ・雑菌を洗い流したり、殺菌したりする働きがあります。
就寝中は唾液分泌量が減少するため、虫歯が発生しやすい環境になります。
寝る前の歯磨きはしっかりおこなうべきだとされるのは、唾液による殺菌作用が昼間より期待できないからです。

ガムを噛むと、唾液の分泌を促されます。
普段からガムを噛むようにして、着色予防・虫歯予防に役立てましょう。

4 コーヒーで歯が着色するのはなぜ?

4-1色素が歯に沈殿するわけではない

「コーヒーは褐色だから、この色がそのまま歯にこびりつく…」という考えは、細かく言えば、歯が着色するメカニズムとして正しくはありません。
歯の表面には、タンパク質で出来た「ペリクル」という薄い膜があります。

ペクリルには、

・歯の表面のエナメル質を保護する
・虫歯菌が作る酸によって歯が負ったダメージを「再石灰化」で修復する

といった役割があります。

しかし、歯の着色汚れについては、このペリクルがネガティブな働きをしてしまいます。

4-2 ネガティブな働きとは

食事をすると、口の中の環境は酸性に傾き、歯の表面を覆っているペリクルは溶け出していきます。
しかし、唾液(pHはほぼ中性)(※)が出ることによって、酸性だった環境は30分ほどで元の中性に近い状態に戻ります。
そして、一時的に溶け出したペリクルが再び歯の表面を覆う事になるのですが、この時に、お口の中に食べ物や飲み物の着色成分が残っていると、ペリクルは着色を巻き込んで歯の表面に付着する事になってしまいます。

一回の付着は非常に少ないものですが、これが毎日習慣的に繰り返される事によって、だんだんと目に見えるステイン汚れになっていきます。
このステインは、付着した直後であれば歯磨きによって落とすことができるのですが、歯磨きを怠けたり、磨き残しがあったりすると、次第にペリクルは強固なものになります。
いずれ、通常のブラッシングでは落とす事が困難なステイン汚れとなってしまいます。

※pH(ペーハー)は、酸性やアルカリ性の程度を現す単位です。
pHが高いほどアルカリ性、低いほど酸性、その中間の数値だと中性となります。

5 歯の着色を引き起こしやすい食べ物とは?

コーヒーだけではなく、他にもステイン汚れを作り出す飲食物は存在します。

◆紅茶

紅茶に含まれる「タンニン」は、唾液に含まれるミネラルと結びついて、ステインとなります。
タンニン自体はポリフェノールの一種で、健康に良いものです。

◆緑茶

緑茶にもタンニンが含まれています。
緑茶に含まれる「カテキン」は、タンニンの一種です。

◆赤ワイン

赤ワインに含まれるポリフェノールがペクリルと結びつき、ステイン汚れの原因になります。
赤ワインだけではなく、色味の強い飲み物は基本的に歯を着色させる作用を持っています。

ステインがつきやす食材の写真

◆緑黄色野菜

色が濃く、ポリフェノールが豊富に含まれているため、歯を着色させる原因になります。
緑黄色野菜は健康に良い食品の代表格ですが、白い歯を維持したい方にとっては注意が必要です。

◆カレー

赤ワイン同様、カレーのように色の濃い食べ物はステイン汚れの原因になります。
色の濃い飲食物を口にしたら、早めに歯磨きをしましょう。

◆チョコレート

カカオポリフェノールを豊富に含んでいるので、歯を着色させます。
コーヒーとチョコレートは良く合いますが、この組み合わせは着色のダブルパンチとなるため、おすすめできません。

◆ニンニク / ネギ

ニンニク・ネギは、硫黄(いおう)を多く含む食材です。
硫黄には、色素が歯にこびりつくのを促す働きがあります。
ニンニク・ネギ自体は色の薄い食べ物ですが、ステインの原因になるので注意が必要です。

◆タバコ

タバコのヤニは、コーヒーや紅茶、赤ワインなどを上回る「着色要因」だと言えます。
タバコとコーヒーをセットで楽しんでいる人は、着色のリスクが高いと言えます。
タバコは飲食物ではありませんが、歯の着色原因として上位にランキングされるものです。

6 まとめ

コーヒーを楽しみながら着色を防ぐには、「着色しやすい食べ物を知ること」と「飲食後の歯磨き・うがいをおこなうこと」がポイントになります。
着色が目立ちはじめたら、歯医者さんでPMTCを受けることも大切です。

以上をしっかりと実践すれば、着色しやすい飲食物を口にする機会があったとしても、大きな問題には発展しないでしょう。
コーヒーをやめるのではなく、コーヒーと上手につきあっていくためにも、正しいケア方法を知っておくことが大切です。

監修医矢島昇悟先生の写真

不正確な情報を報告