歯のレントゲンは安全?子供への影響は全くないといえるか


歯_レントゲン

歯医者さんでもレントゲンを撮る機会は多いですよね。そこで心配なのは、歯のレントゲン撮影による子供への影響です。テレビや新聞でも放射能についてたくさんのニュースが上がっており、放射能や被爆という言葉に多少なりとも「怖い」というイメージをお持ちの方は多いと思います。

ここでは、レントゲン撮影における子供への影響について考えながら、レントゲンの必要性について説明していきたいと思います。

歯のレントゲン撮影による身体への影響

1-1 被爆量は飛行機に乗るより少ない

放射能や被爆というと特別なことのように聞こえますが、実は誰もが毎日放射線を浴びて生活しています。テレビや電子レンジなど電子機器からもでていますが、普段私たちが食事をする食べ物からも実は放射線は出ているのです。

食事による内部被曝は年間平均410マイクロシーベルトで、東京~ニューヨーク間を飛行機で往復するとおよそ200マイクロシーベルトもの放射線を浴びることになります。一方、歯科のデンタルレントゲンは1回で1~8マイクロシーベルトなので、年に数回レントゲンを撮っても大きな被害を受けることはありません。

また、取り込まれた放射線は新陳代謝によってある程度排出されるため、日常生活を送る上では気にする必要はありません。

1-2 妊娠中は気をつけるべき?

赤ちゃんが生まれてくる前に治療を終わらせたいけれど、レントゲンが必要といわれたらどうしよう…とお悩みの方もいらっしゃると思います。

国際放射線防護委員会の勧告によると、妊婦さんが出産までに浴びていい放射線量は10000マイクロシーベルトです。それに対して、歯科のレントゲンは1~20マイクロシーベルトなので、それほどレントゲンを心配する必要はありません。

安心してレントゲンを撮ってください。

子供のレントゲンが心配な方に

2-1 レントゲン防護服の役割

レントゲンを撮る際には、ずっしりとした防護服やエプロンを着用することがありますね。これはレントゲン防護服やX線防護服と呼ばれ、特殊な加工を施してあり、放射線の透過を緩和することができます。

つまり、防護服を着ることでより身体への影響を減らすことができるのです。

2-2 着用を希望する場合は事前に問い合わせを

レントゲン防護服は少し重く動きにくいため、嫌がる子供も多くいます。泣いてしまうとなかなかレントゲンが撮れないため、防護服を着用しないで撮影というのも珍しくありません。

そもそも、歯科のレントゲンは放射線量が微量であることや、防護服は気休め程度の効力であることから、防護服を着ない歯科医院も多いのが現状です。しかし、どうしても気になるという場合には、事前に連絡して、子供用レントゲン防護服の有無を確認することをおすすめします。

レントゲンの有無は歯医者によって異なる

3-1 方針や、治療方法によって異なる

いつレントゲンを撮るのかは先生の判断によるもので、どの先生でも同じというわけではありません。初診は必ずレントゲンを撮って状態をチェックする先生もいれば、何もなくても年に一度撮影し、去年との違いを確認する先生もいます。

歯医者さんによって治療方針は様々なので、気になる方は、ぜひ先生に相談してみましょう。

レントゲンで分かること

4-1 歯根の様子

歯の根っこの様子を知るためにレントゲンは欠かせません。歯の根っこが炎症を起こしているフィステルなどはレントゲンを撮り、腫れている部分や薬がきちんと注入できているかなどを確認します。外からは見ることのできない「歯の内部の治療」にとって、レントゲンは欠かせない存在です。

4-2 虫歯の進行具合

一見、小さな黒い点であり小さな虫歯だと思っていたら、入り口は小さく、奥に入ると広く深くといったタイプの虫歯は子供に多くみられるパターンです。治療前にレントゲンを撮ることで、虫歯の状態や進行具合を確認することができます。

4-3 骨の様子

歯は歯茎だけでなく、骨にも支えられていますが、歯周病が進むと顎の骨が溶けてしまうことがあります。外からは分からないため、まずはレントゲンで骨の様子を確認して治療方針を立てていきます。

4-4 被せ物の様子

被せ物は一度被せれば永久的に歯を守りつづけると思われていますが、それは違います。歯と詰め物の隙間から細菌が侵入し、根っこで炎症をおこしたり、虫歯を進行させることもあります。そしてこれは決して稀な現象ではありません。

そのため、異常を感じなくても数年に1度は詰め物をした歯を点検することをおすすめします。しかし、いちいち詰め物を取っていると時間もお金もかかりますよね。そんな時もレントゲンで確認することで、スピーディーに検査をすすめることができるのです。

レントゲンなしでも治療は可能なのか

5-1 症状によって異なる

レントゲンは万能ですべてが分かるというわけではありません。角度によっては写り込んでいなかったり、見落とす可能性もありますので、レントゲンだけで判断するのではなく、総合的に判断しています。そのため、使うタイミングや枚数などは先生の判断で変わってきたり、症状によっても異なります。

レントゲンなしでも治療は症状によっては可能ですが、それでは危険な場合もあるのです。

歯のレントゲンの種類と被曝量

6-1 パノラマレントゲン

パノラマレントゲンは、歯の一部ではなく、口全体を1枚に納めるレントゲンです。歯や骨の状態を大まかに知りたいときに使用され、インプラントや歯周病・親知らずの抜歯などの治療の際に使われます。レントゲンの機械も大きく、頭の周りをグルリと回って撮影します。

歯科用パノラマレントゲン1枚で20マイクロシーベルトです。

6-2 デンタルレントゲン

パノラマレントゲンとは違い、一部分だけを撮影するレントゲン写真です。細かい部分まで鮮明に写るため、詳細な情報がほしい場合に使われ、一度に数枚撮ることもあります。

デンタルレントゲンは1枚で1~4マイクロシーベルトです。

6-3 セファログラム

セファログラムは頭部X線規格写真とも呼ばれる、一定の規格に基いて撮影された頭部のX線写真です。矯正をする場合に必要ですが、その他の歯科治療ではあまり使われません。

セファログラムは1回で3~5マイクロシーベルトです。

6-4 歯科用CT

平面ではなく3Dレントゲンを撮影できるのが歯科用CTです。CTと聞くとベッドに寝て狭い空間へ入っていく大きな機械で撮るイメージがありますが、歯科用CTはあくまで歯やあごの部分だけなので被曝量も微量です。

歯科用CTは1回で100マイクロシーベルトです。

まとめ

レントゲンの被爆量はごく僅かで、1日数枚撮っても身体にさほど影響はありません。レントゲンを撮ることで、より正確な判断をすることができるので安全に治療を受ける為にも、レントゲン撮影はとても重要なことなのです。

高村歯科医院

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):